トップページ » モテる要素は・・・魂(心)に?それとも、容姿(外見)に?

モテる要素は・・・魂(心)に?それとも、容姿(外見)に?

こんにちは。
レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

ところで、前回のTOPICS「超難問?な性(教育)の問い ~あなたなら、どう答えますか?~」においては、このTOPICSで取り上げているテーマの中でも、恋愛関係や性に関する事柄が手薄がちになっている旨をコメント致しましたが、恋愛関係のテーマにおいては、

 

詰まる所・・・

恋愛関係も・・・

人間関係の一部・・・

 

とも言えますが、やはり、それだけでは「味気ない」面があるのも事実です(笑)
そこで、今回は、恋愛関係のスタート地点?とも言えるかもしれない「モテる要素は・・・魂(心)に?それとも、容姿(外見)に?」というテーマをお届け致します。

 

そこで、何が普通?で、何が人並み?かは分かりませんが、私自身も、それなりには恋愛経験も積んできましたが、私自身には特段のモテる要素も無いのはちゃんと自覚!もしておりますのと、そのような意味からも、今回はモテるメソッドのご紹介という訳ではありませんし、私自身もそのようなメソッドは知りませんので、もし知っていたら教えて下さい!(笑)

 

そして、そのような観点からも、また、テーマからも既にお気づきかと思いますが、やはり、私自身の「個性」を通してお伝え出来そうな内容として、魂の視点を活用して考えて参ります!
なお、今回の内容におきましては、「女性」「男性」の視点に限られるものでは当然なく、そこでの「本質」においては、LGBTの方々なども同様に活用出来るものでもあります。

 

では、誰かを好きになる、あるいは、好意や思いを寄せるようになる要素としては、様々な見解や見方が存在しているのは間違いございません。
そこには、

 

「心(気持ち)」と「容姿(外見や見た目)」

 

も大きく関与しているのは、長い人類の歴史においても、言わずもがな?でもあるかもしれません。
ちなみに、このような関与は、動物においても当てはまっているのかもしれませんね!?(笑)
そして、このような様々な見方においては、

 

断然「容姿」派!

「心」が通い合わなければ、その先の発展は難しそう・・・

「容姿」派とまでは言わないけど、やはり好みの「容姿」は確かに存在するし・・・

「心」は「容姿(外見や身だしなみ)」に現れるとも言うし・・・

「容姿」だけで恋愛を渡り歩いて来た人には中身(という「心」)がなさそう・・・?

 

など、数え上げたらキリが無い程のご意見が出て来るかと思います。
そのような中でも、それなりの人の実感としては、

 

「心」と「容姿」の比重や割合などの基準を持っている訳ではないけれど・・・

好きになる時には・・・

「心」と「容姿」のバランスが取れている?と感じているからかも・・・

でも、どのようにバランスが取れているのか?と聞かれても答えようがないけど・・・

 

という側面も多いのかもしれません(笑)
誰かを好きになる時に、わざわざ、「心」か?「容姿」か?などの「二者択一」を迫られるものでもありませんし、正解が存在するものでもありませんので、「心」も「容姿」もどちらも大切という無難な意見?に落ちつくのかもしれません。

 

ちなみに、私個人としては、この「二者択一」を「暗に」迫られている?と思われる言葉が浮かんできます。
それが、女性の方には大変失礼ながら「美人は三日で飽きる」というフレーズです(苦笑)
また、映画などにおける「美女と野獣」はそれと反対なのかもしれませんね!?(笑)

そして、このような様々な見方というのは、

 

私達一人一人の個人の内面でも同じ事が起こっている

 

とも言えるかもしれません。
つまり、自分で自分自身の事を振り返ったり評価してみようとする際に、

 

「心(動機)」のみが大事!

「容姿(行動)」のみが大切!

