第279回:『 魂の視点から考える「安楽死と尊厳死」 ~「自殺」との関係性も含め~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

前回のTOPICSの最後でお伝え致しました通り、今回は「魂の視点から考える「安楽死と尊厳死」 ~「自殺」との関係性も含め~」というテーマをお届け致しますが、医学や科学などが目覚ましい発展を遂げている中で、人の「生死」というものが、突き詰めて言えば、「人間」という存在そのものが、どこか「無機質」のように扱われ始めている傾向もあり、そして、世の中や社会においては、今までの常識などが通用しなくなりつつある状況も含め、今回のテーマをお届けするに至りました。

 

また、今回も魂の視点と銘打ってはおりますが、これは、昨今の魔法であるかの如く、過剰な現世利益の追求のみを追い求める傾向が見られるような、浮ついた感のある一部のスピリチュアルとも違います。
言ってみれば、今回のテーマは、

 

私達が・・・

私達という自らの存在を・・・

どのように捉えていくのか・・・

 

との、ある種の、最大で最難関とも言えるかもしれない大切なテーマです。
そこで、まず最初に、「安楽死」とは少し違いますが、私が今回のようなテーマを最初に考え始めるようになったキッカケを少しお話させて貰います。

 

確か、今から十数年程前だったかと思いますが、ある一つのニュースを見たのがキッカケです。
そのニュースとは、ある女性アナウンサーであった方が、髪の毛に何かが触れると全身に激痛が走る難病を患い、それが元で「自殺」をしたという出来事です。

髪の毛ですので、髪を切ったり整髪も出来ず、眠る際にも枕を使えず、また、時には、少し強めの風が髪の毛に当たるだけでも激痛が走る事もあると、その当時のニュースでは紹介されていたと記憶しています。

このニュースを見て、もし自分であれば、、、どうするであろう、、、果たして、耐えられるものであろうか、、、など、と考えた事が始まりでもあります。

そこで、まず最初に、正直に私の心情をお伝え致しますが、

 

今回のテーマに関しては・・・

私も未だに暗中模索のように・・・

考え続けている・・・

 

という事です。
故に、今回のTOPICSにおいても、正解や答えというものでは決してなく、また、魂の視点の活用を試みても、やはり、「生身」の人間でもあり、そこには「感情」も絡んでくるという、揺れ動きを感じるのも正直な心境です。
しかし、だからと言って、このようなテーマから目を背け、無関心を装ったり、考えないようにする事は私には出来ませんので、今の所の私なりの「表現活動」として今回も進めて参ります。

 

そして今回においても、善悪や是非や賛否などの「二者択一」という問題ではなく、また、非難や否定などのようなものでも全くなく、皆さんが、もし自分の事であれば、あるいは、もしご家族や知人などの事であれば、という「想像力」も活用し、そして、いつもお伝えしておりますように「考える素材」としての意識を持って読み進めてみて下さい。