トップページ » 「羊」を数えると眠れるのかな?

「羊」を数えると眠れるのかな?

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今年は「羊」年ということもあり、今回は「羊」にまつわるテ-マを書き進めていきます。
皆さんも眠れない時は、
「羊が1匹・・・羊が2匹・・・」
と言ったように数えると眠れるようになるというお話は聞いたことがあるかと思います。
これは本当に効果があるのでしょうか?
このように数えると眠れると思って行うと「自己暗示」の効果もありますので眠れるようになるのかもしれません。

 

「羊」は英語では「sheep(シ-プ)」と表記します。
また、英語で「眠る」は「sleep(スリ-プ)」と表記します。

 

英語の表記においては、この「シ-プ」の発音を淡々と繰り返していくと、次第に「スリ-プ」と混同されていきます。
そして、「1匹・・・2匹・・・」と数えていきます。
つまり、「羊」を数えると眠れるというのは、
「シ-プ(羊)」と唱えていると次第に「スリ-プ(眠る)」と自己暗示を唱えていることになり、
また、「1匹・・・2匹・・・」と数えることで、眠りへのカウントダウンとなっています。
このようなことから考えると、日本人にとっては特段「羊」を数えるのは意味がないようにも思えます。
勿論、「羊」を数えることで眠れるという人は、すでにそれで効果があったことで心身に身に付いていると思われますので、続けても良いと思います。

 

このように「暗示」の効果として様々な文化的背景も影響しているのはとても面白いことです。

 

私も周りの人から「寝付きが悪い」などのお話はよく耳にします。
そこで、今回は「眠り」について、誰にでも一人で出来る、レイキ ヒ-リングとヒプノセラピ-(催眠療法)の手法をご紹介致します。

 

まず、「寝ようとすると眠れなくなる」と言われてますが、これは真理であろうと私は思います。
というのも、私達は誰もが、

 

「眠る瞬間を自覚・意識出来ない!」 からです。

 

ウトウトしていて、ハッと目覚めた経験は誰もがあるかと思いますが、これは「眠る瞬間」ではなく「起きた瞬間」です。
つまり「寝よう」と努力をした所で、私達はその「眠る」という目標を達成した瞬間を自覚・意識出来ないのです!
いくら努力をしようとも、その目標を達成したことを実感出来ないのでは諦めてしまうのが人間の本性でもあると思います。
私はこのような観点から「寝ようとすると眠れなくなる」というのは真理であると考えています。

 

また、眠れない多くの理由は、頭の中で勝手におしゃべりが続いてしまうケ-スも多いです。
これは、明日の事や過去の事が自然と思い出されたりして、そこのスパイラルから抜け出せず、空想状態が続いていくようなケ-スです。
簡単に言えば、取り留めもないことが頭の中で繰り返されている状態です。

 

では、ここからは「眠り」に対しての幾つかの手法をご紹介していきます。

 

まず、レイキ ヒ-リングの手法ですが、これは簡単です。
お布団に仰向けに寝ます。
そして、丹田(※ 丹田とは、お臍(へそ)から指3本分位の下の箇所になります)に軽く両手を当てるだけです。
通常10分位手を当てていると、下腹部が温かくなってきますので、その心地よさを感じていると眠気を催してきます。
そして10分と言わず、眠くなったらそのまま寝てしまって構いません。
また、丹田に手を当てることにより、不安感を減少させ、活力を取り戻していく効果があると言われています。

 

そして、次にヒプノセラピ-の手法です。
これは以前に「自己暗示」のTOPICSでお伝えした、
「日々、あらゆる面で、私の人生はどんどんよくなっている!」
という暗示を機械的に唱え続ける手法です。
以前のTOPICSでは「自己暗示」の効果ということで20回とお伝えしていますが、眠れない時はこの自己暗示を何百回でも唱え続けて下さい。
人は単調な作業を続けていると自然と脳波がアルファ(α)波になりやすくなりますので、ただただ機械的に唱え続けて下さい。
そうしているとリラックスしてきて、気づかぬうちに自然と眠っていることが多々あります。

 

最後は「逆療法」とも言えるものですが、布団に入ったら、
「今から最低2時間は眠らないように頑張る!」
という手法です。
これはポジティブな諦めや達観とも言えるでしょう。
眠ろうとしても眠れないのであれば、逆に起きているように頑張ることです。
この時は、TVを見たり本などを読んではいけません。
また音楽は歌詞の入っていないものであれば聴いていても構いません。
そして、目をつむって、「眠らない・・・眠らない・・・」と唱え続け頑張って下さい!
色々な妄想や思い出す出来事が出てきたら、ただそれに気づき、そしてやり過ごして「眠らない・・・眠らない・・・」と続けて下さい。

 

3つの手法をご紹介致しましたが、色々試してみて、自分に合った方法で構いませんので、寝付きが悪い時は試してみて下さい。

 

それと余談になりますが、中には「眠るのが怖い」という方もいらっしゃるかもしれません。
このようなケ-スの場合は眠る事に対して「罪悪感」などの感情や、ある種のトラウマ的なものが隠れているケ-スもあります。

 

また、「お酒を飲まないと眠れない」という場合では、「お酒を飲む」ということが「アンカ-(※ アンカ-とは条件反射のようなものです)」になっているケ-スもあります。
つまり、「眠る」ためには「お酒を飲む必要がある」と自分でも気づかぬうちに暗示を掛けてしまっているということです。
このようなケ-スでは「お酒を飲む」という行動・習慣を「別の行動・習慣」に置き換えることで眠れるようになるケ-スもあります。
例えば「お酒を飲む」代わりに「お水を飲む」といった行動・習慣に置き換えるようなことです。

 

いずれにしても、これから先、一生眠れないということはありませんので、ご安心下さい。

2015年2月5日 05:02

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