 

といった、「二者択一」までには「(なかなか)割り切れない」という側面です。
そして、このような要素に加え、人それぞれの考え方や、今までの育って来た環境などから、好きになる要素として、年齢や仕事(や収入)、趣味、ご家庭の状況なども含まれてくるかもしれませんし、「心」や「容姿」以上に、このような要素を大切にする方々もいらっしゃるかと思います。
このような事も全ては自由ですので、それで構わないと思います。

 

そして、ここ迄でお気づきかとも思いますが、今回のテーマにおいても、前回のTOPICSと同様に、私にも明確な方向性が見えている?掴んでいる?というものでは全くありません!
なので、ここから先は、杓子定規に捉える必要もありませんし、身を固くして考える性質のものでもなく、魂の視点を少し活用しながらのものでありますので、あくまで、皆さんの考える素材として、気軽にお読み進めてみて下さい(笑)

では、まずは一つ目の魂の視点です。
それは、

 

魂においては「女性」「男性」という「性別(区別)」はない

 

というものです。
でも、このような視点からは次のようなご質問?叫び?嘆き?も出て来るかもしれません。

 

魂に「性別」が存在しないとしたら・・・

この世で深く惹かれ合っている二人(男女に限りません)が・・・

あの世で再会し、(再び)結ばれる事はないの・・・?

 

と。
皆が皆、100%ではありませんが、ちゃんと、あの世で再会し、時には、この世の延長としてあの世でも結ばれるケースは勿論あります(笑)
一方には、他界してからまで、一緒のお墓には入りたくない!という声も聞かれますが(笑)
そして、あの世においては当然の事ながら肉体は存在しない(そもそも必要ない)という事になりますが、しかし、

 

あの世においても・・・

自らの「魂(心)」を表現する為に・・・

(最初の頃のほとんどは)この世と同じように「容姿(外見)」も表現手段として活用する・・・

 

という面が存在しています。
なお、このようにお伝えすると、瀬川は「魂(心)」が大切だ!という方向に持って行きたいのでは!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありませんので(笑)

では、二つ目の魂の視点に移ります。
それは、

 

(この世の)私達は・・・

「肉体」が「魂」を携(たずさ)えているのではなく・・・

「魂」の表現活動(の一部)として「肉体」を活用している・・・

 

という点です。
この「肉体」が「容姿(外見)」と同じ意味です。
つまり、

 

「今、現在」の私達も・・・

あの世に赴いてからではなく・・・既に・・・

「魂」としての表現を活用しながら「人生」を送っている・・・

 

という観点に繋がっていきます。
これは、あの世においては、自らの「容姿(外見)」をどのようにでも、いつでも、自分の好きなように変える事が出来る!という事も意味しております。
ここ迄は、付いて来れておりますでしょうか?(笑)

 

では、三つ目の魂の視点に移ります。
ちなみに、個人的には、この三つ目の視点がモテる要素?の比重の多くを占めているようにも感じます。
それは、

 

魂には「親和力」というパワーが備わっている!

 

というものです。
この「親和力」というのは、「引き寄せるパワー」や「引き付ける魅力」でも良いですし、そこから派生して「協調」という面に繋がってくるものでもあります。
では、何故これがモテる要素?なのかと考えますと、2017年9月16日のTOPICS「本来の意味の「終活」と、あの世という「区別世界」」において、

 

『 あの世とは・・・Lv(レベル)や階層などで区分けされた・・・純然たる「区別世界」・・・ 』

 

とお伝え致しました。
これは、

 

あの世においては・・・

自らの「境地」と同じ(似通った)人との交流しか出来ない・・・

 

という事をも意味しております。
そして、

 

『 あの世ではなかなか交流する事が出来ない様々なLvの人(魂)と・・・

この世であるからこそ、交流する事が出来、切磋琢磨する事が出来る・・・ 』

 

ともお伝え致しました。
では、あくまで仮のケースとして、「今、現在」において、「容姿(外見)」に全く自信が持てない人が、

 

この世では「容姿(外見)」を変える事も出来そうにないし・・・

それでは、この世ではいつまで経ってもモテそうにないから・・・

あの世ではモテモテになるぞ!

