虎の威を借る狐にならぬように・・・ ~信頼の醸成~

第350回:『 虎の威を借る狐にならぬように・・・ ~信頼の醸成~ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です!

新年度も始まりましたが、特にGW迄の1ヶ月程の間は「人間関係」に様々な変化が生じやすい「時機」でもあります。
そこで今回は「虎の威を借る狐にならぬように・・・ ~信頼の醸成~」というテーマをお届けして参ります!

そして、今頃の「時季」は「春眠暁を覚えず」という言葉もありますが、特に今回は「メタファー(物語や比喩・暗喩)」を背景に強く忍ばせておりますのと、狐(キツネ)には申し訳ありませんが、今回のテーマでは少しヒール役(悪役)として活用しておりますので、皆さんの自由な感性で捉えてみて下さい(笑)

 

では、時を遡りまして、私が東京で行政書士の仕事をしていた時の3つの体験を少しご紹介して導入部分として参ります!
そこで、行政書士の主な仕事の一つとして、事業のライセンス(許認可等)を取得する為の手続きというのがあります。
例えば、建物などを建築する工事を請け負う際の建設業の許可であったり、アパートや家を貸したり売ったりするなどの不動産業(宅建業)の免許など様々とあります。
では、私が補助者として働いていた最初の事務所における1番目の体験です!

 

ある日、建設業の許可を取得したいとの依頼がありました。
しかも、既に請け負う工事も決まっているので、出来る限り早く取得して欲しいとの内容でした。
ところで、この建設業でも、先ほどの不動産業(宅建業)でもそうですが、許認可等の申請を行政に行う際には、書類の提出時に手数料が必要となり、これはその後の本審査で許認可等を取得出来るか否かに関わらず、一端納めてしまうと戻ってこない性質のものです。
そして、この依頼をしてきた会社は、建設業の許可を取得と同時に、信用保証協会という所からすぐに融資が下りる(お金が振り込まれる)事になっているので、手数料もひとまず立て替えて貰って急ぎの申請をして欲しいとの要望でした。

許可要件も満たしておりましたので、書類を作成し申請した後に、無事に許可を取得する事が出来ました。
すると、許可取得から数日後に、先ほどの信用保証協会から電話が掛かってきました。
その内容が『 融資金を振り込んだのだけれど、確認の為に会社に行っても人影も無いので、本当に建設業の許可を取得出来たのですか? 』とのものでした。

 

そこで、念の為に再度、行政(東京都庁)にも確認して、許可は間違いなく取得出来ている事の確認は取れましたが、事務所としても手数料を含めた報酬が振り込まれておりませんでしたので、その会社に出向いて確認する事にしました。
そして、会社に行ってみた所、もぬけの殻、、、でした(苦笑)
これは、信用保証協会からお金を引っ張る為だけに建設業の許可を取得した、立派!?な詐欺という犯罪でした。

その後に信用保証協会が事件として警察への届け出などを含め、どのような対応をしたのかは分かりませんが、事務所としても一銭の報酬も入らないどころか、安くはない手数料を立て替えしている分まで赤字となってしまいました。
とは言っても、もう、どうする事も出来ませんので、行政にこの経緯と事情を話し、同じような詐欺事件に繋がらないよう、この会社の許可を職権で取り消して貰う事になりました。

では、この1番目の体験は今回のテーマの「信頼」どころか、全くの犯罪ですので、放念して先に進みます(笑)