第293回:『 知識も増せばコミュニケ-ションに変化が起こる 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

今年は全国的に暖冬傾向という面が強いですが、私の住んでいる青森県五所川原市においても、例年に無く雪も少なく、雪かきの大変さから解放され安心しておりますが、その一方で、ここまで雪が少なくて大丈夫なのかなぁ???などの不安が頭をよぎる事もあります(笑)

そして、前回のTOPICSでは「引っ越し」を取り上げましたが、今年のように季節の変わり目が早く進んでいるケースにおいては、季節に合わせようと私達の「心のペース」も早くなり、時には気忙しくなっていく傾向もございます。

 

そこで、本来であれば「出逢いと別れ」が多い季節でもある3月頃にお届けしようと考えておりましたが、そのように「ペースが加速している」という理由からも、今回は「知識も増せばコミュニケ-ションに変化が起こる」というテーマをお伝えして参ります!

そこで、このTOPICSにおいても、コミュニケ-ションに関するテーマや素材を取り上げるケースはとても多いです!
なぜなら、

 

人の数ほど・・・

いえいえ・・・

人の数以上に・・・

コミュニケ-ションには無数の視点が存在している!

 

からです(笑)
そして、「人の数以上に」というのは、

 

コミュニケ-ションの視点は・・・

(コミュニケ-ションを取る)相手に応じて変化するのが自然でもあり・・・

なおかつ・・・

自分の中(自分自身)における表現(方法や活動)も・・・

時と場合に応じて・・・

様々に絡み合いながら変化していく!

 

からであります。
これが先ほどコメント致しました、雪が少なくて「安心」を感じていながらと「同時(重なり)」に、「不安」も感じる?というのが一例ともなっています(笑)

そして、今回素材とするのは、今迄も幾度か活用している「美味しんぼ」からの物語ですが、これも今年はメタファーの活用を多めに致しますと、年明けのTOPICSにおいて表明した通りでもありますが、

 

様々な視点に対する見方というのは・・・

このTOPICSで取り上げる素材に限定されるものでも、制限されるものでもなく・・・

ましてや、それに捕らわれるものでもなく・・・

必ず同じような素材が・・・

皆さん自身の興味や関心のある事柄に・・・

数多く散りばめられている!

 

という点を、今年は口を酸っぱく、、、と言うよりも、TOPICSという形式ですので、目を酸っぱく!?するほど、繰り返し言及して参りますのでご理解頂ければ幸いです(笑)

 

ちなみに、これから進めて参ります今回のテーマにおいては、2017年7月23日のTOPICS「最も誤解を生みやすいのはコミュニケーションがされていない隙間に・・・」と、かなり「源や水脈」が繋がっておりますので、興味や関心のある方はそちらも参照してみて下さい!