トップページ » 人間は魂が無くとも生きられる?

人間は魂が無くとも生きられる?

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

早々と梅雨明けした地域もありますが、大雨による甚大な被害が出ている場所もございますので、どうぞ充分にお気をつけ下さい。
ところで、今回は「人間は魂が無くとも生きられる?」との、突拍子もない?テ-マをお届けして参りますが、

 

私にも「正確」な所は分からない(笑)

 

という点を踏まえてお読み頂ければ幸いです!
そこで今回は、内容に一本の筋を通すものではなく、フィクションでもあるようなノンフィクションでもあるような、バイキング形式の料理のようにメニュ-を並べていきますので、どれでもお好きなものを召し上がるような感覚で楽しんでみて下さい(笑)
それでは進めて参りますが、まず、スピリチュアルな観点においては、

 

胎内にいる時の赤ちゃんの状態においては、魂は(しょっちゅう)肉体からの出入りをしている

 

と言われております。
これは、正直な所、

 

(胎内にずっといるのは)退屈だから

 

とも言われております(笑)
勿論、この間は、肉体に馴染んでいく時間でもありますし、ご家族の状況などを事前に学んだり、これからの人生を考える時間ともなっています。
が、しかし、この時点での魂における思考能力のスピ-ドは想像を絶するほどの速さですので、手持ち無沙汰で、退屈になる気持ちも何となく分かるような気もします(笑)
そして、この時には、同じような胎内にいる他の魂との遊びの交流などもしていると言われています。
ちなみに、妊娠時における「つわり」が辛い状況の時は、母親と赤ちゃんの個性に違いが多くある為に、両者のオ-ラを融合させる過程で「つわり」という症状に出やすくなる、とも言われております。

 

そして、このように胎内においては頻繁に魂が出入りしているそうですが、この状態は、産まれた後もしばらく続いています。
概ね2~3歳頃から、出入りの回数は減っていきますが、肉体と魂が合致するおおよその年齢は5~6歳頃とも言われており、このように合致した頃には、徐々に赤ちゃんの時の魂の出入りの記憶も共に失われていくとされています。
ちなみに、前世の記憶を忘れていくのも、同じ5~6歳頃からという研究報告もされています(笑)

 

さあ、今回はバイキング形式ですので、話題がドンドン飛びますよ!!!
次は、このTOPICSでも何度かご紹介している、二人の兄弟と悪魔との対決を描いた「SUPERNATURAL(ス-パ-ナチュラル)」からです。
弟であるサムは、悪魔のルシファ-と天使のミカエルとの最終決戦を防ぐ為に、

 

地獄の檻(おり)の中にルシファ-とミカエルを封じ込むべく・・・

彼ら二人を道連れに・・・

地獄の檻へと自らも共に落ちていった・・・

 

との状況になりました・・・が、しかし、何かしらの力の源により、サムはこの世に引き戻されました。
しかし、この世に引き戻されたのは、

 

サムの肉体であり・・・

サムの魂は地獄の檻の中に・・・

閉じ込められたままで・・・

 

という状態でした。
しかし、その戻ってきた肉体のサムにおいても、魂としてのサムの記憶や個性も若干残っていました。
しかし、時が経つにつれ、サムからは、

 

理性が失われていき・・・

行動や言動が粗野で凶暴になり・・・

感情のみ(感情優位)で全てを判断行動する・・・

 

ようになっていきます。
様々な取り組みの末、地獄の檻からサムの魂を救い出す事に成功し、肉体と魂が再び合致したサムは、少しづつ記憶も取り戻していきます・・・が、しかし、

 

肉体のサムが行ってきた(粗野で凶暴な)行動や言動を思い出すにつれ・・・

自分(魂としてのサム)を責めるようになり・・・

心が辛い状況に陥っていきます・・・

 

さあ、では、旅を続けて行きます!!!
「死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」」(著:マイケル・ニュ-トン博士、訳:澤西康史)という本があります。
これは副題として「退行催眠による「生」と「死」の間に起こること、全記録」というのが付されておりますが、通常、退行催眠というと、前世療法や幼少期のトラウマ改善などの為の年齢退行療法(インナ-チャイルド療法)が思い浮かびますが、この本による退行催眠では、

 

魂・スピリットとしての、あの世での日常生活

 

