コミュニケーションに迷った時は ~私の恩師とヒーローから(笑)~

第362回:『 コミュニケーションに迷った時は ~私の恩師とヒーローから(笑)~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

早速ですが、今回は「コミュニケーションに迷った時は ~私の恩師とヒーローから(笑)~ 」というテーマをお届けして参りますが、私が開催しております《 ~ あなたの常識や思い込みを覆す!? ~「様々な視点を活用した コミュニケーション メソッド」 》というセミナーにおきましても、次のような(趣旨の)ご質問を受ける事がございます。
それが、

 

『 コミュニケーションを様々に学んできたけれど、学べば学ぶほどに分からなくなってきて、逆にコミュニケーションに自信が持てず、迷ってしまっている・・・ 』

 

と。
そして色々とお話をお聞きしておりますと、以前にコミュニケーションにおいて嫌な思いや苦い経験をされていたり、また、人間関係を円滑に進めるようになりたいなど、とても真摯な姿勢でこれ迄も取り組んできた事がヒシヒシと私にも伝わってきます。
そして、勿論全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、迷う要因の一つとして次のような傾向も見て取れる事があります。
それが、

 

コミュニケーションの理論や技法などを学ぶ事に多くの焦点を当ててきた・・・

 

とのものです。
勿論これらの事も全く悪い事でもありませんし、理論や技法などを学ぶ事も役立つものでもあります。
ただ、

 

コミュニケーションの相手方は・・・

理論や技法などには焦点を当てていない(全く意識していない)・・・

つまり・・・

コミュニケーションをどのように受け取るかは・・・

相手方の数ほど存在している・・・

 

との事になりますが、ここにも迷いを生み出す一因が潜んでいます。
つまり、

 

コミュニケーションが「双方向」ではなく「一方向」になってしまっている・・・

 

というケースです。
そして、これらにおきましても、相手方にも当事者(自分)にも悪気がある訳では全くありません(笑)
ただ、

 

理論や技法などを意識し過ぎると・・・

無意識で「自分が発信(発言)」する事だけに焦点が当たってしまう・・・

 

という事が起こりがちになります。
例えば、何かの相談などを受けている時に、相手方の話を聞いているようで、当事者(自分)の中では次に何を話そう、、、この相手方にはこの技法を使うと伝わりやすくなるのでは、、、などに無意識で集中してしまっている状態になる事が多いという意味です。

そして、このような会話が続いていく内に、相手方においては(自分の)話をちゃんと聞いて貰えていないのでは???、、、のように無意識に感じ取っていくケースが多くなるという事です。
これが先ほどの「一方向」というコミュニケーション状態になっているという事にもなります。

そして繰り返しですが、コミュニケーションの理論や技法などを学ぶ事が悪い訳でも役立たない訳でも全くありません。
そして、これも表現を変えた繰り返しになりますが、