「令和」という時代を魂の視点で描いてみる

「待ち」と「加速」を「統合」していく方法は・・・

「昭和」世代と「平成」世代が・・・

お互いに手を繋ぎ合うこと・・・

 

です。
勿論、「手を繋ぐ」とは比喩的な表現であり、この方法は様々あります。
そして、手を繋いでいくと、不思議?な方向に導かれていきます。
それは、

 

「令和」に産まれてくるお子さんにおいては・・・

(一時的には・・・)

「心(精神)」が「身体」よりも先の(進んだ)方向性へと歩み出していく・・・

 

という光景が見られるようになります。
これは、「早熟」とも言えるかもしれませんし、かつての「神童」のように捉える事も可能かもしれませんが、「昭和」や「平成」の時代とは違った意味合いになっていきます。
そして、一時的には、、、とコメント致しましたが、

 

このようなお子さんにおいては・・・

素早く・・・自然と・・・

「心(精神)」と「身体」が「統合」されていく・・・

 

ので、心配するような要素ではありません。
そんな事はあり得ない!と思われているかもしれませんが、「平成」の終盤には、既に、このような事を体現している子どもさんをTVなどでも、よくお見かけしているのに気づいておりますか?(笑)

 

では、ここで少し視点を変えてみます。
現在の少子化傾向を魂の視点で捉えると、現在の日本(地球)に産まれてくる動機や選択肢を持たなくなってきているのが、「あの世」における魂の存在としての流行りなのかもしれません(笑)
しかし、やはり、

 

魂とは・・・

様々な体験をする為に・・・

「この世」に赴いてくる・・・

 

というのが「本質」に存在しています。
そして、その為には、

 

「この世」の私達も幸せを感じられる・・・

「地ならし」を・・・

「この世」の私達が行う必要がある・・・

 

という事を意味しております。
これは、どこか最近の外国からの観光客の誘致と似て非なる?面が存在していると感じませんでしょうか(笑)
つまり、

 

今までにおいては「目に見える」購買物などを対象とした誘客であったものが・・・

最近では「目に見えない」・・・

「体験(型)」の誘客と要望が増え続けている・・・

 

という面に現れてきております。
そして、先ほど、「心(精神)」と「身体」が「統合」されていくとコメント致しましたが、「平成」までのこのTOPICSにおいては、

 

「心(精神)」と「身体」は繋がっている

 

とお伝えして参りました。
そして、「令和」においては、

 

「心(精神)」が「主」であり

「身体」は「従」である

 

というのは、もうハッキリとお伝え致しますが、間違いございません!(笑)
そして、魂の視点においては、「あの世」が「主」であり、「この世」が「従」という関係になりますが、