ジョン万次郎の人生に学ぶアイデンティティの創造と確立 ~しなやかさと行動も~

第497回:『 ジョン万次郎の人生に学ぶアイデンティティの創造と確立 ~しなやかさと行動も~ 』
【 参照キーワード:ジョン万次郎、アイデンティティ、鳥島、日米和親条約、ペリー、咸臨丸 】

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング)の瀬川です!

今回は「ジョン万次郎の人生に学ぶアイデンティティの創造と確立 ~しなやかさと行動も~」とのテーマをお届けして参りますが、ジョン万次郎とのお名前はインパクトもある事から、多くの方が一度は耳にし、しかも、なかなか忘れない!?忘れられない!?お名前であるかもしれません(笑)

私も小学生の頃に伝記を読んだ記憶がありますが、その内容は今ではすっかり忘れてしまっており、漂流から無事に戻って来たというくらいしか知りませんが、もしかしたら、私と同じような人の方が多いのかもしれませんね(笑)

そして、これ迄のTOPICSでも様々な《 人物(人生) 》を取り上げたりもしておりますが、これは《 美談 》として紹介する趣旨でもなく、また、全てを《 反面教師 》のように扱っている訳でも全くございません。
ただ、

 

特に今年(2024年)は・・・

同じ事を二度と繰り返さない為に・・・

歴史から学ぶ事が重要で必要になる・・・

 

そのような年だと個人的には強く感じております!

では、今回は『 英雄たちの選択 』(NHK BS)という番組における「 幕末の冒険者・ジョン万次郎 」の回を素材として活用して参りますので、ジョン万次郎の人生(足跡)を一緒に少し眺めていきましょう!

 

1841年(天正12年)1月、延縄(はえなわ)漁に出た「14歳」で最年少のジョン万次郎(本名:中浜 万次郎)と、他4人の仲間達が高知県土佐清水市にある足摺岬の沖合で嵐に遭遇してしまいました。

それから6日程漂流した後に辿り着いたのが伊豆諸島の南にある無人島の鳥島でした。
万次郎達はこの島で助けを待つつもりで上陸しますが、この島は火山島であるが故に草木もほとんど生えておらず、水も湧いていない絶海の孤島でもありました。
助けを待つ中、雨水や時に自らの小便を飲み、食料としては飛来して来るアホウドリを捕獲して何とか飢えを凌(しの)いでいました。

 

しかし、漂着してから約3ヶ月が経過した頃、アホウドリも繁殖を終え北に向けて飛び去ってしまった為に、そこからは海藻などを食べて命を繋いでいき、万次郎は仲間達を励まし続けている中、漂着から143日目の5月9日に沖合にいたウィリアム・H・ホイットフィールド船長率いるアメリカの捕鯨船ジョン・ハラウンド号が万次郎達を救助してくれます。

しかし、救助された迄は良かったものの、当時の日本は《 鎖国政策 》を採っていた為に日本に近づく外国船は《 打ち払うよう 》指示されており、万次郎達をすぐに日本へ送り届けて上げる事が出来ませんでした。
また、万が一にそのまま日本に戻れたとしても、《 外国人との接触 》をしたという事で死罪となる可能性も多分にありました。
そこで万次郎達は、ひとまず次の寄港地まで一緒に乗船していく事となります。

 

その船中で万次郎は異国の言葉(英語)や文化などを《 吸収 》していき、また、当時は石油が普及していなかったが為に鯨の皮下脂肪から鯨油を採り、それが機械や照明などの動力として重宝されていたので、鯨漁に関しても勉強を《 積み重ねて 》いきました。

そのような万次郎の《 姿(勢) 》を見ていたホイットフィールド船長は補給の為に立ち寄ったホノルルで「一緒にアメリカに行き万次郎を養育したい」と申し出ます。
それに対し万次郎は申し出を承諾し、ホノルルで仲間達と再会の約束を交わしつつ、一時の別れを《 決断 》し、ジョン・ハラウンド号に再び乗船する事になっていきます。

そして、この頃から万次郎は船員達の間で【 ジョン・マン(万) 】との愛称で呼ばれるようになり、1年半の鯨漁を終えアメリカのマサチューセッツ州にある、当時のアメリカ最大の捕鯨基地ニューベッドフォードに《 辿り着き 》ました。