 

と決意した際に、果たして、これは可能になると考えますでしょうか?(笑)
では、この点を補足して参ります!
2017年10月7日のTOPICS「私達を悩ます?・・・6つの感情 ~タイムラインセラピーから~」において、次のようにお伝え致しました。
それは、私達の多くが抱えていると言われている感情について、割合の大きい感情から順番に、

 

『  ①「怒り」  ②「悲しみ」  ③「恐怖」  ④「傷心」  ⑤「罪悪感」  ⑥「制限された決定(思い込み)」 』

 

になっている、と。
そして、私個人が感じる、ここ最近の傾向としては、この順番が次のように変わりつつある、、、

 

『  ①「制限された決定(思い込み)」  ②「怒り」  ③「悲しみ」  ④「恐怖」  ⑤「罪悪感」  ⑥「傷心」 』

 

と。
勘の鋭い方は、ここでお気づきになっている方もいらっしゃるかもしれません。
この時のTOPICSでもお伝え致しましたが、再度、コメント致します。

 

現在の傾向として「傷心」が最後の六番目に位置しているのは・・・

「傷心」を経験したくないが為に・・・

自らで人間関係を希薄にしているから・・・

 

という「本質」です。
では、ここでもう一度考えてみます!

 

あの世では自分と似通った人(魂)とのコミュニケーションに限定されるという事は・・・

いくらでも「容姿(外見)」を変えられるという面を活用して、あの世でモテモテになろう!と試みても・・・

コミュニケーションの相手も、同様に「容姿(外見)」を頻繁に変えてくる(可能性がかなり高い)・・・

 

という方向に導かれていきます(笑)
しかし、あの世においても当然の事ながら、恋愛を体験する事は可能です!
そして、これも2019年5月4日のTOPICS「「令和」という時代を魂の視点で描いてみる」で、もうハッキリとお伝え致しますがと宣言した通り、

 

『 「心(精神)」が「主」であり、「身体」は「従」である 』

 

と、さらに、

 

『 「主」と「従」の関係というのは・・・「上下」や「優劣」という関係ではなく・・・

「主」を存在たらしめているのは「従」でもあり・・・
「従」を存在たらしめているのは「主」でもある・・・ 』

 

と。
そして、これは今回のテ-マにおいては、

 

「主」=「魂(心)」・・・?
「従」=「容姿(外見)」・・・?

 

とも捉える事も可能ですが、

 

「魂(心)」を奮い起こす事で、「容姿(外見)」における新たな洋服やメイクや髪型にチャレンジしてみる!

 

という事も可能になりますし、

 

「容姿(外見)」における新たな洋服やメイクや髪型をしてみる事で「魂(心)」が奮い立つ!

 

という事も可能になります。
そして、「主」と「従」という関係性を深めて活用してみると、

 

「魂(心)」を輝かせれば・・・

自ずと・・・

「容姿(外見)」もそれに従ってくれる(付いて来てくれる)・・・

 

とも表現出来ます。
勿論、この世においては、「魂(心)」を輝かせたからと言って、即座に好みの「容姿(外見)」に変化する訳ではありません(笑)
ただ、このような現象は、最近ではよく耳にするようになった、

 

あの人にはオーラがある!

 

という事を言い当ててもおります。
昔であれば、「貫禄がある」「威厳がある」などの表現でもありました(笑)
つまり、

 

「魂(心)」を輝かせると・・・「親和力」がパワーアップする!!!

 

という事に繋がっていきます!
では、どうやって「魂(心)」を輝かせるのかと言いますと、一番簡単なのが、

 

ワクワク感や心地よさを感じる事を大切にし「行動」に移す!

 

という事です。
そして、この「行動」というのが、

 

様々な人(魂)と交流出来るのは、この世であるからこそ可能となる!

