第107回:『 偽りの記憶 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今回は、ヒプノセラピー(催眠療法)における前世療法や年齢退行療法などでよく議論の種となる「偽りの記憶」というテーマをお届け致します。
偽りの記憶とは文字通り、実際に起こった事実とは違うが、本人にとってはまさに真実とも言える記憶という意味です。

 

偽りの記憶が作り出されるケースは色々ありますが、一般的に多いのは子ども時代の記憶です。
では、一つのお話に沿って進めていきます。

ある所における、お母さんと子どもの会話です。
事実としては、実際に食べた夕食は「コロッケ」であったという所が出発点となります。

<夕食の翌日>
お母さん:「昨日の夕食は美味しかった?」
子ども:「うん、美味しかったよ!」
お母さん:「昨日の夕食は何を食べたんだっけ?」
子ども:「う~ん、忘れちゃった!」
お母さん:「美味しかったのに忘れちゃったの?」
子ども:「う~ん、・・・・・ハンバーグを食べたんだ!」

 

<そのまた翌日>
お母さん:「今日の夕食は何を食べたい?」
子ども:「コロッケが食べたい!」
お母さん:「2日前の夕食にコロッケを食べたよね?」
子ども:「違うよ、2日前の夕食はハンバーグを食べたんだよ!」

 

このようなお母さんと子どもの会話ですが、ある日の夕食に食べたのは「コロッケ」が事実ですが、子どもは「ハンバーグ」と答えています。
色々なケースがありますが、<夕食の翌日>の会話において、子ども心の優しさとして、「美味しかったのに忘れちゃったの?」と言われて必死に考えたことと思われます。
色々思い出そうとしたのでしょうが、子どものイメージにはハンバーグがポンと浮かんだことと思います。
そして、このような子ども心における必死さとハンバーグが、その子どもの心・イメージと結びついた所です。
その結果として、<そのまた翌日>の会話でもハンバーグと答えています。

 

また、別のケースとしては以下の会話でも偽りの記憶が作り出されます。

<夕食の翌日>
お母さん:「昨日の夕食は美味しかった?」
子ども:「うん、美味しかったよ!」
お母さん:「昨日の夕食は何を食べたんだっけ?」
子ども:「う~ん、忘れちゃった!」
お母さん:「美味しかったのに忘れちゃったの?昨日食べたのはハンバーグでしょ!!!」
子ども:「ごめんなさい、そうだった・・・・・ハンバーグを食べたんだ・・・」

 

最初のケースではあくまで子ども心の善意として偽りの記憶が作り出されていますが、次のケースではお母さんがコロッケと知りつつもハンバーグと鎌を掛け、子ども心における叱られることの「怖さ」などの感情から偽りの記憶が作り出されているのかもしれません。

 

また、子どもが前世?らしきお話を始めた頃にも、このような偽りの記憶というのが作り出されることもよくあります。

<前世と思われる会話>
お母さん:「産まれてくる前には何をしてたの?」
子ども:「畑でトマトとか色々な野菜を作って売ったり食べたりしてたんだよ!」
お母さん:「その時にトマトは本当にあったの?」
子ども:「う~ん、・・・・・間違えた!大根だった!」

 

現在のお母さんにはその当時に「トマト」があったとは思えなかったので聞き返しています。
すると子どもは無意識に何かしらを感じ「大根」と答えています。
そして、この前世と思われる会話をその後も続けていくと、色々な事が子どもの会話に付け加わっていくケースも多々あります。

 

例えば、話を聞く日によって、住んでいたお家が1階建てから2階建てに変わったり、今で言う従業員の立場であったものが経営者の立場に変わっていたりと、、、、、。
また、前世と思われるお話の場合には、今まで夜寝る前に読み聞かせていた絵本の内容や挿絵などが混同されてお話しているケースもあります。

このように偽りの記憶が作り出される一つの要因としては、