第187回:『 心に副作用はあるの・・・? 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

ところで、このTOPICSにおける表現や内容などにおきましては、とある条件により、今迄は多少の制限を設けておりましたが、それが、とある状況の変化により、そのような制限から解かれた事によりまして、これからは従来通りその時々の社会の変化に対応しつつも、今迄よりも少し深く踏み込んだ内容にもコメントしていきたいと思っております。
時には、いわゆる、「タブー」と呼ばれている分野にも・・・
と言いましても、誰かや何かを批判したりという意味では全くありませんし、現在の法的な枠組(医師法や薬事法など)の中において、少しでも生き辛さや生き苦しさなどの緩和になればとの思いから、多少の自制を緩めてお伝えするという意味合いです(笑)

 

とまあ、今回はそのような趣旨設定ではありませんが、「心に副作用はあるの・・・?」というテーマをお届け致します。
なお、今回のTOPICSは、一話簡潔という意味では、今迄で一番長い内容かと思われますので、休み休みお読み頂いても大丈夫ですよ(笑)
そこでまず、「副作用」などの用語はよく耳にする事があるかと思われますし、近頃では「副反応」という用語も使われておりますので、簡単に整理致します。
まず、

 

「副作用」とは、薬による化学的作用
「副反応」とは、ワクチンによる生体反応

 

と区別されているとの事です。
そして、日本病院薬剤師会という所の公表している資料によりますと、

 

「広義」の副作用とは、「主作用でない作用(すなわち主作用には関連のない薬理作用)」であり、必ずしも望ましくない作用ではない
「狭義」の副作用とは、「好ましくない薬の作用」

 

とされているそうで、この狭義の副作用とは区別して「有害事象」という概念もある、とされております。
おそらく、世間一般で言われている所の「副作用」とは、「狭義の副作用」と「有害事象」が混在された捉え方となっているのかもしれません。
そして、私は医師でも薬剤師でもありませんので、軽々にコメントは出来ませんが、近頃多く見られるようになってきた「副作用」と「副反応」の使い分けがされている一つの理由には、「言葉の持つイメージ」が関与しているとの見解もありますが、皆さんは「副作用」と「副反応」の「言葉の響きの違い」をどのようにお感じになりますでしょうか・・・(笑)

 

そして、今回は「心に副作用はあるの・・・?」というテーマですが、誰もがご存じの通り、心は目に見えるものでもありませんし、手で触れる事の出来るものでもありません。
しかし、

 

誰もが心の存在を知っているし、実感出来るもの

 

と、捉えてもいる事と思います。
そこでまず、とても誤解が多い点でもありますので、最初にご説明を致しますが、レイキ ヒーリング、そして、ヒプノセラピー(催眠療法)を受ける事によって、いわゆる一般的に考えられている「副作用」が起こる事はあり得ません!

なお、レイキ ヒーリングによる好転反応は「副作用」ではありませんのと、ヒプノセラピーにおいて、一時的に感情が昂ぶるケースなども「副作用」ではありませんが、その辺りは状況をよく見ながら行うかどうか?の判断は考慮に入れるケースはございます。
(当然の事ながら、どちらも外部から何か(お薬など)を体内に取り入れるようなものではありませんし、このような事が行われるとすれば、医師法及び薬事法違反にもなります。)

 

そして、レイキ ヒーリングとは単に「手を当てる」という方法であるのと、手を当てる箇所に強い圧力がかかるものでもありませんし、揉みほぐしたりする必要性もありませんし、バキバキと骨格などに働きかけるものでも当然ありません。
そして、仮に万が一にでも、このように「手を当てる」事だけで「副作用」が起こるとすると、誰もが皆「握手」をする事も出来ませんし、赤ちゃんをあやしたり寝かしつける際に「手でさする」なども出来なくなってしまいます(笑)
また、ヒプノセラピーは潜在意識を活用した「言葉」による「コミュニケーション セラピー」でもありますので、これも万が一に「副作用」が起こるとすると、私達の誰もが「会話」をする事も出来なくなってしまいます(笑)
あまりよく理解されていない分野だけに、様々な誤解や、誤った情報なども取り巻いておりますが、どうぞ、正しい知識を元に、理性と冷静さを持って判断してみて下さい(笑)

 

では、このような前提を踏まえた所で本題に入って参ります!