トップページ » コップの中の水・・・という視点に味付けしてみる

コップの中の水・・・という視点に味付けしてみる

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

ところで、皆さんも次のような問いを聞いたことはあるかと思いますが、如何でしょうか?

 

コップの中に水が半分残っている・・・という状況・・・

 

このような状況をどのように捉えるかという視点遊びのようなものです。
まだ半分も水が残っている、あるいは、もう半分しか水が残っていない、という捉え方が一般的なものかと思います。
このような、日常の風景において視点の捉え方を学んだり楽しんだりするというのは、とてもシンプルで素敵な発想だと思います。
何かを学ぶのに難しくある必要性はどこにもありません(笑)

 

ただ、このコップの中の水については、「半分も残っている=ポジティブ」あるいは「半分しか残っていない=ネガティブ」という捉え方をされ過ぎているのでは?との流れから、今回は「コップの中の水・・・という視点に味付けしてみる」というテ-マをお届け致します。
そして、「味付けする」というのはどういう事かと言うと、

 

自分なりの解釈をアレンジし、自分の今後のために活用する

 

という意味合いです。
なお、自分なりの解釈、そして、今後の自分に活用するという視点ですが、これには、一つだけ条件というものがあります。
それは、

 

何かのせい、誰かのせいにしてはいけない、そして、何かや、誰かを傷付けてはいけない

 

という大前提です。
様々な事柄においては、様々な意味付けをする事が出来ますし、様々な可能性が含まれています。
そして、

 

どのような意味付けをするかは、それぞれの個性の表れ

 

とも言えます。
そして、なぜ、最初に条件という大前提をお伝えしたかと言いますと、このような視点の捉え方という課題においては、時には、

 

あまりにも自分中心になり過ぎてしまう怖れもある

 

からです。
皆さんも聞いた事があるかと思われますが、「イヤよイヤよも好きのうち」というフレ-ズがあります。
場合によっては当てはまるケ-スもあるのかもしれませんが、ほとんどは「本当にイヤ!」というケ-スの方が圧倒的に多いです。

このような「イヤよイヤよも好きのうち」というフレ-ズには、幼稚園の頃などでは男の子は好きな女の子をからかいがちになるなど、小さいお子さんなどの愛情表現という意味合いがあるのかもしれませんが、小さいお子さんの場合では、

 

まだまだ自己表現力(言葉)が発展途上中である

 

という言わば一種の制約のような状況がそもそも存在しています。
なので、このTOPICSをお読み頂いている皆さんは、それなりの言葉の活用が出来る方々かと思われますので、最初の大前提である条件をお忘れにならぬようお願い申し上げます!

 

それでは、今、皆さんの目の前に500ml(ミリリットル)のコップが置かれています。
ペットボトルのお水やお茶などの容器を思い浮かべて頂いても大丈夫です。
そのコップの中に250mlのお水が入っています。
一番最初の問いと同じになりますが、このような状況を見て、皆さんはどのように捉え、どのように自分のために活用していくでしょうか?(笑)

 

それでは、容器の大きさを変えてみましょう!
1,000ml(1リットル)と350mlの2種類を用意したと仮定しイメ-ジします。
まず、1,000mlの容器にコップの中の水を入れ替えます。
どうでしょう、出来ましたか?(笑)
では、そのコップの中の水を見て下さい。
それをどのように皆さんは捉えているでしょうか?

4分の1に減っちゃった・・・などの見方が多いかもしれませんね(笑)

では、今度は350mlの容器に水を入れ替えて下さい。
どうでしょうか、出来ましたか?
では、コップの中の水を見て下さい。
今度は、

何か、増えたように見えてしまう・・・と感じる方もいらっしゃる事かと思います(笑)

ここまでは、よくある視点の一つかもしれません。
あくまでお水の量は250mlのままで変わっていませんね?(笑)
では、ここで一つの視点の登場です!
この、1,000mlと350mlの容器は、

 

皆さんの夢や目標の到達度合いを知るバロメ-タ-(秤(はか)り)

 

です。
1,000mlの容器の場合ですと、皆さんの夢や目標の到達度合いは4分の1程度という事になります。
一方の350mlの容器の場合ですと、到達度合いは70%を既に超えています。
これは、1,000mlの夢や目標が大きくて、350mlの夢や目標が小さいという意味合いでは決してありません。
大切なのは、

 

自分の今後のために活用する

 

という視点です。
そして、その視点とは、

 

「今」において感じる充実度

 

