第256回:『 自殺(自死)と憑依(心の内面)の関係を魂の視点で考えてみます 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

皆さんもご存じの通り、先日、多くの小学生の方や、その親御さんなどが殺傷されるという、大変に傷ましい事件が起こってしまいました。
そして、その加害者の人がその場で自殺(自死)をした事により、様々な動機の解明にも支障が出るのでは?などの見解も多く出されています。
勿論、このような動機の解明というのは、もう二度と同じ事件を引き起こしてはならない!という観点からのものでもありますが、今回は「自殺(自死)と憑依(心の内面)の関係を魂の視点で考えてみます」というテーマをお届け致します。

 

そこで、まず、今回のTOPICSを書くのが良いのか、書かない方が好ましいのか、あるいは、これを書く事でどこかで誰かを傷付ける事にはならないか、、、など、今まで多くのTOPICSをお伝えしてきた中においても、今回は一番悩みました。
正直、、、これを書いている「今」においても悩んでいるというのが正直な所でもあります。
ここには、私も同じ一人の人間ですので、「感情」というものも深く関与してくるからです。

 

ただ、やはり、自分の中における、少しでも役立つ面が見い出せる視点が含まれているのであれば、それをお伝えせずにやり過ごすような事は、それこそ、今回に限らず今までのテーマにおいても活用してきた魂の視点に反する事にもなりますし、また、今までもこのTOPICSをお読みになって頂いている方々に対しましても、私が逃げのような姿勢を持つ(見せる)事は、ある意味の裏切り?のような側面にも繋がってしまいますので、「今」の私自身が感じている面を、今回も正直にお伝えして参ります。

 

そして、今回のような悲惨な事件などにおいて、魂の視点を活用するというのは、現在の世の中や社会においては、一蹴に付される面もあるでしょうし、失笑を買う面があるのも事実でしょうし、また、ご遺族や被害者の方々は勿論、その身の周りの方々への「二次被害」を生み出すのでは?などのご意見も当然ながら存在する事と思いますし、その点も私自身は重々理解している趣旨でコメントもして参ります。

 

なので、そのような観点からも、今回の内容に関しましては不(愉)快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんし、不謹慎との誹(そし)りもあるかもしれませんし、今回お伝えする内容におきましては、それこそ著名人や有名人の方が似たようなコメントをしたとすると、SNSなどでは間違いなく?大炎上という状況にもなり得るものでもあるかもしれませんし、また、あくまで私個人の勝手な視点であるという前提を踏まえまして、ここから先は読み進めないという選択肢もありますし、まずは、自分の中で少し考えを整理した上で、あくまで参照としての視点という意味で、その後にお読み進めてみるというのも選択肢の一つです。

また、お読み進めて頂く際には、特に今回のようなテーマに関しましては、多角的(多方面的)な視点が必要となり、理路整然とは進めにくい点もある事から、多少の読み辛さを感じる面がある事と、やはり誤解を生じさせてはいけない!との思いが強くある事から、かなり長めの内容になっております点を、重々ご理解頂ければ幸いです。

では、進めて参りますが、今回の事件に限らず、このような大変に傷ましい出来事などにおいては、