こんにちは!
レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

ところで、前回のTOPICS「ギリギリの所まで来ている・・・現代(という私達)」は、かなり厳しめの内容でもありましたが、中には、怖~いと感じたり、暗~い気持ちになった方もいらっしゃるかもしれませんね!?
前回は様々な面を考慮に入れて、「(笑)」も活用しませんでしたし(笑)

そこで今回は、前回と180度変えて「では・・・「今、ここから」出来る事!!!(前回の続編)」というテーマをお届け致しますが、まずは、次の点を改めてご理解頂ければ幸いです!
それは、

 

このTOPICSでお伝えしている内容は・・・

徒(いたずら)に恐怖(心)を煽り・・・

脅かして「気づき」や「変化」を促し・・・

意気消沈させて這い上がらせる為に・・・

といった趣旨では決してありません!!!

 

という点です!
ちなみに、そのように無用な危機感を煽り、戦争などを起こしたがっている無能な指導者や政治家などと、私は同じ穴の狢(むじな)にはなりたくありませんし、狢たるアナグマにも失礼ですので(笑)
そして、このような趣旨は、今回を含め、このTOPICSも277回目となりますが、その全てにおいて貫かれております!

 

では、今回はまず最初に、「今、ここから」出来る事に対しての、私なりの指針からお伝え致します!
それは、

 

まだまだ・・・

(この世や社会も)捨てたものでは無い!!!

という面にも・・・

多くの目や耳を注ぐ事!!!

 

という事です!!!
これは、私自身も同様ですが、何故か?私達の多くは、ネガティブな方面に向けては、止めどなく想像?妄想?が働いていく傾向があるのは、皆さんも似たような経験や感じ方をした事があるかと思います。
それにより、このような推進力(エネルギー)がポジティブな方面に向けて加速していけば良いのに、、、など(笑)

では、目や耳を注ぐとは、どのような事かと言いますと、例えば、

 

「闇」という言葉は・・・

「音」が「閉ざされた(状態)」という成り立ち・・・

 

ですが、しかし、

 

実際には・・・

「無音」という「音」が存在している!

 

というものです。
これは「シ~ン」としているなどの表現でも使われますし、深夜の静寂時などで「キ~ン」や「ブ~ン」という「音」などを「耳」で感じた事がある人はいらっしゃる事かと思います。

また、このような事は「目」でも同様です。
例えば、

 

「真っ暗闇」の中にいる・・・

という時には・・・

「暗さ」が「見えて」いるから!

 

です。
そして、

 

「暗さ」を感じられる(見える)という事は・・・

どこかに・・・必ず・・・

「光」が差し込んでいる!

 

からでもあります。
仮に絶対的な「真っ暗闇」が存在しているのならば、そこで「暗さ」を感じる(見る)事は不可能です(笑)

また、別の視点からは、以前においては「真空」とは「絶対虚無」と解釈されていた時代もありましたが、現在では、

 

「真空」とは・・・

「無」ではなく・・・

「有」である!

 

というように、「真空」の中には、(少数ながらも)原子などの物質が存在している事が量子力学などでも明らかになっています。
ちなみに、このような観点からは「宇宙も真空ではない」というのが定説です(笑)
つまり、

 

絶対的に希望などが打ち砕かれ消滅した状況・・・

というのは存在せず・・・

必ず希望に繋がる「何か」は・・・

存在している!

 

と表現する事が出来るかもしれません(笑)
そこで、前回のTOPICSでは、「敢えて」お伝えしなかった一つの側面があります。
それは、

 

究極的には手遅れなどの状況は存在しない

 

という面です。
では、なぜ、「敢えて」お伝えしなかったのかと言いますと、

 

究極的には手遅れなどの状況は存在していないのであれば・・・

(自分ではなくて)他の「誰か」が何かをして間に合わせてくれるだろう・・・

という「甘え(依存)」に繋がる(可能性が高くなる)・・・

 

という点を考慮に入れたからです!

では、ここからは「一見」すると話題がポンポン飛んでいるように感じられるかもしれませんが、「繋がり」に「目や耳」を注いでみて下さい!
そこで、前回のTOPICSでは、

 

『 「冷笑」という空気感(雰囲気)が蔓延してしまっている・・・ 』

『 (「気づいて」欲しいのは)「言葉」とは「裏腹」の思い(詭弁、時には嘘) 』

 

とお伝え致しましたが、自由な様々な捉え方がある中で、私の趣意と相違に感じている方もいらっしゃるかもしれませんので、少し補足を致します。
それは、私の趣意としては、

 

「冷笑」と「苦笑」は違う

 

という点です。
では、どのように違うのかと言いますと、

 

「冷笑」とは・・・

文字通り「嘲(あざけ)て笑う」という事であり・・・

そこには・・・相手を「見下(みくだ)し」・・・相手は「劣っている」と感じ・・・

自分(だけ)が優れている・・・

という優越感に浸る・・・

 

という「一方的」な構造に繋がっています。
他方の、

 

「苦笑」とは・・・

どうしようもないなぁ~などの思いは感じながらも・・・

一呼吸置いて・・・

では、相手に対し、どのようなアプローチやコミュニケ-ションの方法が考えられるかな?

