第252回:『 「令和」という時代を魂の視点で描いてみる 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

「令和」という時代の幕が開きましたね(笑)
今回は「平成」からの私の天の邪鬼?も封印し、「令和」最初のTOPICSという事で、「「令和」という時代を魂の視点で描いてみる」というテーマをお届け致します!

 

ところで、今回の改元に際しては、元号についての様々な見解も見受けられました。
グローバル化の世の中なのだから西暦に統一した方が良いのでは?あるいは、元号は現在では日本でしか採用されていないのだから、使い分けながら残していても良いのでは?など。

 

これもどちらが良くてどちらが悪いというものでもなく、元号を採用すると、その都度に色々な改変が必要になるなどの手間もあるでしょうし、西暦においては、なかなか時代の区切りという節目が見え辛くなるというのも確かに一理あると感じます。

元号においては、ほぼ数十年という区切りで、時代の変遷を振り返る事も出来ますが、西暦ではおそらく短い区切りでも100年単位となるのかもしれません。
そして、このような事は意見を対立させるものでもありませんし、

 

現に「今」存在しているのであれば、それをどのように活かしていくのか?

 

という視点も大切になろうかと思います。
そして、時代により移り変わるものもあれば、変わらずに大切にされるものもあるのが事実でもありますし、移り変わるものが真実ではないという訳でもありませんし、残り続けるものの中には、真実の一面を現しているものが存在しているのも、また事実でもあります。
そして、このTOPICSにおいても、「平成」から「令和」という移り変わりにおいても、やはり、私自身が感じている魂の視点や、カウンセリングなどでも大切にしている「原点(源)」は、これからも変わらずにお伝えして参ります!

 

では、このTOPICSをお読み頂いているほとんどの皆様は、「昭和」か「平成」のどちらかの時代に生を受けた方々であろうと思われます。
そして、

 

時代には区切りもある一方で・・・

繋がっている側面も多々ある・・・

 

というのは、少なくとも「昭和」世代の方は実感が伴う事でしょうし、「平成」世代の方はこれから楽しみに実感される事かとも思います(笑)
しかし、

 

どのような時代であろうとも・・・

一つだけ一朝一夕に進まないものがある・・・

それが・・・

少子化・・・

 

です。
少子高齢化と言われて久しくなりますが、少子化と高齢化は相対立するものではありませんし、そもそもの性質が全く違います。
今、言われている少子高齢化は、少数の若者世代が多数の高齢化世代を担う、という意味での課題の面に向けられておりますが、これは、そのような仕組みを、将来を見通す事もなく、熟考する事もなく、延々と「不作為」を続けてきた政治などの姿勢の問題が現れているに過ぎません。
勿論、無関心や人任せの姿勢を保ってきた、私達自身の反映でもあります。