第280回:『 なぜ、子どもはウンチなどが大好き?で、女性は勘が鋭い?のか(笑) 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

ところで、前回のTOPICSでは「安楽死と尊厳死」そして「自殺」というテーマを取り上げましたが、お読みになって頂いた方々の中におかれましては、重く心苦しく感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は、180度、真逆?のような、「なぜ、子どもはウンチなどが大好き?で、女性は勘が鋭い?のか(笑)」というテーマをお届け致します!

 

そこで、今回の内容におきましては、私の想像?妄想?から湧き出て来る、言わばフィクション(創作)!?のような感じかもしれませんが、お読み進め頂いた暁には、もしかしたら、ひょんな面?にも繋がっていくかもしれませんので、どうぞ、今回は、瀬川はふざけてるの???などのように感じても構いませんし、また、どのように捉えて頂いても全く害はありませんので、超気軽にお読み進め頂ければ幸いです(笑)

そして、今回のテーマの最大の趣旨は、

 

「遊び心」で魂の視点を活用する!!!

「遊び心」からでも魂の視点を活用出来る!!!

 

とでも言えるのかもしれません(笑)
では、今回のテーマに魂の視点を活用していく為に、少しの前振り(前提)をご紹介しながら進めて参ります!

 

そこで、このTOPICSでも何度も取り上げておりますが、ヒプノセラピー(催眠療法)のセッションの中には、魂の視点とも繋がっている「前世療法」や「未来世療法」というものがありますが、今回は「未来世療法」は特には関係してきませんので、改めて、「前世療法」の一般的な流れを少しだけご紹介致します。

 

① 「前世」での重要と思われる様々な場面を想い出す(時には、追体験する)

② 「死」の場面を俯瞰して見る

③ その後、「中間世」という場所に赴き、その人生を振り返ってみる

 

というのが、大きな流れになります。
勿論、実際のセッションでは個人差が出てきますので、必ずしもこの流れに沿うものではありませんし、そうである必要性もありません。

 

そして、ここで、「中間世」とは何ぞや?というご質問が出て来るかと思います。
この「中間世」というのは、

 

文字通りに・・・この世とあの世の「中間」

 

と、捉える事も出来ますし、その解釈でも全く構いません。
そして、ヒプノセラピーの目的としては、「今の日常(今世)」を出来うる限りスムーズに生きていけるようにとの、言わば「この世」に焦点を当てていますので、その意味では、

 

「中間世」とは・・・あの世

 

と捉える事も出来ますし、そのように解釈をすると、ヒプノセラピーの「前世療法」においては、

 

この世が「主」で・・・あの世が「従」

 

と捉えるケースもございます。
これは、どちらが正解という性質のものではなく、その時々で「主」と「従」が交代しても全く構いませんし、あくまで、クライアントの方がシックリくる感触を大切にしています(笑)

一方の魂の視点においては、