第188回:『 スピリチュアルなものに迷った時には 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

年末から年始にかけてのTOPICSのテーマは、幾分、重い?あるいは、堅い?内容が続いておりましたが、私が行っているセミナーや講座などにおきましても、雑談などでスピリチュアルな内容を色々お互いにお話したりする事もよくありますし、カウンセリングなどでも、少し道が開けた!との心の余裕が産まれた事により、最後の方では誰にも話せずに今まで気になっていたスピリチュアルなお話をされる方も結構いらっしゃいますのと、そもそものカウンセリングを受けに来られたテーマとして、スピリチュアルなものを学んでみたいけど、何を手始めにして良いのか分からない、あるいは、様々な書籍などでスピリチュアルなものを自分なりに学んできたけど、迷いが生じたり、あるいは、飽和状態になってしまって・・・というご相談も結構あります(笑)
そこで、今回は「スピリチュアルなものに迷った時には」というテーマをお届け致します。

 

そこでまず、日本においてスピリチュアルな観点が、改めていわゆるブーム?のようになってきたのは、ここ十数年程のものです。
これは他の世界各国でも同様ですが、やはり、現在の社会や世の中に対する疑問や、自身の人生に何かの行き詰まりのようなものを感じる、などの傾向が多数になりつつある時に現れる現象でもあります。

これから先はどのように進んで行くかは分かりませんが、今までの歴史を振り返ると、行き詰まりなどを感じスピリチュアルな観点を取り入れ・・・しかし、経済など生活が豊かになるにつれて・・・またスピリチュアルな観点から遠ざかっていく・・・そして、また行き詰まりを感じ・・・などのように繰り返されています。

 

このように、どちらかと言えば、人生に迷いが生じた時などにスピリチュアルな観点に目を向けるという傾向が現れやすくなるのと同時に、社会や世の中が混迷の最中(さなか)にある事もあって、様々な情報や知識などが玉石混淆の状態となり、中には誤ったものも含まれていたり、また、そのような混迷の中では、その人の中にある怖れなどを悪用して、霊感商法などが起こりやすくなる時代とも重なり、科学的に証明されていないスピリチュアルな事象や考え方は、全てが間違っていて害をなすものである・・・と押さえつけられるという繰り返しにもなっています。
昔に引き起こされた魔女裁判なども同様です。

そして、このような社会や世の中における繰り返しの中で、何かスピリチュアルなものに興味を持ったり、他の人に話したりすると、「自分がおかしく見られるのでは?」と感じ、心の内をドンドン自らで塞いでしまっている方々も結構多くいらっしゃいます。
そこでまず、基本的には、

 

スピリチュアルな観点を信じようと、信じまいと、どちらでも自由である

という点と、

信じる、信じない、などをお互いや誰かに強制は出来ない

 

という点が大切になります。
この「自由であり、強制とは無縁のもの」という点を押さえておかないと、次第に教義や儀式めいたものに捕らわれてしまう事になり、それが、訳の分からない(新興)宗教や霊感商法などに悪用されてしまう事にもなりかねません。
なお、ここでの(新興)宗教とは、あくまで、宗教の「仮面」を被りつつ、「真の動機」は別物!という場合ですので、宗教全般を否定や非難をしている趣旨ではありませんので、誤解の無きようにお願い致します。

ちなみに、このような混迷の時代の移り変わりにより、スピリチュアルな観点というのは息を吹き返したり、廃れていったりの繰り返しが多く見受けられますが、イギリスという国は、比較的、軸がぶれない?お国柄でもあります。
この国では、(幽)霊が出ると言われているホテルやアパートは相場よりも宿泊費や家賃が高額であったり、(幽)霊スポットの観光ツアーなども行われていたり、また、王室がヒーリングなどを積極的に取り入れている事などから、自由度が高いものと思われます(笑)

では、スピリチュアルなものに迷った時ですが、このような時は、他のケースと同様に、