第319回:『 KAGRA(カグラ)から学ぶ感性の研ぎ澄まし方 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

ところで、唐突の手前味噌で大変恐縮ですが、S.Light.Mで行っているカウンセリング等につきましても、また、各種認定講座やセミナーや体験会におきましても、私がお答え出来るものは包み隠さず何でもお答えする!!!という事を、「真の動機」を踏まえた上での柱として位置付けております(笑)
そして、特に複数人での認定講座やセミナーや体験会におきましては、次のような趣旨を大切な点としてもお伝えしております。
それは、

 

「他の人」がする質問においても・・・

どこかで必ず「自分」と「繋がって」そして「重なって」きますので・・・

出来る範囲内で構いませんので・・・

「自分(の事)」として「捉えて」そして「考える」ようにしてみて下さい・・・

 

と。
と言いますのも、確かに「他の人」の質問などにおきましては、「自分(の事)」としては既に経験済でクリアしている(乗り越えて来た)、あるいは、「他の人」と「自分(の事)」とでは(育ってきた)環境などや考え方も全く違うという事もよくありますし、それは自然な事でもあります。
ただ、

 

この先の「あなた」において・・・

「他の誰か」からの相談に乗る(持ちかけられた)際に・・・

(先の「他の人」と)「同じ内容(の質問)」を問い掛けられる事が増えていく(可能性が出てくる)・・・

 

という出来事が多くなっていくのは、この世の七不思議!?のように、結構頻繁に起こる事でもあります(笑)
そして、あの時(「他の人」が質問した時)にちゃんと自分なりに「捉えて」そして「考えて」おけば良かった!!!と振り返る人が多いのも、私自身の経験からも事実です(笑)

 

そして、私がお答え出来るものというのは、例えば、医師法などで禁止されている医療に関する事や、また、弁護士法などで禁止されている法律案件などには(率直に)お答え出来ない場合も勿論あります。

しかし、そのような時でも、「私(瀬川)」であれば、このように「捉え」、そして次のように「考える」かもしれません、などのお答えはさせて貰っております。

なぜなら、例えば、私自身は行政書士という仕事をしてきた側面(経験や知識)もありますし、また、医療におきましては父が医師である事も含め、私自身も病気や怪我で何度も手術を含め入退院をした事(勿論、当時においては、したくはなかった経験というのも本音ですが(笑))もありますし、あるいは、他のクライアントの方々のお話(経験)などから、少しでも有益な方向性へ導き出されるような面がありそうな時には、そのクライアントの方々から教えて貰った内容をお伝えしたりも致します。
そして、ここには、

 

あらゆる「全て」の事象を・・・

「自分」だけで「経験」する事も出来ないし・・・

また、そのような「経験」をする必要性もない・・・

 

その為にも・・・

「他の人」の「経験」を・・・

「自分(の事)」として「捉え」そして「考える」事が出来れば・・・

それは「自分」にとって、とても役立つものとなる!!!

 

からです。
これがこのTOPICSで幾度もお伝えしております「想像力」の活用という意味合いでもあります。

そして、例えば、私はペットなどを飼っておりませんが、動物などを飼って育てていらっしゃる方々の経験談や智慧や創意工夫などを教えて貰うのは、「他の面」において私自身としても大いに参考になり役立てているものも多々あります(笑)
そして、この「なぜなら~」というのが、