トップページ » 時間は 現実 それとも 幻想 ?

時間は 現実 それとも 幻想 ?

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

朝晩の寒暖差も大きくなりつつある時期ですが、如何お過ごしでしょうか?
ス-パ-などに買い物に行くと、秋刀魚や梨や柿なども見受けられ、季節の移り変わりを視覚や味覚でも感じられる時節になってきました。

 

ところで先日、ハリウッド俳優のモ-ガン・フリ-マンが進行を務める「時空を超えて」という番組を観ていました。
今までも好きでよく観ていましたが、その回では「時間」を取り上げていましたので、今回はその番組の内容も一部ご紹介しながら「時間は 現実 それとも 幻想 ?」というテ-マをお伝えしていきます。

 

私達が時間を認識するためには、通常はほとんどの方が時計を活用していることと思います。
また、時計と言っても体内時計や腹時計、あるいは、小学校の時に習った日時計などもあります。
そして、現在の時刻というのはイギリスのグリニッジ標準時を採用し、そこでの時刻が世界の標準時刻となっています。
言わば、私達が通常認識している時刻の誕生が起こりました。

 

海外旅行をしたことがある方は、ここで時差というものが存在?していることをご理解頂けるかと思います。
陸地で国境が接している国などでは、例えば時差が1時間とすると、国境に1歩足を踏み入れただけで、時間が1時間早くなったり遅くなったりということが起こります。

 

現在では時間の研究というのは幅広く行われていますが、古くは2,500年前の哲学者なども研究していたと言われています。
それでは、皆さんも名前は聞いたことがあると思われる二人の科学者の時間に対する説を簡単にご紹介します。

 

まず、一人目は万有引力の法則を唱えたニュ-トンです。
ニュ-トンは時間は絶対的なものであり、何ものにも変えられない不変の性質であるという説を唱えていました。
ちなみに、ニュ-トンと言えばリンゴが木から落ちるのを見て重力を発見したとされていますが、実際は重力はその以前からすでに周知の現象として認識されており、ニュ-トンが唱えたのは「リンゴは木から落ちるのに、どうして月は落ちてこないのだろう?」という考察を唱えたと言われています。

 

そして、二人目は一般相対性理論を唱えたアインシュタインです。
アインシュタインによる一般相対性理論においては、時間は相対的なものであり、起こる出来事の関係性によって作られ、変わってくるという説を唱えていました。

 

つまり、ニュ-トンは時間は絶対的に存在し、出来事などの関係性によっても影響を受けることのない、変わることのない性質であるという見方です。
一方のアインシュタインは時間は相対的、つまり主観的なものであり、言わば人それぞれ時間の感覚は変わり得る性質のものであるという見方をしています。

 

そして、現在の科学の世界では、アインシュタインの説が主流となっているそうです。
そこで、2010年にある実験が行われました。
アメリカの国立標準技術研究所という所において、アルミニウムイオン時計という装置を活用したものです。
このアルミニウムイオン時計というのは、世界一正確な時計で、その誤差は37億年に1秒にも満たない誤差だそうです。

 

そして、実験の内容としては、2つのアルミニウムイオン時計を正確な時刻に同期させ、一方は地面に固定し、もう一方は地面から30㎝高い所に据え置きました。
すると、高く据え置いた方の時計は、地面に固定されている時計より少し早く時間が進んだという結果が得られました。
つまり、高く据え置いた方の時計は、地球の重力から遠ざかったため、重力の影響が弱められたことにより、時間が早く進んだということです。

 

例えば、本日宇宙ステ-ションに向けてある宇宙飛行士が出発したとします。
滞在期間は6ケ月です。
当然地球に帰還するのは今から6ケ月後ですが、それはあくまで地球にいる人達の6ケ月であり、宇宙ステ-ションで過ごした宇宙飛行士にとってはそれよりも早く時間が進んでいるということです。
もしかしたら6ケ月と1日の滞在であったかもしれませんし、6ケ月と10日なのかもしれません。

 

また、極端な例えでは、重力から遠ざかることで時間が早く進むという実験結果からは、飛行機によく乗る人の方が時間が早く進んでいるということになります。
なお、時間が早く進むという意味は、老化が早く進むという意味合いではありません。

 

そして、このアインシュタインの説を採用した実験結果から、時間は一直線的に進むものではなく、場合によっては過去も未来も同時に存在することが可能なのでは?という研究にも繋がっています。
ちなみに、仮に時間が一直線的に進む性質のものとしても、その「時間の向き」というのがどうやって決められているのか?という疑問も残ります。

 

この時間の向きについても、物事がバランスを取るために、右から左に流れる時間の向きがあるならば、その正反対の左から右に流れる時間もあるのでは?あるいは、後ろから前に向かう時間があれば、前から後ろに向かう時間も存在しないとバランスが取れなくなるという説もあります。
余談ですが、以前にブラッド・ピットが出演した「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」という映画がありました。
この映画の内容は80歳で生まれ、その後は年を取るごとに若返っていくというスト-リ-です。
今回のテ-マと直接関連しているものではないですが、興味のある方はご覧になってみると面白いかもしれません。

 

それでは、次は脳における時間の研究を少しだけご紹介します。

皆さんも年を重ねるごとに1年が経過するのが早いなぁと感じたり、あるいは、そういうお話を周りの方から聞いたことはないでしょうか?
これについてもある実験が行われています。
そして、その実験結果では、時間の流れを「10歳を1」と仮定すると、「20歳では1.4倍」「60歳では2.5倍」時間の流れが早くなるとの報告がされています。

