第70回:『 カウンセリングの心・思い 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今回は「カウンセリングの心・思い」というテーマで進めて行きたいと思います。
カウンセリングについては、行う人の数ほど方法があると思いますし、また、どの方法が良くて、どの方法が悪いというのも無いと私は考えています。
また、今回のテ-マはカウンセリングとしておりますが、何かを身に付けた人が行う特殊な方法論ではなく、皆様も身近な方やお知り合いなどから、何かしらの相談などをされた時に、そのお話を聞く時に、心に留め置いて頂ければ幾分お役に立てるかもしれないというテーマですので、気軽にお読み下さい。

 

では今回のテーマを始めるにあたり、一冊の小説を元にして進めて行きたいと思います。
その小説は「レインツリーの国」(有川 浩:新潮文庫)です。
ちなみに、このように小説の一節やある物語を元にお話を進めて行くというのは、ヒプノセラピー(催眠療法)でも行われている暗示療法として活用されている手法です。

 

この「レインツリーの国」は、今までもTOPICSで紹介した「図書館戦争」(有川 浩:角川文庫)の中の一つのエピソードとして出て来る小説です。
「図書館戦争」の中では、耳の不自由な女性に対し、聴覚障害(注:私は個人的には「障害」という言葉を使用するのは好まないですが、ここでは便宜上使用します)を扱った小説を薦めたことで、「人権侵害だ!配慮が足りない!」と糾弾される原因となった小説として描かれています。

 

では、この「レインツリーの国」という小説ですが、耳の不自由な女性の主人公の「ひとみ」と、男性の「伸行」との恋愛ストーリーです。
ひとみと伸行は、ある小説の感想をメールを通して話し合っていくうちに、徐々にお互いに心を寄せ合っていくという所から始まります。

 

ところで、この主人公の「ひとみ」には聴覚障害があります。
聴覚障害と言っても、一般的には分からない事も多いかと思いますので、この小説の中から少し紹介・補足します。

 

まず、この主人公の「ひとみ」の場合は、中途失聴・難聴に区分されます。
中途失聴・難聴とは人生のどこかの段階(日本語を習得した後)で聴覚障害になった場合です。
一方、聾・聾唖は日本語を習得する以前(多くは物心がつく前)に、すでに障害が発生していたことで区別されています。

 

そして、中途失聴・難聴は、音はほとんど聞こえないが話すことは出来る場合が多く、第一言語は日本語です。
一方、聾・聾唖は、ほとんどが第一言語が手話であり、日本語というのは第二言語扱いになります。
日本語が第二言語扱いというのは、私達日本語が話せる人が、他の外国語(第二言語)を一から学ぶのと同じように、とても努力や頑張りを要します。

 

この小説の中では、「話せるのに聞こえない」という点で、健聴者から理解されにくいのは、中途失聴・難聴の方が多いと描かれています。

 

また、主人公の「ひとみ」は感音性難聴です。
感音性難聴とは、内耳から奥に原因があり、聴力自体に原因があるので、補聴器などをつけて音のボリュームなどを上げても、あまり効果は期待出来ないそうです。
むやみにボリュームを上げても雑音が増えるだけということもあるそうです。

一方、伝音性難聴という区分もあります。
伝音性難聴とは、外耳や中耳に原因があり、音の伝わりにくい難聴とのことです。聴力自体は残っているので、治療や補聴器などの効果が期待されるそうです。
聞き取りにくい音を大きくすることで、聞こえやすくなるという意味です。

 

少し紹介・補足が長くなってしまいましたが、私自身もこの小説を読むまで知らなかったことです。
よろしければこの機会にでも、少しでも知って頂ければと思います。

 

このように、感音性難聴である「ひとみ」は補聴器を活用しながらも、ほとんど音の無い世界で人生を送っています。
そして、「伸行」と一緒に外出しながらも、健聴者である「伸行」には分からない体験が様々訪れてきます。

そのような中、「ひとみ」が自分の心情を以下のように吐露しています。