第186回:『 身近に溢れている暗示(文)と「音(メロディー)」&(遠隔)ヒーリング 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

このTOPICSにおいては、今迄も幾度か「歌を聴くのはヒプノセラピー(催眠療法)を受けたのと、同じような効果も認められますよ」とお伝えしてきました。
また、私自身も歌が好きなので、自分の好きな幾つかの歌をテーマとしてもお伝えしてきております。
そして、今回はそこに「音(メロディー)」という観点を付け加えた上での、「身近に溢れている暗示(文)と「音(メロディー)」&(遠隔)ヒーリング」というテ-マをお届け致します。

 

ところで、私はヒプノセラピストでもありますし、カウンセリングなども行っている事から、どちらかと言えば「言葉」には敏感な面もあります。
が・・・、敏感と言いましても、その事によって、他の人に押し付けるような事も勿論ありませんし、自分自身に対しても束縛・制限するような事はしておりません(笑)

ヒプノセラピスト認定講座やレイキ ヒーリング認定講座をお受けになって頂いた方々は、既にお分かりかと思いますが、講座においては様々な技法や仕組みというのを学んでいきますし、注意点などもお伝えしておりますが、私はまず始めに、一番大切なのは「自由である」という点を強調してお伝えし、この「自由である」が出発点ともなり、また、迷った時に立ち返る(振り返る)「原点」ともなりますよ!と、お伝えしております。
なぜなら、私自身が「自由である」という事が好きだからです(笑)
勿論、講座においてはしっかりと身に付けて貰う為の「大切な点」を踏まえた上での結論ですので、自分の好みだけでお伝えしている訳ではありませんので、どうぞご安心下さい(笑)

 

少し話が逸れてしまいましたが、このように私自身は出来るだけ「言葉」を大切に扱おうとの思いや、「言葉」が好きという事もありますが、実は、私が「この歌、大好き!」と感じるキッカケとなるのは、

 

ほぼ100%の要素は「音(メロディー)」

 

です(笑)
この歌詞素敵だなぁと思って聞いてみて好きになる歌は勿論ありますが、やはり、大好き!と感じる歌の重要な要素は、私にとっては「音(メロディー)」です。
なので、大好きな歌というのは、好きな歌の数から比較すると、どうしても少なくはなります。
また、「音(メロディー)」と歌詞が100%合致すると言う事も当然の事ながらありません(笑)

 

そして、「音(メロディー)」は好きだけど、歌詞があまり好みでない歌は、聴いている時に自分で勝手に好きな言葉に置き換えたりしています。
言わば、その時々にしか再現出来ず、二度と創れない迷作?を聴く度に勝手に産み出しているようなものです(笑)
そして、このように歌を聴くのはヒプノセラピーを受けたのと同じような効果がありますよ、とお伝えしている中で、

 

歌詞のある歌はあまり好みではない
歌詞の入っていない「曲・音(メロディー)」だけの方が好み

 

とお話される方々もとても多いです!
そこで、今回のテーマとして付け加えたのが「音(メロディー)」という意味合いです。
このような歌詞の入っていない「曲・音(メロディー)」が好き、というのは私もよく理解出来ます。
私自身もカウンセリングなどを行っている際に流しているBGMにおいても、歌詞の無い「音(メロディー)」のみのものを活用しております。

 

例えば、このような事が悪い訳では勿論ありませんが、よく歯医者さんなどでは歌詞のある歌のオルゴールバージョンのBGMも活用されておりますが、その歌を知っている人にとっては、「音(メロディー)」のみが流れていても、その歌にまつわる様々な想い出などが自然と想起されるだろう、という意味合いも含めて、歌詞の無い「音(メロディー)」のみの曲を私は活用しているという事です。

また、瞑想をする際や、夜に寝入る時などでもやはり、歌詞の入っていない「音(メロディー)」のみの曲の方が望ましいとされているのも、同じような理由からです。
勿論、瞑想にしても何にしても、「心地よい」と思える事が大切ですので、歌詞があろうとなかろうと、また、無音でも構いませんし、どちらでも「自由である」という点を大切にして楽しむ事が効果的になります(笑)
そして、歌を聴く事がヒプノセラピーと同じような効果があるというのは、