 

そして脳の機能における実験も行われています。
その実験から、

 

脳は全ての情報を統合して処理するのに少し時間がかかる

 

との結果が得られています。
ピンとこないかもしれませんので、少し補足します。
例えば、「今」このTOPICSをお読み頂いているあなたは、まさに「今」目で文字を追い、内容を把握し理解していると感じていることと思います。
しかし、実際の脳の機能としては、

 

あなたが「今」行っていると認識されるものは、実はそれ以前の出来事である

 

という意味合いです。
つまり、このTOPICSを読んで何かを感じている瞬間に物事は起こっているのではなく、実は、そのほんの少し前に物事は既に完了しており、その物事を「今」として認識しているに過ぎないということです。
それでは、もう一度別の表現で、かつ極端に要約すると、

 

私達が「今」と認識している物事は、実は全て「過去」である

 

ということと、

 

私達が「今」と認識している物事は、実は全ては「過去」を「思い出している」という「今」である

 

という実験結果です。
勿論、その認識までの時間には個人差もあるでしょうし、実際には0.0・・・コマという秒数であると思われます。
しかし、このような脳の機能における認識の時間差というものが、統合失調症や認知症などの症状に関連しているのでは?という観点から、症状を改善させて行けるのではないかという方向の研究も行われているそうです。

 

また、パラレルワ-ルドなどが研究対象となっている量子力学の分野では、時間は存在しないという主張をしている科学者もいます。
例えば、私達が普段何ともなしに見ているTVや映画の映像は、実際には1秒間に24コマ程度の静止画を繋げているという仕組みがあります。
子どもの頃に遊んだパラパラ漫画のようなものです。
それぞれの静止画があまりにも短い間隔で繋がるので、連続して動いているように見えるということです。

このような時間は存在しないという説の主張には、

 

あるのは「永遠の今」だけ、それが、動いている繋がっているように見える錯覚を起こしているだけ

 

という考え方があるそうです。

ここまで、今回ご紹介した番組の内容を一部抜粋してお届けしてきましたが、このような様々な説には勿論反対意見も多数あります。
例えば、物理学者などは数学や数字のみを扱う職業病的な傾向があるので現実が見えなくなっているのでは?などの意見もあるそうです。
しかし、とても大切なことは、このような「時間」に対する研究というのが、様々な意見や考え方を持っている科学者達が、研究に値するという思いを抱きながら大まじめに取り組んでいるという点です。

 

今回のTOPICSをお読みになった皆さんは「時間」というものをどのように捉えているでしょうか?
それぞれ捉え方は違うことと思います。
そして、実際の日常生活においては、私自身も同じですが、「時計」を活用して暮らしていることと思います。
普段の日常において今回のテ-マのようなことに意識を向け続けるのも無理があるかと思いますし、今まで通りで構わないと思います。

ただ、

 

時間は主観的なもので時間の経過は人それぞれ異なる場面もあり得る

 

という考えについては、多くの方が体験したことがあると思いますし、納得頂ける部分もあるのではと思います。
以前のTOPICS「究極のアンチエイジング?」では映画の例えを挙げて説明していますが、

 

時間があっという間に過ぎた

 

という体験は誰にでもあることと思います。
そして、

 

妙に時間が長く感じるなぁ

 

という体験も誰にでもあることと思います。
その多くは、あっという間に過ぎる体験は「楽しさや集中」と結びついているかもしれませんし、長いと感じる体験では「興味のなさや退屈」という点と結びついているかもしれません。

 

そして、ここで皆さんのそれぞれの好きな歌を思い浮かべてみて下さい。
時間の早さや遅さというのは、表現を換えれば「テンポの違い」とも読み替えることも出来ます。
あなたの好きな歌のテンポが多少早くなったり遅くなったりした場合に、少しは違和感を感じることもあるでしょうが、好きな歌という「本質」は変わらないことと思います。
実際にカラオケなどでテンポを調整して歌う方もいらっしゃるでしょうし、映画のクライマックス場面では音楽のテンポを調整しているケ-スも多々あります。

 

このような捉え方をすると、私達それぞれの「人生のテンポ」というのも他の人と違って当然であり、時には早く、時には遅く感じることもあるかもしれません。
しかし、テンポがその時々の状況や場面において変わろうとも、

 

人生の本質は変わらない

 

とも言えます。
今回のテ-マは現在の所、答えはありません。
時間が主観的なものであれば、皆さんそれぞれの感じ方が答えであるということと思います。
そして、楽しさや集中などの点と結びついている時間の早さは充実ということとも繋がっていると思いますが、あまりにも忙しすぎて時間があっという間に過ぎる、あるいは、時間が足りないと常日頃感じている方は、逆に5分でも良いので毎日何もしない時間を作ることを試してみて下さい。
そのような習慣が、逆に心に余裕を産み、時間をさらに効率的に活用出来るようになっていくことと思われます。

 

ちなみに余談になりますが、現在の所、光の速度は一定と解釈されていますが、光の速度が変化するならば、それは時間を超える、あるいは、時間が変化することを意味しており、時間を超えることは同時に「空間を超える」ことに繋がっていきます。
実際に光の速度の変化はあり得るとの観点から、現在宇宙を活用して実験が行われています。
興味のある方は、このような研究も追っかけてみると面白いかもしれません。

2016年9月24日 02:09

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