ナッツリターン事件とカプチルに学ぶ「幸せな人はイジワルしない」

第499回:『 ナッツリターン事件とカプチルに学ぶ「幸せな人はイジワルしない」 』

【 その他参照ワード:大韓航空、財閥解体、差別、パワハラ、モラハラ、いじめ 】

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング・各種セミナー&認定講座)の瀬川です!

韓国で起きたナッツリターン事件は記憶にある人も多いかもしれませんし、今年は事件から10周年!?という事もあってか色々な番組で取り上げられる機会も増えているようです!

そして、前回のTOPICS『 アイヌ民族や文化からベールの先を見透かしてみる ~アイデンティティの統合~ 』の締め括りでは、

 

〖 国が違えども世界各国では《 共通の出来事 》が多々存在しており、それを引き起こしているのは同じく《 人間 》である 〗

 

とコメントしましたが、果たして現在の日本の世の中や社会を見渡した時に、ちゃんと《 反面教師 》として学んで来たのだろうか、、、という点に関して、どうにも心許(もと)ない感は否めません、、、

 

では、この事件を知らなかったり、記憶が薄れていたり、そもそも現場で起こっていた《 実態 》は詳しく知らない人も多いと思いますので、ここから『 アナザーストーリーズ 』(NHK)という番組の「韓国 ナッツリターン事件の衝撃」の回を素材として少し眺めてみます!

 

 

【 事件の発端 】

ナッツリターン事件は2014年12月5日の出来事で、その舞台となったのがニューヨークにあるジョン・F・ケネディ国際空港です。

韓国に向かう大韓航空の機内の中で、大韓航空の財閥3世であり同社の副社長でもあるチョ・ヒョナが搭乗していたチーフ・パーサーを飛行機から降ろす為に、離陸直前の飛行機を引き返させました。

ちなみに、この事件によりチョ・ヒョナ氏は副社長を辞任し、航空保安法違反等で起訴されるものの、航空保安法違反という大きな罪は問われず、機内での暴行と業務妨害の罪で「懲役10ケ月、執行猶予2年」の判決に《 留(とど)まり 》ました。

では、その機内で何が起こっていたのかを見ていきます!

 

【 機内で行われていた実態 】

ファーストクラスに搭乗していたチョ・ヒョナ氏に客室乗務員が袋のままのナッツを提供した事でチョ・ヒョナ氏は激怒し、客室を取り仕切るチーフ・パーサーを呼び付け客室乗務員共々に土下座させ、激しい叱責や罵詈雑言を浴びせた事に加え、暴力までも振るいました。

ちなみに、ファーストクラスでは別の客一人も搭乗していて、記者の取材に対し出来事は事実であると証言しています。

そして、今回の事件のもう一人の主人公、、、と言うより、一番かつ最大の被害者がチーフ・パーサーであったパク・チャンジンになります!

 

実は、袋のままのナッツを提供したのは乗客のアレルギーの有無などを考慮し、かつ乗客の意向を聞く為に少し前に改訂されたマニュアル通りの対応でしたが、パク・チャンジン氏がその理由を懇切丁寧に説明してもチョ・ヒョナ氏は取り付く島もなく「お前の責任だ! お前が(飛行機を)降りろ!」との言葉を恫喝するかのようにパク・チャンジン氏に投げ付けました。

パク・チャンジン氏は自分一人が責任を取って済むならばそれで良い」と考え飛行機を降りる事にします、、、

 

【 事件直後の裏舞台 】

すったもんだの末に飛行機は搭乗ゲートに一端戻され、その後24分遅れで離陸しますが、後に事実が判明するや否や、韓国のマスメディアで大々的に取り上げられチョ・ヒョナ氏は調査を受ける事になります。

しかし、大韓航空は「(チョ・ヒョナ氏の)暴言も暴力も事実では無い」と発表し、更にパク・チャンジン氏に対して「事実が明らかになるとオーナー一家(チョ氏一家)の機嫌を損ねてしまうので、事実とは違う事を述べるように」と命令します。

複雑な思いをパク・チャンジン氏は抱えながらも、40代になっている自分が会社を辞めても何も出来ないと考え、この時は会社の命令に従い、社内での自分の立場を取り戻していこうと気持ちを切り替えました。

 

【 大韓航空の混乱 】

しかし、混乱の収拾が付かず大韓航空は謝罪のコメントを出しますが、それと同時に「(チョ・ヒョナ氏は)機内サービスの責任を負う役員として問題提起と指摘をした事は当然の事」と擁護するコメントも発表し、これが火に油を注ぐ結果となり、チョ・ヒョナ氏の父親であり、ハンジングループの会長であるチョ・ヤンホ氏がマスコミの前で謝罪する事態となります。

このような状況を見るに見かねたパク・チャンジン氏は意を決してテレビ番組に出演し真実を訴える行動を起こした事により、パク・チャンジン氏の姿勢に対し視聴者から多くの応援の声が寄せられます。

では、ここで少し韓国の社会背景とパク・チャンジン氏の経歴(経緯)ついて眺めてみます!