Chat GPTやAI(人工知能)から「人間&自分」を想い出す

第495回:『 Chat GPTやAI(人工知能)から「人間&自分」を想い出す 』
【 参照キーワード:Chat GPT、チャット ジーピーティー、AI、生成AI、人工知能、大規模言語モデル、アメカ、ヒューマノイド、終末時計 】

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング)の瀬川です!

今回は「Chat GPTやAI(人工知能)から「人間&自分」を想い出す」とのテーマをお届けして参りますが、先日には《 終末時計 》が残り「90秒」との発表がなされたとのニュースもありますが、この終末時計とは米国の原子力科学者会報が定期的に発表しているものですが、1947年の創設以来、昨年と同様に「最短」となっております。

この終末時計で勘案されているのは元々は核戦争などでしたが、そこに気候変動などが追加されたりなどの変遷も含め、特に今回はAI(人工知能)の開発加速に関して安全性の担保が取れていない《 アンバランス 》が加味された結果だそうです。

では、話を少しずつ本題に近づけて参りますが、パソコンやスマフォなどでは、

 

ハードとソフトの両方が必要となる

 

のは周知の事実です(笑)
例えば、ハードとは「物」として形作る金属やプラスチックや半導体などであり、ソフトとは「機能」を持たせる為の、いわゆるプログラムなどになります。

ところで、2021年2月20日の第344回目のTOPICS『 家電製品と宇宙アニメ(科学)から視点を「高めて」みる(笑) 』におきましては、次の事をお伝えしておりました。

(この当時に私自身の家電製品が壊れる事が相次いでいた事に触れ)修理業者の方のある発言と、家電製品の販売員(複数人)の方々のある発言が、奇妙に?一致している事がよくありました。
それが、

 

最近の家電製品は「壊れるように」造られている・・・

 

とのものでした。
勿論、修理業者としての立場や、販売員としての表立った発言ではなく、秘かに?教えてくれた内容でした(笑)
そして、ポイントが、

 

「最近」は・・・「壊れやすいように」・・・ではなく・・・

「壊れるように」・・・

 

とのものでした。
勿論、時限爆弾!?のような性質では無い事と思われますし、全部の家電製品が当てはまる訳でもなく、どこか特定のメーカーなどを探し出す趣旨でもありませんし、そもそも、このようなお話が真実や事実であるかも私自身では確かめようもありませんので、あくまで、私が「直接(面と向かって)」お相手の方からお聞きした、つまり「伝え聞いた」情報!?です(笑)

また、私が東京で行政書士の仕事をしていた折、知人と飲みながらお話していた時の事です。
その方は、某有名電化製品メーカーに以前は勤めておりました。
そして、このお話は、(当該TOPICS掲載当時の)今から10数年前の内容です。
その方が次のように私に教えてくれました。

 

自分が以前に勤めていた会社が作っているパソコンは買わない方が良いよ・・・

なぜなら・・・「壊れやすいように」造っているから・・・

 

とのものでした。
そして、更に、

 

現場でパソコンを開発したり、造っている技術者などは・・・

本当は自分の造った製品を長く使って(愛用して)貰いたいんだけど・・・

そのような方針(「壊れやすいように」)だから・・・

ドンドン退職(転職)していくんだよね・・・

 

と。
ちなみに、パソコン周辺機器は家電製品に該当しない為、修理等の部品保有期間はメーカーが独自に決められるようになっているそうです。
また、商品開発により、年々、性能の良い製品や、環境に優しい製品なども造られておりますので、ここでの趣旨は、否定や非難などではなく、あくまで、皆さん自身の身の回りにおいて、「何かに気づく」素材の一つとして捉えてみて下さい!

 

と、このように紹介しておりましたが、これに関しては最後に余談として改めて触れてみたいと思います(笑)

では、今回のテーマの本題に進んで参りますが、今回活用する素材は『 フロンティア 』(NHK)という番組の「 AI 究極の知能への挑戦 」の回からですが、その内容を少しだけ一緒に眺めて参りましょう!