第191回:『 一人で簡単に出来る「年齢退行(インナーチャイルド)療法」 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

3月に入りましたが、これから1ケ月程の間では、お引っ越し、転勤、職場等での配置転換、入学、就職などのように環境や状況における変化が多くなる時期でもあります。
そして、このような新たな変化が起こる時には、適応していこうと新たな何かを身に付けたり、あるいは、今まで忘れていた出来事などがフト思い出されたりするキッカケともなり得ます。
そこで今回は、「一人で簡単に出来る「年齢退行(インナーチャイルド)療法」」というテーマをお届け致します。

 

ところで、この「年齢退行(インナーチャイルド)療法」というのは、ヒプノセラピー(催眠療法)における一手法になります。
S.Light.Mにおいてはヒプノセラピスト認定講座も開講しておりますが、この「年齢退行(インナーチャイルド)療法」は、第5・6・7日目に扱い、3日間を掛けて学んでいく内容になっております。
そして、全10日間の講座を終えた方々の感想としては、

 

同じ退行系の「前世療法」よりも、この「年齢退行(インナーチャイルド)療法」の方が難しかった

 

との見解が圧倒的に多いです。
とは言うものの、内容的に難しい訳ではなく、実際の一連のセラピーとして行う際には「手順が多い」という点で、慣れない内は難しく?感じる、という感想も一致しております(笑)
そして、その後に学んだ「前世療法」は、とても簡単!に感じる、という見解も大方一致します(笑)
そこで、今回は敢えて「一人で簡単に出来る」というテーマにしておりますが、何故それが可能で、そして、何故効果もあるのか、という点も含めまして、私の実話を交えて、皆さんも簡単に出来る内容のものをお伝えして参ります。

 

では、実話をご紹介する前に、まず、何故それが(一人で簡単に出来るのが)可能か、という点ですが、ヒプノセラピスト認定講座においては、最初に3つの簡単、かつ、とても大切な点をお伝えし、その3つを様々な視点から繰り返しお教えしておりますのと、この3つが理解出来れば、ヒプノセラピーの大方を理解出来、かつ、自信を持ってセラピーを行う事が出来る!という実感を持って頂けるよう進めております。
では、その3つを簡単にお伝えして参ります。
まず、1つ目の催眠の大原則として、

 

全ての催眠は自己催眠

 

というのがあります。
これは、催眠とは他者から掛けられるものではなく、自らが自然と催眠に入っていく過程、であるという点です。
つまり、催眠とは他者から強制的に入れられるものではなく、自らの選択と決断において、自らが催眠に入っていくというセラピ-です。
故に、ヒプノセラピストと言えども、誰かを無理矢理催眠に入れる事などは出来ませんし、当然ながら、誰かをコントロールする事なども出来ません。
勿論、それが仮に可能だとしても、倫理的にも行ってはならないというのが大前提です(笑)
そして2つ目は、

 

催眠とは自由なものである(形に捕らわれないもの)

 

という点です。
これは、

 

「これをすれば必ず催眠に入れる」というものは存在せず
逆に、
「催眠に誘導するには、これをしなければならない」というのも存在しない

 

という意味です。
そして、今回のテーマのキーポイントとなるのが、3つ目としての、