第248回:『 魂の視点で捉える時代(や元号) 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

先日、新元号が発表になりましたが、様々な見方や捉え方、そして、人それぞれ、色々な感じ方やご感想を持たれている事と思います。
中には、早合点?して、既に新元号が始まった!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、このTOPICS掲載時における「今、現在」では、まだ「平成」という時代は続いております(笑)

そこで、今回は「魂の視点で捉える時代(や元号)」というテーマをお届け致しますが、今回の内容につきましては、正直な所、取り上げるか否かは迷いました、、、
と言うのも、

 

魂の視点とは・・・

時には・・・

とても冷たく(クールで)もあり・・・

皮肉や冷笑(シニカル)的でもあり・・・

また・・・

残酷???・・・

といった、様々な捉え方をされるケースも(少なからず)ある・・・

 

からです。
そして、これを別の表現で用いますと、

 

魂の視点においては・・・

時には・・・

「厳しさ」をもたらす・・・

 

という側面も含まれているからです。
そして、それが何故かと言うと、

 

魂の視点とは・・・

「好意や悪意や他意」などの(行き過ぎた感情という)視点は存在せず・・・

「自然法則」に則した「中立的」なものであり・・・

「自分自身」を映し出している視点でもあり・・・

その視点からは・・・時には・・・

価値観の違い(逆転や真逆)が含まれる・・・

 

からでもあります。
なお、魂の視点における「価値観の違い」とは、「人それぞれの価値観の違い」ではなく、「この世とあの世での価値観の違い」という意味合いです。
なので、

 

「私(瀬川)」が「自分自身」に魂の視点を当てはめて「考える」場合においても・・・

時には・・・

厳しさや辛さや苦しさなどを感じる時もある・・・

 

というのが、正直な本音でもあります(笑)
ただ、今回のテーマや内容は、読む人にとっての「厳しさや辛さや苦しさなど」をもたらすものでは決してありませんので、その点はお気軽にお読み頂ければと思いますが、先ほどの「価値観の違い(逆転や真逆)」という視点は含まれて参りますので、ご了承頂ければ幸いです。

 

そして、元号を含んだ今回のようなテーマを取り上げる機会は、次にあるとしても、かなり先の事にもなろうかと思いましたのと、今迄も魂の視点は幾度もお伝えしておりますが、先ほどコメントしてきた魂の視点に存する一側面には、今迄はほとんど触れておりませんでしたので、敢えて今回は率直に「表現」して参りますので、興味や関心のある方は、そのままお読み進め頂ければ幸いです!