こんにちは!
レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

ところで、今回は「あなたの身の周りにも溢れている「代弁」???(笑)」というテーマをお届け致しますが、本年の最初のTOPICSにおいて、2020年は多くの素材も提供して参りますとお伝えしておりましたが、と言うのも、やはり、私の表現力の拙さもありますし、どうしても「私自身を通して」の伝え方では(表現法なども含め)偏りなども出て来るのは否めないからでもあります(笑)

そこで、今回は、2020年たる本年1月1日に放映されておりました、「芸能人格付けチェック! これぞ真の一流品だ! 2020お正月スペシャル」(TV朝日)を素材として進めて参ります!

 

この番組をご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんし、私も好きでよく観ています。
この番組内容は、どちらが高価な物や品質かなどを当てる、「二者択一(時には三者択一)」を取り入れた娯楽番組でもあります。
そして、本年の番組放映迄に58連勝記録を続けていたGACKTさんのチョットしたインタビューも放映されておりましたので、そこを今回の「代弁」として活用して参ります(笑)

 

なお、今回ご紹介する内容におきましても、良い悪い、あるいは、正しい間違いなどの「二者択一」でもありませんし、GACKTさんの発言内容についても同じ趣旨を含み、また、何かの同意や賛同を得るような性質のものでもなく、さらに、そこにはGACKTさんなりの「表現方法」というのも加味されておりますので、どうぞ、お読みになって頂く暁には、「あなた自身の表現」を考え楽しんでみて下さい!

 

ちなみに、私はGACKTさんのファンという訳ではありませんし、楽曲もほとんど聴いた事はありません(笑)
ただ、GACKTさんは私と同年齢という事もあり、この番組を観ていて、どのようにして物事を「見抜いているのか?」という点に興味がある事から素材として取り上げさせて貰いました。
なお、同年齢ではありますが、私とは見た目や容姿は勿論の事、財力も桁違い、、、いえいえ、桁外れに違っておりますが(笑)

 

では、進めて参りますが、この先は「さん」付けは省略させて頂き、「彼」と称させて貰います点と、一字一句そのものがインタビュー内容と合致している訳ではない点と、「( )」箇所は私が推量した補足として付け加えております面も併せてご了承下さい!

まず、このインタビューの冒頭に、彼は次のような問い掛けをしました。

『 今回、僕が番組に出ないっていう選択肢は有りですか? 』

 

と。
その理由として、

『 言葉にするのは凄く難しいんですけど、何か、嫌な予感がするというか、気持ち良くないっていうか、、、 』

 

と答えておりましたが、ここは今回のテーマと特段の「繋がり」はありません。
これは、皆さんを、皆さん自身の「心の内面」へ誘う暗示として活用しております(笑)

 

そこで、彼は連勝記録も続けている事もあり、番組ではとても強気な発言も繰り出しておりました。
その強気な発言の理由を問われ、次のように答えておりました。

『 単純に、当てるか当てないかで、勘でやってるわけじゃないので、チョット大げさに聞こえるかもしれないですけど、(自分の)こだわって生きてきた事に対して、このライフスタイルで間違いじゃなかったんだな、という事を自分自身に確認する場(である為に強気な発言で臨んでいた)。 』

 

と。
そして、何故、ここまで間違えずに連勝出来るのかを問われて、次のように答えておりました。

『 でも、例えば、番組がワインの問題だったり、肉の問題だったり、っていうのは自分の中で、ここは(番組を観ている視聴者の期待も含め)絶対に外しちゃいけない所じゃないですか。

  もちろん、普段通りに知識は増やしてますけど、元々自分が知らない事でも、やっぱり、知らないから出来ないじゃなくて、勉強すれば出来るんだって、多分、性格だと思うんですけど、勉強すれば出来るって事を、やっぱり見せたいなぁというのもあったんで。

