嘘も方便から学ぶ真の動機 ~美味しんぼメタファー~

第429回:『 嘘も方便から学ぶ真の動機 ~美味しんぼメタファー~ 』

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング)の瀬川です!

ところで、特に昨年来からは《 「思い・言葉・行動」の一貫性を保つ 》、そして、ここ最近では《 最も問われるのは真の動機 》と、TOPICSを継続して御覧になって頂いている方におかれましては、耳にタコではなく目にタコ!?が出来る程に繰り返し繰り返しお伝えして来ております(笑)

と言いますのも、

 

真の動機には「過去」も「未来」をも変え得る力がある!!!

 

からです!
また、真の動機と一言で言いましても、具体的にイメージが湧かないというケースもあるかもしれませんので、今回は恒例の!?漫画本『 美味しんぼ 』をメタファーとして活用し「嘘も方便から学ぶ真の動機 ~美味しんぼメタファー~」とのテーマをお届けして参ります!

 

では、早速ですが『 美味しんぼ 』(作:雁屋 哲、画:花咲アキラ、小学館)の第5巻第4話「スパイスの秘密」を眺めて参りましょう!

鬼の中松と言われる警部の元に、自分の名前も想い出せない一人の男性が保護されて来ました。
そして、その男性はいわゆるコックさん(料理人)の姿をしていました、、、

そして、この男性のポケットには何やら暗号めいたメモが入っており、そのメモからカレー粉の香りがしていたので、中松警部は山岡士郎と栗田ゆうこの元を訪れます。
すると男性は、

男性:
『 カレーと聞くとドキッとします。
  何か思い出しかかるんですが・・・・・
  この頭が、頭が・・・ 』

 

と頭を抱え込んでしまいました。
そこで中松警部は山岡の勤務先である新聞社で尋ね人欄に掲載して欲しいと頼みます。

すると、その後に男性の妻と名乗る女性が現れ、男性の身元もハッキリしますが、どうしても男性は妻の事は然り、自分が何者かさえ想い出せないでいました、、、

そこで警部や山岡達は男性が記憶を失った前後の状況を妻に聴き取りをします。
が、しかし、

妻:
『 ・・・・・
  実は私・・・
  主人の記憶が、このまま戻らないで欲しいという気持ちもあるんです・・・・・ 』

 

と事情を話し始めます、、、

二人は5年前に出逢い、そこは男性がコックをし妻がウエイトレスをしていたレストランでした。
その後に二人は結婚し、1年前に念願の店を持つ事が出来るようになりました。

男性は世界一のカレー屋になるとの目標を抱いており、オリジナルのカレー粉の調合に取り組んでいた所でした。
そして、閉店後に妻が先に家に戻る道中で、妻はある男性と出くわしてしまいました、、、

 

この男性はいわゆるヤクザで、過去にこの妻を商売道具として悪用し荒稼ぎをしていました。
そのような事情があって妻はヤクザの元から逃げ出しましたが、このヤクザは執拗に何年も妻を捜し回っていました。
そして、ヤクザは妻を連れて帰る前に男性に対していわゆるネガティブな意味でのお礼参りをしてやると家で待ち構えていました、、、

そこに、とうとう念願の世界一のカレー粉が出来た!!!と家にいる妻に男性が報告しにやって来ます!

そして、ヤクザと男性がもみ合っている内にヤクザは階段から落ちて肩を骨折してしまいました。
この時に男性も一緒に転げ落ちた事で記憶喪失となってしまいました、、、

妻はそのように当時の状況を振り返り、