第231回:『 「because~」が失われた2018年 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今年もあと1ケ月を切り、色々と2018年を振り返る時期でもあるかもしれません。
様々な出来事などを振り返るのは、「(出来る範囲内で)常日頃から意識しておく」というのは確かに望ましい事でもありますが、日々の生活においては、それもなかなか難しい面があるのも偽らざる本音でもありますよね(笑)

そこで今回は、色々な状況や出来事などから場面場面を紹介して参りまして、皆さんの自由な発想で考えて頂く契機ともなるよう、「「because~」が失われた2018年」というテーマをお届け致します!

ところで、特に2018年後半のTOPICSにおいては、私は、煙たがられる?あるいは、鬱陶(うっとう)しがられる?くらいに、

 

コミュニケーション

 

に関するテーマ設定の元にコメントをして参りました(笑)
そこで、2018年の傾向を振り返ってみると、日本国内は勿論、世界各国においても、次のようなフレーズをよく耳にした年であったとも感じております。
それは、

 

『 そのような(あなたの)指摘は、(全く)当たらない 』

 

と。
なお、このような傾向は、ここ2~3年程前から、既に急激な右肩上がりの「兆し」を見せ始めていましたが・・・
では、まず、このような傾向に対して、ある一つの例文から「日本語」と「英語」で考えてみます。
最初は「日本語」です。

 

『 お腹が空いているから、晩ご飯を食べたいな 』

 

ごく普通の「日本語」で交わされる会話ですよね(笑)
では、これを「英語」で見てみます。
なお、私は英作文は得意ではありませんので、文法的に間違いがあるかもしれませんが、その点はご容赦下さい(笑)

 

『 I want to eat dinner because I am hungry 』

 

となります。
今回はここ迄で、既に皆さんもお気づきかもしれませんね(笑)
最初の、

『 そのような(あなたの)指摘は、(全く)当たらない 』

のフレーズにおいて完全に欠落している視点が、例文における、

 

『 お腹が空いているから 』

そして、

『 because I am hungry 』

 

という、

〖 〇〇だから~ ・ because~ 〗

 

という部分です。
では、少し誇張した極端な表現ですが、これを職場や学校などの場面に当てはめてみます。
では、まずは職場です。