  そういう意味では、毎回、肉やワインという部分に関しては、当たり前ですけど、勉強してるというか、アップデートしてるって言い方(の方が)、正しいと思うんですよ。 』

 

と。
そして、この知識のアップデートに関して、ワイン・楽器・肉・盆栽についての彼なりの考えにインタビューは続いていきました。

そこで、ワインに関しては、この番組を担当しているワインの専門家であるソムリエの方が、彼の事を次のように評しておりました。

『 (彼は)当てずっぽうでは決してない。

  やっぱり、確固たる経験則を元に発言されている感じ。 』

 

そして、彼はワインのアップデートに関して、次のように述べておりました。

『 美味しいワインを飲んでいるからといって、ワインの事が分かるわけは絶対ないし、美味しいか美味しくないかは分かりますよ。

  でも、それって人の好みじゃないですか。

  例えば、安いワインの方を美味しいと思う方だっているわけだし、それは味の好みであって、このワインが何のワインなのか?このワインがどういうものなのか?っていうのは、それは、知識のアップデートだと思うんです。

  で、美味しいワインを飲むから美味しいワインが分かるのではなくて、そのワインを飲む時に、これはどんなワインなのか?いつ出来たのか?どんな風に作られたのか?どこで作られたのか?誰が作ったのか?どんな歴史があるのか?っていう事を知識として一緒に体の中に入れていく行為があるから覚えるわけであって、そんな飲んでいるだけで分かるようになったら、それこそ天才じゃないですか、それって。 』

 

と。
では、次は楽器に関してのアップデートについてですが、この問題では私はいつも外してしまいます(笑)

『 これはさっきのワインと同じ考えで、美味しいか美味しくないか、良いか悪いかだけの話じゃないんです。

  ストラド(ヴァイオリンの名前)っていうのは、今のヴァイオリンの原型を作った、そのものなんですよ。

  いわゆるオリジナルなんですよ。

  そのオリジナルで、しかも今、既存に残っているストラドっていうのは、本数が限られてるんですよね。

  この限られている本数を、しかも、良い状態で保管して数百年前に作られたものが、いまだに音が出る状態に保管して、そして、その音を聴いた時に、これがオリジナルの音なのかって事じゃないですか。

  それは勉強しないと絶対分からないんですよ。 』

 

そして、彼自身の音楽人生に触れ、次の言葉も話しておりました。

『 僕はロックですけど、でも、元々はクラシックから始まって、3歳からピアノをやり始めて、声楽をやって、色んな楽器を経験して、今の自分の音楽に辿り着いて、でも、今の自分の音楽に辿り着いたから、じゃあ、クラシックの勉強をしなくていいのかとか、他の楽器の事を勉強しなくていいのかとか、そんな事は絶対ないじゃないですか。

  ミュージシャンである以上、少なくとも絶対勉強するべきだと思うんですよ。 』

 

では、ここ迄の所で皆さんはどのような感想や感じ方をされておりますでしょうか?
あくまで、皆さん自身の「感性」を大切にして、この先も目を通してみて下さい(笑)

次は肉に関してのアップデートです!

『 公表はあまりしてないですけど、(自分は)飲食店をやってるじゃないですか。

  で、肉を扱う店もやったりしてるんですよね。

  その自分が肉が分からないって、そもそも問題じゃないですか。 』

 

では、最後は盆栽のアップデートに関してです!

『 盆栽の問題が出た時あったじゃないですか。

  僕がそれをやる事になって、あの時全く分からなくて、たまたま当たったんですよ、正直。

  その時がもの凄くストレスが大きくて、これはダメだなと思って、そこから盆栽の事を勉強したりとか、盆栽協会の方達から、わざわざ資料をたくさん送って貰ったりとか協力して頂いて、色んな本を頂いたりとか。 』

 

と、4つの分野のアップデートに関して述べてきた結びとして、次の事もお話しておりました。

『 知識は誰にも奪われる事のない財産ですよ。

  もし僕が、今、一切、家も車もお金も、周りにいるスタッフがいなくなったとしても、じゃあ、もう1回やり直せるかと言われたら、自信を持って、出来る!って答えます。

  それが、なんで?と言われたら、僕には知識と経験があるから、、、

  でも、この知識と経験って誰にも奪われる事のない、一番の財産だと思いません?

