第211回:『 S.Light.M独自のカウンセリング(5つの特徴) 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

先日、S.Light.MのHPにおいて、大変遅ればせながら「カウンセリング」のページが出来上がりました!
そこで、今回は「S.Light.M独自のカウンセリング(5つの特徴)」というテーマをお届け致します。
それと、時には、このTOPICSにおいて、S.Light.Mについての、ほんの少し?の宣伝をさせて頂く事をお許し願えれば幸いです(笑)

 

それでは進めて参りますが、まずは、いつものお断りの通り、カウンセリングにせよ何にせよ、それぞれ行う人の数ほど様々な手法や方針がございますし、良し悪しの問題でもなく、また、他のカウンセラーなどの方についてのご批判などでも決してございません事をご理解頂ければと思います。

そして、HP上の「カウンセリング」のページのみでは、全てをお伝え出来ている訳ではございません事と、このTOPICSをお読み頂いている皆様方においては、やはり、少し深く、かつ、真実をのぞき見たい?などのご要望もあるかと思われますので、「カウンセリング」のページの内容に肉付けするような形式で進めて参ります!

 

ところで、私が行っているカウンセリングにおいては、心理療法などの分野の中で活用されているものも、その時々の状況に応じて取り入れたりもしておりますが、基本的には、

 

人の(悩みなどの)感じ方は十人十色であり・・・心理学などの「学問分野の枠」に当てはめられる(収められる)ものではない

 

とのスタンスを取っております。
この点は、臨床心理士などの資格をお持ちの方から見れば、邪道?と思われるかもしれません(笑)
そして、このスタンスの中には、更なるベース(土台)というものも含まれております。
それは、皆さんも耳にした事があるかもしれませんが、

 

風邪は病気ではない・・・

しかし・・・

風邪は万病の元でもある・・・

 

という点です。
医学的には「心の病気」と言うと、現在ではとても多くの様々なものに分類され、時には細部を突き詰めていくと、「自分もそうかも?」と思い当たる感じは、考え過ぎれば私にもありますし、皆さん全ての方のどこかに当てはまるものがあるかと感じます(笑)

また、例えば医学的には、長い間の鬱症状などの方の脳をMRIやCTなどで撮影してみると、脳の萎縮傾向が見られるとの報告もあります。
私が医学的な観点に突っ込んだコメントをしてしまうと医師法違反にもなりかねませんので出来ない部分もありますが、カウンセリングもしかり、ヒプノセラピー(催眠療法)やレイキ ヒーリングなどの観点から検討しますと、

 

心と身体は繋がっているから・・・

脳の萎縮が鬱的な症状を産み出しているのではなく・・・

長い間の「心」に溜め込んで解消しきれていない「何かの思いや考え」が・・・

身体には脳の萎縮となって現れてきている(のでは?)・・・

 

との、逆の?観点から「心」へのアプローチを試みます。
これは、「ストレス」を感じている時などに、食欲が無くなったり、あるいは、極端に食べ過ぎてしまう、また、考え過ぎて胃が痛む、など多くの方が体験されている症状と同じように考えて頂ければ、少し分かりやすくなるかもしれません。
勿論、医師の診断の元に服薬も行われるでしょうし、それも功を奏すケースもあるかと思いますので、それも良いとも思います。

また、事故などの外傷により、脳が損傷を被った場合などでは、脳自体が新たな神経回路(ニューロンの繋がり)を創り上げるまでの一定期間、色々な症状などが出てくるケースもあると感じます。
そして、このような事は「心の病気」と言われているものだけではなく、肉体的な身体の症状となっている様々な病気にも当てはまるケースもあります。
今回は少し思い切って表現を活発にしておりますが、なぜなら、多くのセラピストやヒーラーなどのお仕事をされている方は、

 

時には・・・世の中では奇跡・・・と言われるような体験を少なからず持っている

 

からです。
勿論、効果を絶対的に保証出来るものではありませんし、100%全ての方に当てはまる訳ではありません。
ただ、現在の医学と抵触するもの(方法)でもなく、補完(代替)療法という形でお手伝いをさせて頂いているのが実状でもあります。