第77回:『 好きな歌から自分を知る 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

年末になると、TVなどでも色々と歌番組が多くなる季節でもあります。
そこで今回は「好きな歌から自分を知る」というテーマでお届けします。

 

今回のテーマは、「そういう傾向もあるかもしれない」というスタンスであり、厳密に当てはまるものでもないですので、血液型占いや心理ゲームのような、気楽な感じでお読み頂いて楽しんでみて下さい。

 

ところで、今までも何度かお伝えしてきましたが、歌を聴くということは、ヒプノセラピー(催眠療法)を受けたのと、同じような効果があります。
ヒプノセラピーは最低でも30分から、前世療法などでは2時間近くセッションを行うケースもあります。
しかし、歌に関しては、概ね5分程度ですので、是非これを活用しない手はありません。

 

歌とヒプノセラピーを関係で表すと、

 

歌詞は「暗示」に該当します(暗示療法)
そして、
メロディーは「誘導」に該当します(催眠誘導)

 

通常のヒプノセラピーでは、「催眠誘導」を行い、「暗示(療法)」を経て、「解催眠」というのが一般的な流れです。
しかし、歌の場合は、

 

これら一連の流れが全て同時に、「今」という瞬間に行われている

 

という点がポイントです。
そして、もう一つのポイントですが、それは、

 

好きな歌は「何度」も聴いている

 

という点です。そして、このポイントは、

 

潜在意識は(暗示を)繰り返せば繰り返すほど定着する

 

という性質がある所です。
つまり、リラックスして楽しんで好きな歌を何度も聴いているということは、その歌詞の内容、好きな歌を聴いている時の感情、そして、その歌を好きになった当時(過去)の状況や思い出なども潜在意識から送り出され、また潜在意識に定着していくということです。

 

歌を聴いて過去の出来事を思い出すというケースは、恋愛などに多いかもしれません。
それは失恋のケースかもしれませんし、また、結婚式で流した歌のケースなど様々あることでしょう。
最近ではご葬儀の場などで、旅立った方の好きな歌を流すのもよく行われていると耳にします。

 

また、コマーシャルなどでも、何か耳に残る短い音楽というのも当てはまります。
あるメロディーを聴くと、その商品やコマーシャルがすぐに思い浮かぶという体験は誰にでもあることと思います。
スーパーなどに買い物に行っても、独自の歌やメロディーが流れている場合が多いです。
買い物は定期的に行う行動ですので、買い物をする度に、知らず知らずのうちに潜在意識に定着されていきます。

 

では、幾つかのケースに分類して、自分を知る手掛かりを見ていきたいと思います。