終末時計でも手薄な!?ゲノムテクノロジー ~盲目にならない~

第496回:『 終末時計でも手薄な!?ゲノムテクノロジー ~盲目にならない~ 』
【 参照キーワード:終末時計、ゲノムテクノロジー、クリスパー・キャス9、デザイナーベビー、DNA、遺伝子、Chat GPT、生成AI、人工知能、ナノポアシークエンサー、キメラ、優生学・優生保護思想 】

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング)の瀬川です!

今回は「終末時計でも手薄な!?ゲノムテクノロジー ~盲目にならない~」とのテーマをお届けして参りますが、前回のTOPICS『 Chat GPTやAI(人工知能)から「人間&自分」を想い出す 』では冒頭に《 終末時計 》を取り上げておりましたので、最初にそれを少しだけ改めて眺めてみます!

終末時計とは米国の原子力科学者会報が定期的に発表しているものですが、先日に発表されたのは終末時計が残り「90秒」であり、1947年の創設以来、昨年と同様に「最短」となりました。

そして、元々は終末時計で勘案されているのは核戦争などでしたが、そこに気候変動などが追加されたりなどの変遷も含め、特に今回の発表ではAI(人工知能)の開発加速に関して安全性の担保が取れていない《 アンバランス 》が加味された結果という内容のものに留(とど)まっているのがテレビ等での報道やネットニュースでは多かったです。

ただ、この会報では声明の最後に次の事もコメントされております、、、

 

【 地球上の誰もが、核兵器、気候変動、生命科学の進歩、破壊的テクノロジー、世界の情報エコシステムの広範な腐敗による地球規模の大惨事の可能性を減らすことに関心を持っている。 脅威に対処するのは共通の脅威には共通の行動が必要だという共通の信念のもとに協力する指導者と国家の任務である。 】

 

そこで、『 留(とど)まっている 』と私がコメントした点に、お気づきになられましたでしょうか、、、

つまり、今回の終末時計に関する報道等の多くでは《 生命科学の進歩 》の危険性には、ほとんど触れられて(報道されて)いないという点です、、、

 

では、今回の内容に入って参りますが、今回活用する素材は《 2021年 》に放映されたNHKスペシャル(NHK)『 2030 未来への分岐点(4) 「“神の領域”への挑戦 ~ゲノムテクノロジーの光と影~」 』になりますが、この2021年という年は、アメリカでコロナワクチン(mRNAワクチン)の《 緊急承認(特例承認) 》が開始され、それを契機に世界的にワクチン接種の《 (積極的)推奨 》が始まった年でもあります。

そして、現在、ご病気等と懸命に向き合っている方々や、そのご家族等におかれましても、どのような手段を使ってでも病気を治したい、治して欲しい、治して上げたいとのお気持ちを、とても強く抱かれている事と思います。
このような思いも自然なもので素敵なものでもあります。

故に、ここから紹介する内容におきましては、《 賛否 》という視点ではなく、《 推奨派 》と《 慎重派 》という視点から眺めて頂いて、皆さんなりに自由に考える素材としてみて下さい!

 

そして、今回はゲノムテクノロジーを活用している《 現場 》という実状(実態)と、それに《 携わっている人 》のなどを紹介していきますが、私なりに紹介する順番等は当該番組とは変えて整理しておりますので、その点のご理解とご了承をお願い致します。

そして、繰り返しになり恐縮ですが、ここからの内容は《 あくまで2021年(放映当時) 》のものになります、、、

では、最初に《 ゲノムテクノロジー 》に関する周辺知識も含め、簡潔に整理してみます!