第221回:『 魂の視点から考えるAC(アダルトチルドレン)とインナーチャイルド 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

ところで、現在、S.Light.Mにおいては、「コミュニケーション」に焦点を合わせた新セミナーを準備中でございますが、これは、「様々な視点」をコミュニケーションに取り入れる事により、円滑かつスムーズな人間関係に役立てる事を目的としていると同時に、コミュニケーションには「自分自身との対話」も含まれるため、「ストレス」との関係なども含めて、「他者にも自分にも活用出来る」という点をポイントとして目指しております。

 

そして、この「様々な視点」の内の1つとして、「新たな視点の活用」という側面からの「魂の視点」も少しご紹介していく予定にしております。

このTOPICSにおいては、今まで幾度も「魂の視点」はお伝えしておりますが、やはり、あまり馴染みもなく、目に触れ耳にする機会も少ない事から、また、このTOPICSにおいても同様ですが、「魂の視点」というのは、いわゆるスピリチュアルな視点とも「重なり合う」部分はありますが、「前世療法」を含むヒプノセラピー(催眠療法)が、海外においては実際の医療現場で治療として活用されているのと、その事から保険適用されている国もある事から、宗教的要素も一切含まず、そして、「前世」については海外の多くの大学や研究機関で検証され続けている実状も踏まえつつ、浮ついた視点ではなく、地に足を着けた、「日常生活に役立てる事が出来る視点」としてお伝えし続けております。

セミナーでは、時間などの関係からも全てをお伝えする事は出来ませんので、今後も、このTOPICSも通して、様々な視点をお届けして参りますが、そこで今回は「魂の視点から考えるAC(アダルトチルドレン)とインナーチャイルド」というテーマをお届け致します!

 

ところで、アダルトチルドレンとインナーチャイルドという「言葉の響き」が似通っている事から、両者が混同されているケースはよくあります(笑)
この両者においては、「明確な定義」というのは存在しませんが、一般的には区別されておりますので、まずは、そちらを簡単にご紹介致します。

 

アダルトチルドレンとは、「機能不全家庭(DVや虐待やアルコール依存など)で育った事により、成人しても、なおトラウマを持っている状態」と言われる事が多いです。
一方のインナーチャイルドとは、「「内なる子ども」と称されるように、幼い頃に体験した出来事などにおいて、その頃の感情などが癒されずに現在に至っている状態」と言われております。
このような観点から、

 

アダルトチルドレンは・・・子どものまま(の悩みを持ち続けて)大人になった

インナーチャイルドは・・・子ども時代で成長が止まってしまった「内なる子ども」を抱えた「今」の自分

 

とも言われたりしております。
厳密には、この両者は「違う」と区分されておりますが、その傾向としては、(強い)不安や強迫観念、自分に自信が持てない、コミュニケーションが苦手(怖い)など多種多様で様々でもあり、しかも、両者はかなり「重なり合っている」部分が多いのも事実です。
そこでまず、今現在において、どちらのケースにせよ、自分が当てはまる?と感じる方は、次の事をしっかりと自分に言い聞かせてみて下さい。