朱に交われば赤くなる事の危険性

第420回:『 朱に交われば赤くなる事の危険性 』

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング)の瀬川です。

お盆休み期間でもあり、終戦祈念日も間近でもあり、今年はウクライナとロシアの戦争も起こり、未だに終息も見えない状況です。
また、世界各地では内戦も含め、常に何かしらの紛争が絶えない状況であるのも事実です。
そこで今回は「朱に交われば赤くなる事の危険性」というテーマをお届け致しますが、私はこのTOPICSでは、これ迄あまり戦争そのものに関しては取り上げて来ておりませんでした。
なぜなら、

 

物事や出来事は大なり小なりそれぞれを「反映」している・・・

 

との視点から、

 

戦争における「本質」も・・・

私達の日常の身の回りの出来事に必ず「反映」されている・・・

 

からです。
そして、テーマでは《 危険性 》と銘打っておりますが、

 

朱に交われば赤くなるとの言葉には・・・

善悪功罪「両面」の意味が備わっている・・・

 

というものです。
これも、このTOPICSでお伝えしております、「(過度な)二者択一」に陥らないように、、、との「反映」となっております。
そして、これも繰り返しで恐縮ですが、特にここ最近のTOPICSにおきましては、

 

最も問われるのは「真の動機」がどこにあるのか・・・

 

という事になります。

では、ここからは2021年8月に放映されたNHKスペシャル「 銃後の女性たち ~戦争にのめり込んだ “普通の人々”~ 」という番組を素材として活用致しますが、

 

私達の日常の身の回りの出来事における「真の動機」・・・

 

という点を頭の片隅にでも入れてお読み進めてみて下さい。
そこで最初に、

 

《 銃後 》とは戦争などにおいて・・・

「直接的」な戦闘などには加わらないが・・・

「間接的」な後方支援などに携わる事・・・

 

という意味になります。

では、進めて参りますが戦前・戦時中の日本において、会員数は1千万人とも言われる国防婦人会という組織がありました。
この国防婦人会は大阪の港町で誕生し、当時では日本国内における最大の女性組織でもありましたが、いわゆる普通の主婦達が所属し、近隣の女性達に戦争への協力を求め、熱狂的に兵士達(息子達など)を戦地に送り出していったとされています。
ただ、何故、このように《 のめり込んでいって 》しまったのかは、これ迄の所あまり調査もされて来ておりませんでした。

そして、活動内容としては、例えば戦争を《 経済面 》から支える為に地域ぐるみで国債を購入したり、戦死者が出た家を訪れては《 英霊 》と称える活動などをしていたりなど、言わば《 物心両面 》で戦争の後方支援をしていたという事になります。