を探っていた結果が記録されたものです。
ちなみに、ヒプノセラピ-(催眠療法)においては、「全ての催眠は自己催眠である」という本質があるため、ある種の準備が出来ていたり、怖れが少ないケ-スなどにおいては、このような突拍子もない?セッション内容も可能になります(笑)
そして、魂が再びこの世に産まれて来ようとする、あの世での作業(過程)において、多くの被験者からの声の結果、博士は次のような傾向があると考えます。

 

(これから産まれようとする)人生の選択の場では、私達の魂は、同じ時間のサイクルの内の一人かそれ以上の候補者の人生を下見する

 

と。
そして、博士と、ある被験者の元で、次のようなセッション中の会話の記録があります。
なお、この内容は、あくまで、この被験者独自の悩みの状況の改善の為にも行われている点を踏まえてお読み下さい。

 

博士:魂は支配的なのか、それとも、人間の頭脳に従属しているのか、どちらなんですか?

被験者:それぞれの肉体によって頭脳も微妙に違っているために・・・その肉体を通じて自分を表現する仕方も違ってきますから、それに答えるのは難しいですね。人間は、私達(魂)が宿っていなかったら全く空っぽです・・・それでも、私達(魂)はこの世の肉体を敬意を持って扱いますけどね。

博士:人間は魂がなかったら、どんな風になると思いますか?

被験者:そうなったら感覚や感情に支配されているでしょうね・・・

博士:しかも人間の頭脳によって、あなた(被験者)の反応の仕方も変わってくるという事ですね?

被験者:そう、今の私(魂)にとって・・・他よりも扱いやすい肉体というものもあります。いつも完全にその人間に結び付いていると感じる訳ではありません。ある種の肉体的な感情は圧倒的で・・・私(魂)に出来る事は少ないんです。

 

、、、、、、、、、、

 

博士:正直に言って、あなたは〇〇(被験者)の身体の中で、まるでよそ者のように振る舞っていますね。

被験者:そういう印象を与えるのだとしたら残念な事です。私達(魂)は人間の心をコントロ-ルしません・・・私達(魂)は自分の存在によって・・・彼ら(人間)の心を高揚させ・・・世界の意味を理解して道徳に受容的になれるように・・・理解をもたらすようにしているんです。

博士:それは結構な事ですが、あなた(被験者)は人間の肉体を自分(魂)の進歩のためにも使っている訳でしょう。

被験者:もちろん、それは・・・両方(魂と人間)が混じり合っていて・・・自分(魂)のエネルギ-を通じて与えると共に、受け取ってもいる訳ですけどね。

博士:自分(魂)のエネルギ-を宿主(人間)に合うように調整しているという事ですか?

被験者:それぞれの肉体の感情的な傾向に合わせて、異なった表現の仕方を選んでいると言ったほうがいいでしょうね。

 

さあ、摩訶不思議?な会話が繰り広げられておりますが(笑)、この著書の博士は、このテ-マについて、以下のように自分の説を述べております。

 

魂は人生で、人間の脳細胞と魂の知性的なエネルギ-の共生を通じて、精神的な恩恵を与えもするし受け取りもします・・・

永遠の意識が呼び覚ます深い感情が人間の感情と結び合わされて、一つの性格として表現される事、これが自然な状態です・・・

いちいち人生の経験に応じて自分を変える必要はなく、それらの出来事に対する否定的な反応だけを変えればいいのです・・・

しかしながら、行動の特徴にのみ基づいて性急に魂の成熟度を測る事は危険です・・・

 

と。
では、考古学と医学の旅に飛んで行きましょう!!!
今からおよそ30万年前、新人:ホモ・サピエンス(今の私達という人間・人類)より早く、ヨ-ロッパに進出した人類がいました。
それは、

 

旧人:ネアンデルタ-ル人

 

です。
しかし、およそ4万年前に、ネアンデルタ-ル人は、突如、地上から姿を消してしまいました。
その理由は判明しておりませんが、環境の悪化、病気の蔓延、他のホモ・サピエンスとの闘争、などの様々な説が考えられております。

そして、2010年に、マックス・プランク研究所という所が、クロアチアで発見されたネアンデルタ-ル人の化石からDNAを復元する事に成功しました。
この事により、ネアンデルタ-ル人のDNA配列が明らかになり、その結果、ネアンデルタ-ル人とホモ・サピエンスは、お互いに交配可能である事が分かりました。
そして、現在の世界中の人々のDNAとネアンデルタ-ル人とのDNAを比較した結果、

