魂の視点ではカカア天下が望ましい!? ~レディ・サピエンス&司馬遼太郎 氏の妻から~

第406回:『 魂の視点ではカカア天下が望ましい!? ~レディ・サピエンス&司馬遼太郎 氏の妻から~ 』

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング)の瀬川です!

今回は「魂の視点ではカカア天下が望ましい!? ~レディ・サピエンス&司馬遼太郎 氏の妻から~」との、これまたヘンテコリン!?なテーマをお届けして参りますが、カカア天下との言葉も出ておりますが、LGBTQ等の方々や、ご結婚をされていない方、子どもさんがいらっしゃらない方など、世の中や社会におきましては誰一人として誰かと同じ人生を歩んでいる人はいらっしゃいませんので、そのような面からも、今回のカカア天下との言葉には他意はございませんので、まずは最初にその点をご理解頂ければと思います!

そして、私は独身ですのでカカアはおりませんが、そのような私がカカア天下などを言ってみた所で説得力もへったくれもないかもしれません(笑)
そこで今回は二つの素材を「代弁」として活用しつつ進めて参ります!

 

ところで、テーマにある『 レディ・サピエンス 』なる言葉を初めて耳にした方もいらっしゃるかもしれませんし、そのような人の方が多い事でしょう(笑)

 

ホモ・サピエンスとは(賢い)人間(人類)という意味で使われており・・・

レディ・サピエンスとは古代のホモ・サピエンスの女性という意味で使われている・・・

 

との言葉になります。
、、、早くも何か「違和感」のようなものを感じた方は勘がいいかもしれません!?(笑)

ところで、《 レディース & ジェントルメン 》という「皆様」を意味する言葉を聞いた事がある方も多い事でしょう。
私の場合ではこの言葉を聞くと、この後(ろ)には《 This is 早口言葉! 》との、『 8時だヨ!全員集合 』の番組をどうしても思い浮かべてしまいますが(笑)

ただ、この言葉も最近では性の多様性という観点等を含め、飛行機などでのアナウンスでも使用されなくなって来ておりますし、間もなく「死語」になっていくのかもしれません!?
ちなみに、魂の視点というのは「死後(あの世)」のみで活用されるものではなく、「今(この世)」において活用されてこそ、本当の意味のあるものになります(笑)

 

くだらない下手なダジャレはともかくと致しまして、一つ目の素材として『 コズミック フロント 』(NHK BSプレミアム)という番組の「レディ・サピエンス」の回の一部をご紹介して参りますので、ほんの束の間ですが、古代の旅に一緒に出向いてみましょう!

まず、この番組の冒頭部分では、次の事が趣旨として紹介されています。
それは、

 

かつての考古学では男性優位の思想に支配され・・・

女性についてはほとんど検証されていなかった・・・

 

と、、、

1868年にフランスにあるクロ・マニョン遺跡で最初の発掘が行われましたが、この時に2万7千年前の旧石器時代の複数の人骨、そして一緒に埋められていた石器から狩猟が行われていた事が判明しました。
そして、この発掘当時の考古学では狩猟は男性が行うものという先入観に支配されていました。
それが故に、この遺跡の人骨の傍らに獲物である動物の骨なども発見された事から、この人骨は男性のものと判断されてしまいました。
ところが、2006年の再調査により、人骨には女性のものも含まれていた事が判明します。

 

1872年にはイタリアとフランスの国境にあるヴェンティミーリア洞窟遺跡で旧石器人の埋葬跡(地)が見つかりました。
この時も残された人骨が頑丈であった事や見た目などから当時の考古学では男性であると判断されてしまいます。
ところが、ここでも近年の調査では、この人骨は女性である事が判明しました。
更に埋葬品などから、この女性は重要な地位にいて、手厚く葬られていた事も分かってきました。