第253回:『 超難問?な性(教育)の問い ~あなたなら、どう答えますか?~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

史上初!のGW10連休も終了し、如何お過ごしでしょうか?
10連休だった方もいらっしゃれば、そこ迄ではない連休を過ごされた方、お仕事でお休みが全く無かった方など、様々なお過ごし方であった事と思います。
そこで、連休後という事もあり、TVなどでは相も変わらず?五月病などが取り上げられておりますが、今回は史上初!の連休の長さという事で、私個人としては不可解?な五月病の報道もされておりましたので、これに関しましては最後にお伝えして参ります(笑)

 

ところで、このTOPICSにおいても、やはり手薄がちになるのが恋愛関係や性に関する事柄が挙げられますが、今回は「超難問?な性(教育)の問い ~あなたなら、どう答えますか~」というテーマをお届け致しますが、実は、このテーマを取り上げようと思った最大の動機は、今回の問いに対して、

 

私も・・・

方向性が・・・

あまり見えていない・・・

 

という面から来ております(苦笑)
なので、今回のTOPICSをお読みになって頂いて、もし、何かご自身なりの方向性などを見つけた方は、是非、私にも教えて下さい(笑)

 

そこで、今回のテーマを進めるに当たりまして、以前に「鈴木先生」(テレビ東京)というドラマを観ておりました。
これは、シン・ゴジラでも主演を務めた長谷河博己さん演じる教師と、中学生が舞台となっているドラマです。
と言っても、金八先生(TBS)ともテイストが違い、いわゆる学園ドラマなどとも趣向が違っています。
結構、斜め?からの視点と言いますか、面白い観点から描かれているドラマです。
ここで描かれているのは、中学生における課題も含まれておりますが、どちらかと言えば、私が焦点を当てていたのは、

 

教師も人間であり・・・

教師という大人を通して・・・

大人側の問題?恥部?闇?・・・

 

などが問われている側面であります。
かと言って、扱っている内容はかなりシビアな面もありますが、コメディー要素もふんだんに盛り込まれておりますのと、毒舌のようなブラックユーモアとしての「大人や教師の心の声」なども取り上げられており、気軽に観られる内容にもなっております。

もし、興味のある方はご覧になってみても面白いかと思いますが、このドラマで結論付けられている方向性と、私個人の方向性が(全て)一致しているという訳ではありませんので、もしご覧になる方は、自分自身ではどう考えるか?という点を踏まえてみて下さい(笑)

 

では、今回のテーマを進めるに当たりまして、まずは、次の事を頭に入れてから読み進めてみて下さい!
それは、