 

のように「双方向性」の繋がりが可能になっていきます。
ちなみに、私自身も、どうしようもないなぁ~と感じる人はおりますし、逆に、私がそのように思われている事もあるかもしれません(笑)
そして、このTOPICSでも繰り返しお伝えしております、

 

自分のした事は自分に反ってくる・・・とは

行き過ぎた・・・あるいは・・・解釈を間違えた・・・

自己責任論や自助論とは全く違う!

 

という事を意味しております。
そして、この行き過ぎた・・・あるいは・・・解釈を間違えた・・・自己責任論や自助論の原因でもあり、更にそれを煽っているのが、

 

「冷笑」という空気感(雰囲気)

 

という事です。
そして、前回のTOPICSの締め括りとしてお伝え致しました、

 

『 「全て」は、、、「繋がって」います、、、』

という真意には・・・

より視野を広げた「自分」が含まれている・・・

 

という事を表しております。
故に、

 

自然災害などで被害に遭われた方々が・・・

何か悪い事などをした結果として・・・

自分に反ってきている訳では(全く)無い!

 

という事でもあります。
つまり、

 

より視野を広げた「自分」には・・・

「あなた」も・・・「私」も・・・「その他の人」も・・・

当然ながら含まれてくる!

 

という意味合いです。
このような「繋がり」においては、「感じ取る」という感性も大いに役立つ部分があるが故に、今回はここ迄で留め置きますので、是非、あなたの「目や耳」を多くの出来事に注いでみて、なるほど!まだまだ、この世も社会も捨てたものではないなぁ!との「思い(感性)」を強く持つ事から始めてみて下さい(笑)

 

ちなみに、唐突な話題ですが、信号機の無い交差点では歩行者優先であり、車の側が一時停車をするのがルールとなっておりますが、この車の側の一時停車率が青森県は最低レベルと言われております。

私もこのような状況では一時停車するように心掛けておりますが、対向車が一時停車をしてくれるケースはかなり少ないです。
なので、歩行者も横断出来ず、終いには、停車している私の側が、後ろの車からクラクションを鳴らされる事もありますが、これも些細な?「冷笑」の現れなのかもしれません(苦笑)

 

では、どうでも良い?ような話題として、最後に少しだけ「今、ここから」に関する魂の視点を当てはめた、一つのご提案をしてみます!

現在、ラグビーのワールドカップが行われていますが、特に日本代表チームに関しては、にわかファン?として応援していた方も多いかもしれませんね(笑)
私もその内の一人ですが(笑)

 

そして、日本代表チームは当初の目標であるベスト8を達成出来た事で記者会見が開催されておりましたが、スポーツに限らず、ノーベル賞などの学術分野などでも記者会見が開催される事は、よく「見聞き」します。
そこで、私の魂の視点からのご提案です。
それは、

 

あの世に戻った際には・・・

是非、あなた自身の素敵な記者会見を開催してみては!!!

 

というものです(笑)
その記者会見には、あなたと深い縁のある方々が「見に」来てくれる事でしょうし、あなた(という生き方)に関心を持っている、これから産まれて来ようとしている多くの魂の存在が、あなたの話す内容に「聞き耳」を立てている事と思います!

そして、そのような素敵な記者会見を開催する為には、

 

「今、ここから」の・・・

あなたの・・・

「思い」「言葉」「行動」の全てが関わっていく(創り上げていく)!

 

とも言えます(笑)
ただ、私自身も同様ですが、過ちやミスを犯した事の無い人などはおりませんし、「真の動機」において一点の曇りも無い!と言える人は皆無である事も事実ですので、何かを頑張り過ぎる必要も、張り切り過ぎる必要もありません!

そして、是非とも、あの世に戻った際には、

 

「謝罪会見」だけは開催されないように・・・

 

と、「今、ここから」において心掛けているだけでも変化を起こしていけるかもしれません(笑)
なお、魂の視点においては、「引退会見」を開催する事は不可能でもありますので(笑)

 

そして、ついでと言っては何ですが、ちょうど今頃の時期はハロウィンの話題が出る頃でもあります。
ハロウィンに関しては、2018年11月3日のTOPICS「ハロウィンと「マスク」」も以前に掲載しておりますが、言わば、「仮装」というテーマで頭を悩ませている方もいらっしゃるかもしれません(笑)

 

そこで、私の好きな(初代)仮面ライダーは、人類(世界)征服という野望を達成する為に、悪の軍団ショッカーが肉体に改造を施し創り出された改造人間です。
しかし、悪の軍団により創られた仮面ライダーは、その能力を正義の為に活用して奮闘していきます。

もうお分かりかもしれませんが、いかに仮面ライダーと呼ばれていようとも、要は「中身」次第と言う事でもありますが、ハロウィンなどを「見聞き」する際には、宜しければ、

 

魂の「器」という・・・

外見や外形の「表現する」所に・・・

思いを馳せてみて・・・

 

その「表現している」所の・・・

「源」における「思い」を汲み取ってみる・・・

 

という事も、この時期ならではとして、楽しく面白く感じられるかもしれません(笑)
ちなみに、このような捉え方は、ゆるキャラでも全く一緒です!