妖怪から学ぶスピリチュアルなどの様々な視点(笑):後半

第428回:『 妖怪から学ぶスピリチュアルなどの様々な視点(笑):後半 』

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング)の瀬川です!

では、早速ですが今回の後半の内容に入って参ります!

 

○ 天井嘗め(てんじょうなめ):
『 のんのんばあは薄暗い台所の天井のシミを見ては、あれは夜寝静まってからてんじょうなめというお化けが来てつけるのだ、と真面目な顔して言う。 天井をよく見ると、なるほどぉ、それらしいシミがある。 疑う余地はない。 』

 

子どもの頃には天井のシミなどを見て《 人の顔 》に見えたり、怖くなったりなどの経験は多くの方もある事でしょう(笑)

そして《 壁に耳あり障子に目あり 》や《 お天道様は見ている 》や《 天に徳を積む 》などの言葉もありますが、これらは《 自らを律する 》為の《 智慧(叡智) 》でもあります。

 

ところで、「業(カルマ)」との言葉もありますが、これは罪や罰せられるという性質のものでも何でもなく、単に《 自らのした事は自らに反ってくる 》とのものです。
勿論、その人の「思い・言葉・行動」によってはネガティブなものが反ってくる事もあれば、ポジティブなものがもたらされる事も当然あります。
ある面では《 自然法則 》とも言えます。

そして、先程の「智慧(叡智)」の視点が失われている時には、「思い・言葉・行動」がネガティブな方面に傾いている事が多いです。
つまり「負の業(カルマ)」を積み重ねているとも言えます。

 

そして、仮にそのような「負の業(カルマ)」を「天」などが見ているとすれば、そして、その《 象徴 》たる天井のシミをなめて自らの《 養分 》としているのが「てんじょうなめ」という妖怪だとすれば、天井を見るのが怖いなどの《 お天道様に顔向けできない 》との心境に陥っているのかもしれません。

これを突き詰めると《 自らの中に答えが存在している 》との視点に結び付いていきます!

 

○ 震々(ぶるぶる):
『 ぶるぶるは人の恐怖心を煽って体をぶるぶると震わせる妖怪なのである。 よく墓場など人気(ひとけ)のない場所に一人でいると何の理由もなしに恐怖心が湧き起こり、思わずそこから逃げ出したい衝動に駆られる時がある。 それこそぶるぶるの仕業で、その時には既にブルブルが取り憑いている訳だ。 』

 

『 ぶるぶるの仕業 』との箇所がありますが、これは視点によっては《 責任転嫁 》!?とも捉える事も可能かもしれません(笑)

そして、このTOPICSでも《 (本来は)物事や出来事は中立であり、絶対的に決められた意味はない 》、そして《 物事や出来事に意味を与えているのは自分自身の観念である 》とお伝えしております。

そして『 衝動に駆られる 』との箇所では、そこに魂の視点を当てはめると「憑依」という影響も考え得る事は可能かもしれません。

ただ、これも同じく幾度もお伝えしております通り《 憑依という突け込む隙間を与えているのは自分自身 》と、やはり、この妖怪からは「自分自身」というテーマを見い出す事が出来ます。

 

そして『 仕業 』という言葉からは、先程の「業(カルマ)」という視点が結び付いて来ますが、「仕業」を分解すると「業に仕える」となります。
「仕える」という事の代表的な言葉としては「仕事」になるのかもしれませんが、恐怖心を涌き起こさせる「ぶうぶる」は、もしかしたら《 業(カルマ)に気づかせる 》というお仕事をしているだけなのかもしれません(笑)

なぜなら《 「見ない」ようにする為には一度「見る」必要がある 》からです!