  人生ってアップデートだと思うんですよ。

  じゃなかったら、長く生きている意味ってないじゃないですか。 』

 

と、このような結びとして放映されておりました(笑)
それと、一時期、頭部に脱毛症が出来た事に関しても、笑いながら次のようにお話をされていました!

『 正直、自分でも気づいてなかったんですよ。

  やっぱり番組が始まる前に、収録が始まる1ケ月くらい前から、お腹痛くなったりするんですよね。

  で、やっぱりストレス感じてるのかな~とかって思ってたりはしてたんですけど。

  仲間とか「格付けがもうすぐ始まりますね」と言われるわけですよ、この季節になると。そう言われると、プレッシャーというか、「はぁ」っていう、1年に1回テストを受けさせられるような気分になるというか。 』

 

では、GACKTさんのインタビューの紹介はここで終了ですが、如何でしたでしょうか?
色々な視点、また、皆さん自身の知識や経験によって、様々に連想出来た人もいらっしゃるかもしれません(笑)

 

そして、今回はテーマの如く、皆さんそれぞれの「感性」を、「皆さん自身を通して」、そして、「皆さんの身の周り」にも溢れている「代弁」に意識を向けたり、あるいは、「気づいていく」というのが趣旨ですので、私の見解は要を足しませんが、少しだけ私自身の視点もご紹介させて頂きます(笑)

 

まず、「二者択一」に関しては、もう「みなまでいうな」でありますので省略致しますが、その他にも幾つかありますが、例えば、GACKTさんの発言に出てきた『 知識として一緒に体の中に入れていく 』とは「潜在意識の強化法」という「行動」とも呼べます。
そして、『 原型 』や『 オリジナル 』という「言葉」、、、
さらに、ワインの箇所で繰り返し出てきた『 ~? 』という自分自身への問い掛け(という「思い」)、、、

 

これらを「繋ぎ」そして「重ね合わせる」と・・・

そこに浮かび上がってくるのが・・・

「自分」を知る!!!

 

という事に「辿り着き」ます!
そして、

 

今回活用した「代弁」とは・・・

「反映」という事を意味しており・・・

それに「気づく」には・・・

「自分」を知る!!!

 

という「姿勢」が必ず必要不可欠になってきます!
なぜなら、

 

「反映」にせよ「気づき」にせよ・・・

そもそも、そのようなものが存在出来るのは・・・

それを受け取る(受け取れる)「誰か」が存在しているのが前提である・・・

 

からです(笑)
そして、このTOPICSでも幾度かご紹介しておりますが、

 

「全体」は「一部」を反映しており

「一部」は「全体」を含んでいる

 

という性質があります。
つまり、

 

「繋がり」や「重なり」という視点を活用すると・・・

「今のあなた」が思っている「あなた自身」よりも・・・

より「大きなあなた自身」を・・・

見つけやすくなる!!!

 

という事を現しております。
そして、先程から「自分」を知る!!!とお伝えしておりますが、

 

人生のプロフェッショナルという人は(ほぼ)存在していない・・・

が、しかし・・・

プロフェッショナルという「姿勢」で人生を歩む事は誰にでも可能!!!

 

であります!
また、人生においては、時には誤った判断というのはあり得ますが、正解はそもそもありませんし、仮に正解があったとしても、全問正解の人生を歩む事は(ほぼ)不可能でもありますし、その必要性もありません。
では、

あなたは・・・「自分」を知るという作業(思い、言葉、行動)に・・・取り組んでおりますか???(笑)