「やってる感」と「やった感」の違い!? ~私の受験体験から(笑)~

第341回:『 「やってる感」と「やった感」の違い!? ~私の受験体験から(笑)~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

(第1日程の)大学入学共通テストも終了し、高校なども含め本格的な受験シーズンとなって参りますが、本年の受験におきましては、コロナ禍という状況でもあり、受験生ご本人様は勿論、親御さんやご家族等の方々におかれましても、大変な神経やお気遣いをなさっている方々も多い事と思われます。

そして、私も毎年、今頃の時期になりますと、受験当時の自分の事などを「振り返って」みたり、「想い出して」みたりなど、色々な思いを巡らせたりもします(笑)
また、前回のTOPICSにおきましては、聖職者(神父)による性的虐待事例などを取り上げ、かなり重めのテーマや内容でもありましたので、今回は「「やってる感」と「やった感」の違い!? ~私の受験体験から(笑)~」というテーマをお届けして参ります!

 

そこで、そのような今回のテーマでもありますので、ほとんどの内容が雑談や余談!?のような感じで進めて参りますのと、瀬川の自慢話!?苦労話!?などの捉え方やご感想をお持ちになられる方々も少なくない!?とも考えられます(笑)
また、今回の内容をお読みになって頂いても、成績がアップする!!!ような効果は全くありません(笑)
そして、カウンセリングなどに限らずとも、お仕事の関係、また、身近な人間関係などにおきましても、

 

お互いの「人となり」を知る(少しでも理解しようと努めてみる)事は・・・

「信頼関係(ラポール)」の醸成(構築)に「繋がって」「重なって」いく!!!

 

ものでもありますので、今回は「私(瀬川)自身」の経験を素材としておりますが、是非、「皆さん自身」の「人となり」を「振り返り」「想い出す」キッカケや、「コミュニケーション」の助力にでもなれば幸いです!

そこで、まず、私は大学受験に関しては2年間の浪人生活を送っておりますので、計3回の大学受験経験があるという事になります(笑)
そして、年齢を「重ねる」ごとに感じるのは、

 

当時の「経験」や「時間」というものは・・・

かなり「(濃)密」だったなぁ・・・

 

というものです。
早くも、何か説教臭くて、おじさんが話したがりそうな内容になるの!?と思われているかもしれませんが(笑)
そして、先ほど「人となり」という言葉を用いましたが、この響きには、当然ながら、その人の「あらゆる面」が含まれる事になりますが、

 

「人となり」を醸成(構築)していく過程において・・・

「経験」や「時間」というものは・・・

(その人に)多大な影響を与えているのも「真実」である・・・

 

という側面は、かなり大きいものです。
私自身におきましても、「当時と」変わっていない面もありますし、「当時より」は幾分かでも変化?成長?してきた面もあるかな!?とも「同時に」感じたりもします(笑)
では、ここからは「徒然なるまま」に、私の脳裏に浮かんできた事柄をそのまま書き連ねて参ります!