第254回:『 モテる要素は・・・魂(心)に?それとも、容姿(外見)に? 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

ところで、前回のTOPICS「超難問?な性(教育)の問い ~あなたなら、どう答えますか?~」においては、このTOPICSで取り上げているテーマの中でも、恋愛関係や性に関する事柄が手薄がちになっている旨をコメント致しましたが、恋愛関係のテーマにおいては、

 

詰まる所・・・

恋愛関係も・・・

人間関係の一部・・・

 

とも言えますが、やはり、それだけでは「味気ない」面があるのも事実です(笑)
そこで、今回は、恋愛関係のスタート地点?とも言えるかもしれない「モテる要素は・・・魂(心)に?それとも、容姿(外見)に?」というテーマをお届け致します。

 

そこで、何が普通?で、何が人並み?かは分かりませんが、私自身も、それなりには恋愛経験も積んできましたが、私自身には特段のモテる要素も無いのはちゃんと自覚!もしておりますのと、そのような意味からも、今回はモテるメソッドのご紹介という訳ではありませんし、私自身もそのようなメソッドは知りませんので、もし知っていたら教えて下さい!(笑)

 

そして、そのような観点からも、また、テーマからも既にお気づきかと思いますが、やはり、私自身の「個性」を通してお伝え出来そうな内容として、魂の視点を活用して考えて参ります!
なお、今回の内容におきましては、「女性」「男性」の視点に限られるものでは当然なく、そこでの「本質」においては、LGBTの方々なども同様に活用出来るものでもあります。

 

では、誰かを好きになる、あるいは、好意や思いを寄せるようになる要素としては、様々な見解や見方が存在しているのは間違いございません。
そこには、

 

「心(気持ち)」と「容姿(外見や見た目)」

 

も大きく関与しているのは、長い人類の歴史においても、言わずもがな?でもあるかもしれません。
ちなみに、このような関与は、動物においても当てはまっているのかもしれませんね!?(笑)
そして、このような様々な見方においては、

 

断然「容姿」派!

「心」が通い合わなければ、その先の発展は難しそう・・・

「容姿」派とまでは言わないけど、やはり好みの「容姿」は確かに存在するし・・・

「心」は「容姿(外見や身だしなみ)」に現れるとも言うし・・・

「容姿」だけで恋愛を渡り歩いて来た人には中身(という「心」)がなさそう・・・?

 

など、数え上げたらキリが無い程のご意見が出て来るかと思います。
そのような中でも、それなりの人の実感としては、

 

「心」と「容姿」の比重や割合などの基準を持っている訳ではないけれど・・・

好きになる時には・・・

「心」と「容姿」のバランスが取れている?と感じているからかも・・・

でも、どのようにバランスが取れているのか?と聞かれても答えようがないけど・・・

 

という側面も多いのかもしれません(笑)
誰かを好きになる時に、わざわざ、「心」か?「容姿」か?などの「二者択一」を迫られるものでもありませんし、正解が存在するものでもありませんので、「心」も「容姿」もどちらも大切という無難な意見?に落ちつくのかもしれません。

 

ちなみに、私個人としては、この「二者択一」を「暗に」迫られている?と思われる言葉が浮かんできます。
それが、女性の方には大変失礼ながら「美人は三日で飽きる」というフレーズです(苦笑)
また、映画などにおける「美女と野獣」はそれと反対なのかもしれませんね!?(笑)

そして、このような様々な見方というのは、