第212回:『 話しづらいお悩みの一つである性(行為)について 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

ところで、多くのお悩みというカテゴリーがある中で、その中には、やはりどうしても他の人には話すのを躊躇われるテーマの一つとして「性(行為)」というものが挙げられます。
このテーマにおいては、どちらかと言えば女性の方に多くなる傾向も見て取れますが、勿論、男性にも当てはまります。

 

そして、女性の方であれば、例えば男性である私のようなセラピストにも話づらいと思われるお気持ちも理解出来ますし、同性同士の女性のセラピストにも躊躇われるという方々も多いものです。
また、比較的男性の方が男性のセラピストにお話をするのは敷居が幾分低くなっているようにも感じますが、男性の方が女性のセラピストに相談するのは、逆に、女性のセラピストの側においても相談者の男性の側においても、最も抵抗が作られているようにも感じております。

そのような傾向を踏まえてかどうかは定かではありませんが、このような「性(行為)」のお悩みについては、

 

男性は自分の中に封印してやり過ごしている

 

というケースが圧倒的に多くもなっています。
そこで、今回は「話しづらいお悩みの一つである性(行為)について」というテーマをお届け致します。

なお、今回は便宜上、最初の方は男性と女性という区別を設けていきますが、このようなテーマは、本来は父性と母性も関係している分野でもあり、また、LGBTの方々や、子どもさんを授かりたいと思っているが、なかなか授からない、あるいは、子どもさんを産むのを望まない方々にも重なってくる部分もございます。

 

故に、今回のテーマにおいても、ここでご紹介するのはあくまで私の個人的見解でもあり、これが全てでも当然ありませんし、あくまで、数ある選択肢の内の一つ、あるいは、一つの提案と捉えて頂いて、皆様ご自身なりのお考えを尊重して下さい。

また、このようなテーマでは誤解が生じるケースもありますが、浮気や不倫の是非、また、善悪の判断を下しているものでもありませんし、見境の無い?自分本意のみの性(行為)の乱れなどを述べている訳ではございませんので、その点もご理解頂ければ幸いです。
そこで、まず、やはり「性(行為)」における深いお悩みの一つには、

 

強姦やレイプ(現在の強制性交等罪)などに関するもの

 

が挙げられます。
これらは犯罪でもあり事件でもありますし、

 

当事者の心身に計り知れない「傷」をもたらすもの(ご家族や知人なども含めてです)

 

でありますので、決して容認や許容出来る範囲のものではありません。
ところで、私が大学生の時に、犯罪や事件性とまでは行かない?ような体験を、女性のお友達や、あるいは、その知り合いの方などのケースも含めて、結構多くのお話を聞いた事があります。
お付き合いしている中でのチョットしたトラブル?的な話し方をされる感じも多かったですが、

 

本心(心の奥底)では・・・恐怖を(今だに)感じている・・・

 

という事が、すぐに見て取れて感じながら聞いていました。
そして、私が聞いたお話の件数だけでも当時はとても驚いたものですが、それ以外の同じような体験を多くの女性の方が(時には男性の場合もあるでしょうが)なされている(なされていた)・・・というのを今になって振り返ってみても、とても痛ましさを感じます。
そして、見ず知らずの人からの犯罪や事件である、強制性交等罪に関する行為は勿論ですが、カップルや夫婦間などの身近な間柄においても、

 

意に沿わないような(性)行為を(強要)された事は・・・大きく深いトラウマとなっている・・・

 

というのは共通しております。
そして、まず、どのようなケースにおいても、最初はゆっくりと心身のケアを行っていく事が必要になりますが、その段階で認知行動療法がなされる場合もあります。