です。
350mlの容器においては、あと3割弱の継続や頑張りで夢や目標に到達出来るようになります。
一方の1,000mlの容器においては25%の到達度合いで、まだまだ半分にも達していません。
勿論、皆さんの中には自分は負荷が大きい方がやる気が出る!という方もいらっしゃるかと思いますので、どちらが良い悪いという意味でも決してありません。
そして、この視点というのは、今までのTOPICSにおいてもお伝えしている通り、

 

小さく楽に簡単に達成出来る目標を複数設定した方が、本来の夢や目標への近道で早道となる場合がある

 

という事に繋がっています。
私自身もそうですが三日坊主という言葉もあります(笑)
あまりにも長く遠い目標を定めてしまうと、そこに行き着く前に息切れし、途中で諦めてしまう可能性も高くなってしまいます。
なお、「最終目標」というのは、どんなに大きくても壮大でも大丈夫です!
なぜなら、大きく壮大であるからこそ「見失わない!」という側面があるからです。
そして、350mlの容器という夢や目標であれば、3つの小さく楽に簡単に達成出来る目標を設定すれば、「350ml☓3つ=1,050ml」となり、1,000mlの容器でも水が溢れてしまう程の達成が実現されます。
しかし、これはお伝えしたいことの本筋ではありません・・・(笑)

では、ここで皆さんにご質問致します。
コップの中の水・・・

 

その「水」とは皆さん自身にとって、何に当てはまっているのでしょうか?

 

如何でしょうか・・・?
様々な当てはめ方が出来る事かと思います。
そして、その「水」とは、おそらく多くの方が時間や若さ、あるいは、極端な表現を用いれば寿命などのように、

 

これから先も減り続ける事が前提となっている・・・

 

という風に捉えていないでしょうか?
どうでしょうか?
実は、最初の質問のコップの中に水が半分残っている・・・という根底には、

 

水は減り続ける一方・・・

 

という隠された大前提が備わっています。
勿論、あくまで視点の捉え方で物事や状況への意味付けが変わるという意味合いで、素敵な問いかけである事は間違いありません(笑)
ただ、

 

コップの中の「水」を増やす!

 

という視点の捉え方も同時に成り立つことも真実です。
「水」を増やすというのは今回の問いにおいてはル-ル違反だ!との反論もある事でしょう(笑)
しかし、

 

そのようなル-ルを暗に設けているのは他ならぬ自分自身である

 

という点はとても大切な事のように思います。
なぜなら、

 

そのようなル-ルが自らの可能性を制限している点はないのか?

 

という自分自身への問いかけを行えないようにしてしまっているケ-スが多々あるからです。
勿論、ス-パ-に行ってお金を出してお水を買ってくるという発想であれば行き過ぎかとは思いますが(笑)
そして、最初にお断り致しましたように、

 

可能性を広げるためにル-ルを変える際には、何かや誰かのせいにせず、何かや誰かを傷付けてはいけない

 

という所が出発点ともなります。
お金を出してお水を買うという発想と同様に、お水を増やすために誰かから奪ったり、あるいは、あなたのせいで喉が渇いて一杯お水を飲んでしまったから減ってしまった、などのような解釈や意味付けをする事は出来ないという事です。
そして、コップの中の水というのが、

 

「可能性」であるならば増やす事も出来るし、時には(自分のせいで)減らしてしまう場合もある

 

という事です。
夢や目標があっても、それに向けてじっとして、自らかが何も動き出さない限りでは、太陽に照らされる水のように自然蒸発してしまう怖れもあります。
しかし、一方で水を増やす事も出来ます。
例えば、あなたが夜寝ている時に、植物やお花などの元にコップを置いておくと、

 

朝露が滴(したた)り、コップを少しずつ満たしてくれる

 

という事も可能です。
なぜなら、

 

それが当たり前の自然現象

 

だからです。
そして、時には、

 

甘露・・・のように、水に味付けや香り付けをしてくれる

 

という風に、あなた自身の可能性に素敵な変化を及ぼしてくれる事もあります。
そして、この朝露や甘露というのは・・・

 

人との縁

 

である事がとても多いです。
そして、人との縁というのは直接的な出逢いもあれば、本や音楽や映画などのような間接的な出逢いも含まれます。
そして、ここまでがコップの中の水から導かれる二つ目の視点という味付けです。
そして、この味付けは無数に考えられ、無数の可能性があります。
それは、人それぞれ違いますし、どれが良い悪いという問題でも決してありません。

 

では、コップの中の水が何であるのか?という視点を獲得した事から次に進めて行きます。
まず、先ほどから1,000ml、500ml、350mlなどの容器という例えを挙げてきましたが、

