「医は仁術(仁道)」から考える「自己矛盾」

第343回:『 「医は仁術(仁道)」から考える「自己矛盾」 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

ところで、日本におきましても新型コロナウイルスの発現以来、約1年が経過しようとしておりますが、昨年のTOPICSにおきましては、多くの新型コロナウイルス関連のテーマもお届けしておりましたが、

 

新型コロナウイルスのテーマに「覆い隠されて」しまい・・・

他に数多くの時流に乗った(タイムリーな)出来事から学び得る「機会」が・・・

「水泡」に帰してしまってはいなかっただろうか・・・???

 

との、私自身の反省と自戒も込めまして、今回は「医は仁術(仁道)から考える「自己矛盾」」というテーマをお届けして参ります!
とは申しましても、私は医師ではありませんので、医療の詳細を取り上げる訳ではありませんのと、医療の分野には深くは踏み込めない(法的ルールなども含め)面もあるのが事実でもありますが、私の行っているカウンセリング・ヒプノセラピー(催眠療法)・レイキヒーリングにおきましても、「人間」や「人体」が範疇になりますので、大きく幅広い意味での医療と、

 

「切っては切れない」側面もあり・・・

この切っては切れない「証」というのが・・・

「繋がって」「重なって」いるから・・・

 

という点も踏まえ、「私なりの表現」を今回はさせて頂きます!
そこで、『 時流に乗った(タイムリーな)出来事 』と言いましても、東京オリンピックにおける女性蔑視(差別)の発言にまつわる素材を扱う訳ではございません。
なぜなら、この女性蔑視(差別)という問題は、あってはならない、重大で大切な問題である事は論を待ちませんが、これに関しましては前回のTOPICS『 魂の視点は縦横無尽!? 親子や世代や職場などのケースでは~ 』におきまして、その「本質」部分には既に触れている(カバーされている)からです(笑)

 

ただ、前回のTOPICSでは直接的に言及している訳ではありませんでしたので、補足として一つだけ最初に付け加えさせて頂きます。
今回の物議を醸し出した発言をされた方は、謝罪?弁解?会見において、自虐の意味でしょうが《 (自身を)老害 》という言葉を使って表現しておりましたが、差別などの問題は、そのような「思い(本音)」を持っている「個(人)」に属する事柄であり、年齢や国や人種などの属性にまつわる性質のようなものではありませんので、この《 老害 》との発言は、同じ高齢者などの方々へ向けた、別の蔑視(差別)的な要素も含んでいるように感じますのと、《 子ども叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの 》との言葉もありますが、この《 老害 》との発言に(ほとんど)クローズアップされていないのは、何か「今、これから」の社会的風潮(新たな蔑視(差別)の蔓延)と「繋がって」「重なって」いる現れのように個人的には感じてしまいますが、、、と同時に、このような出来事におきましても、「(過度な)感情ではなく理性の活用を」という点も忘れてはならない事でもあります!

 

では、気を取り直し?まして、今回の本題に入って参りますが、もし宜しければ、ここからの内容は、出来る範囲内で構いませんので、「他人(の)事」ではなく「自分(の)事」であればどうするだろう~!?などのように、「想像力」を活用して読み進めてみて下さい!

そこで、最初に取り上げる出来事というのは、ニュースなどで耳にした方も多いかもしれませんが、東京のある有名医科系大学病院において、そこで働く職員(医療従事者も含め)の方々に出された通知です。