 

アフリカ以外に暮らす人々には、2%以内のネアンデルタ-ル人のDNAが含まれている

 

という事が判明しました。
勿論、私達日本人にも含まれています(笑)
では、最後に少しだけ地球を離れ、科学と宇宙の世界に飛んで行きますよ!!!
そこでまず、

 

私達の意識と身体(肉体)は、常に、振動し続けている

 

というのが定説になっています。
そして、神でも仏でも呼び方は何でも自由で良いのですが(笑)、

 

私達人間の意識(と身体)の振動数より・・・

遙かに高い意識の振動数を持った存在に・・・

私達人間が直(じか)に出逢ってしまうと・・・

その振動数の幅や大きさなどの違いにより・・・

私達人間の身体(肉体)は焼き尽くされてしまう・・・

 

という説があります。
これは、以前のTOPICSにおいても登場頂いた、地球外生命体のバシャ-ルも書籍において似たような事を話しています(笑)
そして、このような理由からも、

 

地球外生命体と地球人が出逢うには・・・

人類(の肉体にも)に多大な影響を及ぼさぬよう・・・

慎重な検討を要するため・・・

なかなか(直接)出逢う迄には至ってはいない・・・

 

と(笑)
ちなみに、書籍などにおいては、少なくとも今では、地球を侵略しようとする地球外生命体は存在しない!とも言ってます(笑)

さあ、今回の突拍子もない?バイキング形式のお料理は如何でしたでしょうか?
少しは消化出来そうでしょうか?あるいは、軽い食あたりを起こしそうでしょうか?(笑)
今回は最初にお断りした通り、私にも「正確」な所は分かりませんし、結論がある訳でもありませんので、魂が無くとも人間は生きられるのか?あるいは、魂が無いと人間は生きられないのか?は、皆さんの自由に考えてみて下さい!

 

ただ、次の点は少し真摯な姿勢でお伝えしたいと思います。
現在でも、数多くの方が不妊治療などに取り組んだりで、肉体的にも精神的にも辛い体験をされている方も多いかと思います。
また、経済的な理由から子どもを授かる事を断念せざるを得ないという方もいらっしゃるかと思います。
そのような点を踏まえた上で、今回ご紹介致しました、様々なお話を考えてみると、

 

今現在の日本や世界を眺めて・・・

本当に魂の学びとなり得るような・・・

そのような状況に、果たしてなっているでしょうか・・・

 

よろしければ、このような観点も含めて、お子さんを授かりたいと思っていらっしゃる方は、

 

安心して産まれて来て大丈夫だよ!

 

との、お声掛けもしてみて下さい。
そして、ここからは自戒も込めて、皮肉たっぷり?のお話を一つ致します(笑)
先ほど、遙か高い意識の存在と出逢うと、どうなるのか?という説をお伝え致しましたが、

 

私達のほとんど多くが日々成長している

 

というのも真実です。
勿論、成長のペ-スは人それぞれですし、マイペ-スで全然構いませんし、それで大丈夫です!
そして、このように私達の意識が成長していくに連れ、

 

実際の私達の肉体も、その成長に適合するために日々変化している

 

と言われております。
そして、ここからが皮肉です!

 

自分の意識が成長する事により・・・

自分の身体(肉体)が燃え尽きてしまうほどの・・・

そのような速度と幅の深い成長を・・・

この世で遂げる事は・・・

 

ほぼほぼ、ほぼほぼありませんので、自分が成長し過ぎて、この世での自分の身体(肉体)が燃え尽きてしまうのでは!?との心配も、ほぼほぼ無用です(笑)
ただ、次の事は頭の片隅にでも置いてみて下さい。

 

意識というエネルギ-の「高低」は・・・「優劣」「善悪」という意味合いではない

 

という点です。
私達の成長という側面には「エゴとのバランスの取り方を学ぶ」という点も含まれておりますので、あまりにも「優劣」や「善悪」に捕らわれ過ぎそうになっている際には、あなたの中の「エゴ」と、感情ではなく理性を持って対話してみて下さい(笑)
そして、

 

私達は誰もが・・・唯一無二のユニ-クな存在

 

ですが、「エゴ」がバランスを崩すと、

 

自分だけが特別で優れた存在

 

との方向に偏っていきますので、ご参考までに!

2018年7月7日 01:07

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