「長い物には巻かれよ」の真意 ~ヒトラーの予言者ハヌッセンの数奇な人生より~

第374回:『 「長い物には巻かれよ」の真意 ~ヒトラーの予言者ハヌッセンの数奇な人生より~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

ところで、今回は「「長い物には巻かれよ」の真意 ~ヒトラーの予言者ハヌッセンの数奇な人生より~ 」というテーマをお届けして参りますが、予言や占いや霊能力などを取り上げる訳ではありません(笑)
特に今回は、

 

どこか遠い国の・・・遠い過去の・・・物語・・・

ではなく・・・もしかしたら・・・

「今」も「現在進行形」の何か・・・

 

かもしれない!?という視点(意識)で読み進めてみて下さい。
なぜなら、

 

物事や出来事には・・・

過去、そして、現在、そして、未来という・・・

「繋がり」と「重なり」という「反映」がある・・・

 

からです。
とは言いましても、肩肘張る必要もなく、まずはリラックスして、映画を観るような感じで大丈夫ですので(笑)
そこで、まず最初に『 広辞苑(第六版) 』(岩波書店)では《 長い物には巻かれよ 》の言葉は次のように定義されております。

 

《 目上の人や勢力のある人には争うより従っている方が得である 》

 

では、今回はダークサイドミステリー(NHK BSプレミアム)という番組の『 “ヒトラーの予言者”と呼ばれた男 謎の霊能力者ハヌッセンの野望 』を素材として進めて参ります!

今からおよそ90年前、予言や占いや交霊術や催眠術やイリュージョン(マジック)を操り、第三帝国の予言者と呼ばれたエリック・ヤン・ハヌッセンという人物がいました。
なお、S.Light.Mで行っておりますのは「催眠療法」ですので誤解の無きようお願い申し上げます(笑)

ハヌッセンは1889年6月2日、オーストリアのウィーンで生まれ、貧しい地域で幼少期を過ごしました。
このハヌッセンの出生証明書には「ヘルマン・シュタインシュナイダー」と記されており、父親は旅役者で、母親も同じ舞台に立つ歌手でした。
そして、このハヌッセンという名は北欧風の芸名として使っていました。

 

では、時を少し先取りしますが、ハヌッセンは1930年の41歳の時に自叙伝『 私の生命線 』を出版しており、その中に次の一節があります。

『 父親は何の役にも立たない貧しい悪魔だった。
  私の子ども時代は決して楽ではなかった。
  私は英雄になりたかった。 』

この自伝によると、ハヌッセンが9歳の頃に近所の人々を前にして初めての予言をしたと記されています。
それは、工場に指名手配犯のギャングが潜んでいるとのお告げがあったので、その工場に火を付けギャングを追い出すとのものでした。
そして、実際に火を付けた所、工場からギャングが逃げ出して来たとのものでした。
ただ、ハヌッセンの研究者によると、この話は作り話(嘘)であり、今で言う所の「(過剰な)承認欲求」が強い傾向があったのであろうと分析されているそうです。