第250回:『 「想像力」&「考える力」 ~史上初!ブラックホール直接観測より~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

ところで、記念という訳でも何でもございませんが、今回は250回目のTOPICSになりますので、やはり、前向きでポジティブで、そして、様々な希望などに触れられるようなテーマを!と考えておりましたが、私の勝手なワクワクするような個人的興味も含めまして、今回は「「想像力」&「考える力」 ~史上初!ブラックホール直接観測より~」というテ-マをお届け致します!

 

そして、今回のテーマを進めるに当たりましては、2019年4月11日放映のコズミック フロント☆NEXT(NHK)からの「史上初!ブラックホール直接観測」と、2019年4月14日放映の情熱大陸(TBS)からの「本間希樹/人類初ブラックホールを撮影!歴史的快挙の舞台裏2年超密着」の内容を踏まえてお伝えして参ります。

 

そして、この両番組においては「様々な示唆や智慧やヒント」などが含まれておりましたので、特に今回は皆さんの潜在意識に届きやすいように、ヒプノセラピー(催眠療法)のメタファー(物語)の手法を活用の上、両番組を「統合」し、そして、少し構成も変えてお伝えして参りますので、どうぞ楽しみながら、そして、興味のある方は「(カギ括弧)」の部分を意識してお読み進めてみて下さい(笑)
では、出発進行!

 

そこで、ブラックホールという「言葉」は、おそらくほとんどの方が知っているかと思われますし、この言葉は「小さい頃」に耳にして、センセーショナルな響き?も相伴って、忘れずに未だに「覚えている」言葉であるかとも思います。
では、ブラックホールとは何なのか?という点と、今回の初観測の「背景」においては、どのような事が「行われていた」のかを、ざっと俯瞰して見ていきます。

 

まず、事実としましては、ブラックホールは今迄の所は「直接」観測はされておりませんでした。
このブラックホールは、アインシュタインの相対性理論などが元になって「生まれた」、

 

「想像上」の天体

 

とされていました。
しかし、理論上においてはあまりにも奇妙な天体である為に、

 

「実在」しない

 

と多くの研究者がこの説に「異」を唱え続けていました。
しかし、その後の様々な観測等によって、

 

「存在」を示す「間接的」な証拠が次々と発見

 

されていきました。
しかし、そのような「流れ」からも、やはり、

 

「直接」観測出来たブラックホールは「存在」していなかった

 

という「道のり」を経てきました。
ただ、このブラックホールは、

 

強烈な重力で・・・

「あらゆる」ものを・・・

「飲み込む」天体・・・

 

という点は多くの「一致」を見つけ、その中心には黒い穴が存在しているのであろうと推測されてきました。
そこで、今回の初観測を試みるに当たって、天の川銀河と、5900万光年離れた所に位置するM87銀河が候補に挙がっていきますが、これ迄の間においても、様々なシュミレーションでブラックホールの予想画像が推測され作成されていました。
ちなみに、この5900万光年離れているM87銀河までは、新幹線に乗って向かうとすると、200兆年以上かかるそうです(笑)