第317回:『 コロナ禍の(お盆時期の)供養から「今」を考える ~魂の視点も含め~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

多くの方もお盆休みに入った頃合いかと思われますが、新型コロナウイルスの影響により、今年のお盆時期の帰省やお墓参りも、ままならない状況にある方々がとても多い事と思います。
私も例年であれば帰省する友人等と夏に開催しているクラス会や同窓会も開催出来ない状況でもありますし、お酒も好きな私ですが、3月中旬から外での飲み会も控えている状態も続き、前回のTOPICSでのパンドラの箱のように、開けてはいけない!やってはいけない!と言われるとストレスを感じてしまうのは、私も皆さんも同様かもしれませんね!?(笑)

 

そこで今回は「コロナ禍の(お盆時期の)供養から「今」を考える ~魂の視点も含め~」というテーマをお届けして参りますが、お休み期間中でもあり、ドンドン気温も高い状態が続いておりますし、長々としたTOPICSで皆さんにストレスを与えてしまっては本末転倒でもありますので、この先は出る限り簡潔にお伝えして参ります!!!、、、と思っておりますが(苦笑)

ところで、「コロナ禍の(お盆時期の)供養」と銘打っておりますが、このTOPICSでも幾度かお伝えしております供養と同様に、そこにある「本質」は、それと変わるものではありません。
ただ、前回のTOPICSでは「「今」しか見られない景色というものがあり・・・」ともコメントしておりますが、

 

「今」しか伝えられない・・・

と言うより・・・

「今」だと伝わりやすい(かもしれない)・・・

 

という点にポイントを置いております(笑)
では、進めて参りますが、普段の供養と、コロナ禍の供養に違いはあるのか!?を、まず最初に眺めてみます。

まず、普段の供養においては、

 

「(故人への)思い」 → 「行動(作為)」 → 「言葉」 → 「(自分の中の)思い」

 

という流れ(ケース)が多いかと思われますが、コロナ禍の供養においては、

 

「(故人への)思い」 → 「行動(不作為)」 → 「言葉」 → 「(自分の中の)思い」

 

という流れ(ケース)が多くなる事と思います。
そして、ここで皆さんもお気づきかと思いますが、ここでの違いは、

 

「作為という行動」と「不作為という行動」

 

にあります。
これは、

 

普段の供養であれば、お墓参りなどの「作為という行動」となり・・・

コロナ禍の供養では、自粛などの「不作為という行動」となる(多くなる)・・・

 

という意味合いです。
そして、前々回のTOPICS「後半:「過去」のTOPICSを「繋げて」「重ねて」、そして「未来」を「創造」してみる」におきましては、

 

『 「今」とは「過去」からの「何か」が「反映(創造)」されているものであり・・・

「未来」とは「今」からの「何か」が「反映(創造)」されていくもの・・・ 』

 

とコメント致しましたように、今回の新型コロナウイルスの影響では、