第275回:『 魂の視点から見る、お葬式と結婚式の共通点 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

今回は「魂の視点から見る、お葬式と結婚式の共通点」というテーマをお届け致しますが、この内容は、いわゆるスピリチュアルの雑学のような感じで進めて参りますので、全く肩肘を張る必要も無く、ただ、リラックスして、へぇ~そんな事もあるのかな?本当かな?などのように、疑問を感じても全く構いませんし、あるいは、そうだったのか~!などのように、気軽な感じで読み進めて頂ければ幸いです!
なので、今回のTOPICSでは、得るものがなかったなぁ~!?のようなご感想を抱かれても大丈夫ですので(笑)

 

ところで、人生における大きな儀式?と致しましては、お葬式や結婚式というイメージを抱かれる方も多いかと感じます。
勿論、「今、この時」に、このTOPICSをお読み頂いている皆さんにおかれましては、自らのお葬式を(まだ)体験されていないのは当たり前の事でもありますし、また、ご結婚をされている方におかれましても、結婚式はしていないという方もいらっしゃる事でしょう。

 

では、皆さんは、今まで、お葬式と結婚式に共通点はある?という事を考えてみた事はありますでしょうか?(笑)
おそらく、、、ほとんど、無いですよね(笑)
まず、誰もが思いつく共通点と致しましては、

 

(人数に関わらず)人が集まる(集まりやすくなる)場

 

という点が挙げられるかもしれません。
私のように40代の中盤にもなりますと、結婚式にお招き頂く機会は(かなり)少なくなりますが、逆にお葬式などに参列させて頂く機会は増えていく傾向があるのは、皆さんも似たような感じかもしれませんね!?

 

ところで、先日、私の父のお姉さんが他界された事で、父は身体が一部不自由な面もある為、私が父の代理も兼ね、また、私自身もご挨拶をしたいとの思いから、岩手県でのお葬式に参列させて頂きました。
結婚式でも、もしかしたら似たような側面があるのかもしれませんが、特にお葬式では、

 

所変われば品変わる

 

との言葉のように、地域性による風習の違いなどが顕著に現れてくる側面もあります。
勿論、宗派による違いもあるでしょうし、仏式とそうではない宗教での違い、また、そもそもお葬式には決められた規則やルールなどは本来ありませんので、現在では家族葬などのように、(無宗教で)自由な雰囲気で執り行う方々も増えてきております。

また、結婚式と同様に、お葬式も必ず行わなければならないなどの決まり事も全くありません。
かつ、結婚式では「当事者」がもろもろの意向や趣向などを考えて執り行うでしょうが、お葬式の場合では、他界されたご本人様のご意向が反映されるケースは、まだ少数派でもあるかもしれません。

 

では、まず最初に、魂の視点から見て、お葬式にどのような意味合いがあるのか?を少しご紹介致します。