 

このような容器はあなた自身ではありません・・・あなた自身という器ではありません・・・

なぜなら、

容器を見る事が出来ている時点で、それは、あなた自身ではない

からであり、

容器を見るという事が、客観的視点を獲得出来ている

 

という証になっているからです。
繰り返しですが、コップの中の水が可能性であるならば、それは増やす事も出来るし、減らしてしまう場合もあり得ます。
容器というのは、

 

「今」のあなた自身が、自分自身をどのように見ているのか・・・

 

という客観的視点の事です。
1,000mlでも500mlでも、プ-ル一杯分の水でも、湖一杯分の水でも、本来はどのような器や量(という可能性の範囲)であっても構わないはずです。
そして、まず、

 

夢や目標はどれほど大きくてもあなたを妨げる要因とはならない

 

という点はとても大切です。
ただ、そのような「大きな器」を、

 

どのように満たしていくのか・・・

 

という視点も同時に大切になってきます。
それが繰り返しお伝えしている、

 

小さく楽に簡単に達成出来る複数の目標設定

 

という「小さな器」という意味合いです。
そして、この意味合いとは、

 

あなたが人生で求められている事は、あなたの出来る範囲内で「今」の最善を尽くす

 

という事だけです。
そして、

 

出来る範囲内の「今」というのが、「小さな器」でも良い

 

という事です。
そして、このような様々な器を満たしていくのに、先ほど私は朝露を例に取り、

 

それが当たり前の自然現象

 

とお伝えしました。
そして、その真意とは・・・

 

水は形態を変えるだけで、常に身の周りに存在している

 

という事です。
「水(液体)」や「氷(固体)」というのは目に見えて重さや肌感覚もあり、とても捉えやすいものです。
しかし、私達の身の周りには、

 

「水蒸気(気体)」も常に存在し続けている

 

という見えない側面も含まれています。
「雲」はそれが目に見える形態として教えてくれています(笑)
つまり、コップであろうと、なんの容器であろうと、

 

見えている「水(液体・固体)」以外にも、可能性という同じ「水(気体)」は常に存在し続けている

 

という視点の捉え方も大いに可能という事になります。
湖一杯分の水を満たしたければ、「雨」などのように「自然」に協力して貰うのが早いかもしれませんし(笑)

そして、先ほどの甘露のように、可能性という水には味付けや香り付けも出来ます。
この味付けや香り付けというのは、

 

人生を楽しんでも良い

 

という視点も含まれています。
確かに水は大切なものですが、無味無臭の人生だけでは味気ないという感覚も出てきてしまう事もあるかと思います。
そのような味付けの変化の際には、例えば、お味噌汁をポタ-ジュス-プのような器に入れ替えたり、逆に、ポタ-ジュス-プをお味噌汁のお椀に入れて飲んでみる、という事を試すことで、

 

感覚の違いが分かる

 

という発見にも繋がります。
もしかしたら、今までであったならば、お椀に洋風のス-プは合わない?と、

 

思い込んできた固定観念を変化させる契機となる

 

という可能性も大いに含んでいます。
と、今回も様々書き連ねてきましたが、これはあくまで私自身が考え得る視点や見方ですし、どのような視点や見方であろうと、先ほどの大前提の条件さえ守って頂ければ、きっとあなたにとって役立つ部分が含まれているかと思いますので、様々に思いを巡らせてみて下さい(笑)

 

そして、今回は「自然」という用語も出てきましたので少しだけ余談を致します。
前回のTOPICSにおいても北朝鮮などの世界情勢を取り上げましたが、TVのワイドショ-的なニュ-ス番組を観ていると、その多くがミサイルの詳細な設計や説明、電磁パルス攻撃の影響などに焦点を当てている模様です。

 

「知る」事で役立つ部分というのもある事は否定しませんが、ミサイルの詳細や電磁パルスの影響などを延々と伝えられても、どうする事も出来ない点があるというのも事実です。
そして、先日11年ぶりで通常の1,000倍ほどの太陽フレアが発生し、地球に到達してから1週間程は電子機器などに影響が出る可能性もあるとの報道がなされています。

私達が「自然」から学ぶ点、時には「警告」という観点からも考えられる所が多々あるとすれば、延々と流され続ける電磁パルス攻撃などの話題においては、

人の小賢しさが作り出す電磁パルスなど・・・太陽という自然の莫大なエネルギ-(量)の前では・・・

という「・・・」の箇所を改めて見つめ直す必要性があるようにも感じています・・・

2017年9月9日 04:09

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