 

という事でもあります。
この辺りを、ポジティブな表現?を活用すると「宝クジは買わなきゃ当たらない」とも言えるかもしれませんし、ネガティブな表現?を活用すると「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」と言えるのかもしれません!?(笑)

勿論、ワクワク感や心地よさを感じる「行動」においては、趣味やスポーツや料理など、ご自身が好きなものや興味があるものも当然ながら含まれます(一人で行える可能な事も立派な「行動」に含まれます)!
ちなみに、交流可能と言っても、ストーカー行為などは絶対に駄目ですよ!

 

また、近頃において結構多いのが、恋愛関係に発展してみようとする際に、「世間体」や「相手との釣り合い」を考え過ぎてしまう人も増えております。
これも最近ではある意味、もう時代にそぐわない古い考え方と思われるようになってきたものが、再度、考え過ぎてしまうという「揺り戻し」の現象でもありますので、その「落とし穴?」に陥らないよう、そのような際には、「ニュートラル(中立)」という視点を活用して、「考え」そして「行動」に移してみて下さい。
そして、先ほどの、新たな洋服やメイクや髪型などの例えにおいても、

 

チャレンジしてみよう!という湧き上がる気持ちは・・・

「主たる魂(心)」でも「従たる容姿(外見)」でも・・・

どちらにも「共通」し当てはまる事!

 

でもあります。
「鶏が先か?卵が先か?」ではありませんが、

 

この「共通」というのは・・・

どちらも「同時に成り立つ(成り立たせる)」事が可能!

 

という意味であります。
ここ迄において、ほらほら!瀬川はやっぱり「魂(心)」が大切だ!という方向に持って行きたいんだ!と思われる方がほとんどかもしれませんし、ここでは、それも強くは否定は致しません(笑)

なぜなら、、、私も「容姿(外見)」には自信がないからこそ、それを補う為にも「魂(心)」を活用するからです(笑)
ただ、今回のテーマのような「二者択一」を私は選択しておりませんが、その意味は最後にお伝え致します!
そのような私の「容姿(外見)」の冗談?はともかくと致しまして、

 

「本当の自分の容姿(外見)」は「自分」では見る事が「不可能」でもあり・・・

「他の人」が「あなた(という多種多様な側面)」を見る目は「無限」にある・・・

 

というのが真実でもありますので、あなたなりのモテる要素を色々と考えて「表現」してみて下さい!
なお、今回のテーマにおいては「容姿(外見)」が出て参りましたが、美容整形などの是非を問うている訳では全くありませんので、ご了承頂ければ幸いです!

ちなみに、ここ最近のTOPICSにおいては、過去のTOPICSも敢えてご紹介する機会が増えておりますが、これはネタ切れだからではありません(笑)
それは、

 

一見すると違って感じる状況やケースにおいても・・・

そこでの当てはまる「共通点」を見つけようと試みる事が・・・

「統合」という意味でもある・・・

 

からです。
そして、今回初めて、このTOPICSをたまたま?見つけたという方も、

 

「親和力」が働いたから!?

 

かもしれません(笑)
そして、全てに対応可能という訳にはいかないかもしれませんが、もし、興味のあるテーマなどがございましたら、メールでも構いませんのでご一報下さい!
なぜなら、

 

「あなた」が興味や関心を持っている事柄というのは・・・

必ず「他の人」にも当てはまり、興味や関心を持っている「他の人」が必ず存在しているからでもあり・・・

これが・・・「親和力」!!!、、、というものです(笑)

 

そして、先ほど最後にお伝え致しますとコメントした、今回のテーマの裏に隠されているもの、それは、

 

人生の全てが「二者択一」ではなく・・・

時には・・・あるいは・・・疲れなどを感じた時には・・・

自分にとっての静かな「隠れ家(逃げ場)」を設ける事をしても良い・・・

 

という意味合いです(笑)
これも、2019年のキーワード「3(という数字)」にも繋がっております!

2019年5月18日 02:05

«

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