後編:SDGsを魂の視点で眺めてみる

第378回:『 後編:SDGsを魂の視点で眺めてみる 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

前回・前々回では前編・中編とお届けして参りましたが、今回は最後の「後編:SDGsを魂の視点で眺めてみる」をお届けして参りますが、魂の視点の中には(現在の)科学や医学では証明されていない「現実離れ」した面が含まれる一方で、「地に足を着ける」際に役立つ面も含まれている事は、前2回のTOPICSにおきましてもSDGsという「(超)現実的」な課題とも「繋がって」「重なって」くる側面を多少なりとも感じ取って頂けていれば嬉しい限りです!

そして、この「(超)現実的」な課題であるSDGsの17個の目標を、どうやって「実現(化)」していくの???という面に対峙すると、逆に「現実離れ」を感じる方も多数いらっしゃるかもしれない所が「(自己)矛盾」という風に捉えられてしまう側面もあるかもしれませんね(笑)

 

ところで、前回の中編では東日本大震災における原発事故と原子力爆弾(核爆弾)も素材として取り上げましたが、皆さんもよく見聞きしているであろう、あるワードには敢えて触れませんでした、、、

そのワードとは、日本は「唯一の被爆国」とのものですが、魂の視点と言うと難しく感じられたり、時にはオカルト系!?と捉えられたりもする事でしょうが、いわば「連想ゲーム」のような視点と言い換えても構いません(笑)
つまり、魂の視点を活用している趣旨というのは、

 

(色々な事柄を)知っているだけでは「知識」にとどまってしまい・・・

それを「繋げて」「重ねて」初めて「智慧(叡智)」となる!

 

と、表現を大袈裟にすればそのように言えるのかもしれません(笑)
勿論、「知識」も大切で役立つものですし、私がお伝えしているTOPICSが「智慧(叡智)」という意味でも全くありません(笑)

 

そして、前回の締め括りにおきましては『 あなたの身の回りの「何か」も、必ずSDGsのようなテーマとも「繋がって」「重なって」いる面が必ずあります 』ともコメントさせて頂いておりましたが、カウンセリングなどをさせて頂いてましても、次のような傾向がよく見受けられます。
それは、

 

悩みなどの「本質」を「一つの塊(かたまり)」として捉えている・・・

 

というものです。
そして、悩みなどの「本質」と、

 

「繋がって」「重なっている」ものもあれば・・・

「繋がり」も「重なり」もないものもあり・・・

これらが混在しているように思えてしまうが故に・・・

「一つの塊(かたまり)」のように捉えてしまっている・・・

 

という傾向です。
であるからこそ、

 

「繋がり」も「重なり」もないものは放っておく(手放す)・・・

 

という事を最初に行う事で「本質」が絞りやすくなっていきます。
そして、そのように絞られていった「本質」を眺めてみると、

 

「一つの塊(かたまり)」として(今までは)捉えていたものが・・・

実は・・・糸が何本も「紡ぎ合った(絡み合った)」結果であって・・・

一本・・・そして・・・数本と緩めていくと・・・

自然と他の糸も解(ほど)けていく!

 

というシンプルさが顔を見せて(出し始めて)きます。
と前置き(前振り)はここ迄に致しまして、今回は残り13個目から17個目までの5個の目標に魂の視点を当てはめて参ります!