家電製品と宇宙アニメ(科学)から視点を「高めて」みる(笑)

第344回:『 家電製品と宇宙アニメ(科学)から視点を「高めて」みる(笑) 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

ところで、現在のコロナ禍という状況におきましては、色々なお仕事などで苦境が続いている面もありますが、昨年は自粛生活も相まっての事なのか、家電製品の売れ行きが好調であったそうで、また、鬼滅の刃というアニメ(漫画)も大ヒットしたのはご存じの方も多い事でしょう(笑)
そこで早速ですが、今回は「家電製品と宇宙アニメ(科学)から視点を「高めて」みる(笑)」との、私の「遊び心」からのテーマをお届けして参ります!

 

では、まず最初に、一時期、私の身の回りの家電製品がよく壊れたり、作動しなくなったりなどの現象が相次いだ頃があります。
勿論、霊の仕業!?などではありません(笑)
中には、それなりの年数を経ているものもあったからです!

そこで、修理出来そうなものは修理業者に依頼して直して貰ったり、また、直すより新たに買った方が良さそうなものは購入したりといった事をしておりました。
すると、修理業者の方のある発言と、家電製品の販売員(複数人)の方々のある発言が、奇妙に?一致している事がよくありました。
それが、

 

最近の家電製品は「壊れるように」造られている・・・

 

とのものでした。
勿論、修理業者としての立場や、販売員としての表立った発言ではなく、秘かに?教えてくれた内容でした(笑)
そして、ポイントが、

 

「最近」は・・・

「壊れやすいように」・・・

ではなく・・・

「壊れるように」・・・

 

とのものでした。
勿論、時限爆弾!?のような性質では無い事と思われますし、全部の家電製品が当てはまる訳でもなく、どこか特定のメーカーなどを探し出す趣旨でもありませんし、そもそも、このようなお話が真実や事実であるかも私自身では確かめようもありませんので、あくまで、私が「直接(面と向かって)」お相手の方からお聞きした、つまり「伝え聞いた」情報!?です(笑)
故に、この先の内容も含めまして、皆さんの自己判断の元で捉えて頂きますよう、お願い申し上げます!

 

そして、家電製品の中では、特に火気を扱う製品においては、(消費生活用製品安全法などを根拠に)不具合などで火災などの事故に繋がらないよう、定期的に検査(法定点検など)が必要で役立つ面があるのもその通りです。
そして、このような製品においては、どちらかと言えば、メーカー側が製品状態を把握する面に焦点が当てられておりますので、ユーザー(製品を使う側)には点検を受ける責務(強制力は無いが)はありますが、罰則などは無いとされております。

ちなみに、家電製品ではありませんが、自動車の車検(車の法定点検とは違います)などは義務を伴い、車検切れの車を運転すると無車検運行という違法状態となり、罰金や免停などの措置が執られる事もありますので、ご注意下さい!

そのように、定期検査などは必要で大切な背景もある事を踏まえた上でのものですが、ただ、先ほどの修理業者の方が更に教えてくれたものとしては、

 

一部の製品では、その業界団体が、定期検査などを国(政治家)に働きかけて実現したものもある・・・

 

とのお話でした。
故に、定期検査は有料であり、あくまで検査をするだけであって、その検査で不具合や故障が見つかった場合の修理費用は別途請求して良い事になっております。
つまり、長引く不況の元で、製品がドンドン売れる経済状況でも無い為、売り上げアップの為に、保守点検などの手間賃という仕組みを導入した、とのお話でした。

 

では、ここから少し法律用語などが出て来ますが、厄介?難解?と思われるかもしれませんが、法律名や用語などを覚える必要性は全くありませんし、何となくの仕組みを捉えて貰えれば充分です(笑)