第214回:『 マンデラ効果とシンクロニシティ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

夏休みやお盆休みに入っていらっしゃる方々も多い時期かと思われますが、暑さなど如何お過ごしでしょうか?
今回は「マンデラ効果とシンクロニシティ」というテ-マをお届け致しますが、まず最初に、私も真実であるかどうかは分からないのと、ネットで検索すると、いわゆる都市伝説?と捉えられがちな側面もありますし、逆に、量子力学などの学術分野に顔をチラッと出す?ようなテーマでもあります。
なので、今回は頭の体操や、不思議で気楽な読み物感覚、あるいは、興味のない方にはどうでも良い話題かもしれませんが、

 

何が人生のヒントに繋がるか分からない!?

 

という面もありますので、皆さんのお好きなように読み進めてみて下さい(笑)

そこで、まず、「マンデラ効果」という言葉を初めてお聞きになる方も多いかと思われますので、簡単にご紹介致します。
この「マンデラ効果」というのは、南アフリカ共和国でのアパルトヘイト(人種差別・隔離政策)の撤廃に尽力した、ネルソン・マンデラ氏の人生から来ているものです。
では、簡単にマンデラ氏の人生の概観を眺めてみます。

 

・ (アパルトヘイト政策への反発により)1964年に国家に対する反逆罪等で終身刑を言い渡される
・ 1990年に刑務所から釈放
・ 1993年にノーベル平和賞受賞
・ 1994年に南アフリカ共和国の大統領に就任
・ 2013年に他界

 

というような人生の流れになります。
では、今回の「マンデラ効果」とどういう繋がりがあるかと言うと、ある人の「記憶」の中では、

 

マンデラ氏は・・・1980年代に・・・獄中死していたはずだ

 

というお話に端を発しています。
そして、そのお話を聞いた人の中から、

 

・ マンデラ氏の葬儀が確かに行われていた
・ マンデラ氏の獄中死により奥様が演説を行っていた

 

などの「事実とは異なる記憶」を持つ方々の証言が多数に膨れ上がっていった事により、

 

A:1980年代にマンデラ氏が実際に獄中死をしていた世界
B:(おそらく私を含め多くの方にとっての事実である)マンデラ氏はノーベル平和賞を受賞し、2013年に他界した

 

との、

 

AとBとの・・・二つの現実世界が・・・実際に存在しているのでは?

 

との議論が湧き起こったというものです。
そして、この観点から、

 

量子力学において検証されている・・・並行現実(世界・宇宙)の現象なのでは?

 

との方面にもお話が繋がっているというものです(笑)
では、このお話はひとまず脇に置いておくとして、このようなケースには、

 

記憶違い

 

というものも数多く含まれているのも事実です。
よく、芸能人の方の死亡説が流されたりしておりますが、その芸能人の方にさほど興味のない人にとっては、そうなんだぁ~位の感じで、その人にとってはそのまま事実として残っていたりする事もよくあります(笑)

ところで、量子力学の分野においては、このような観点は、パラレル・ワールドや多次元・並行宇宙などとも呼ばれたりしています。
簡単に表現すると、