第245回:『 スピリチュアルの本質&そこに神は存在するのか? 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

ところで、本年に入ってからの、ここ数回のTOPICSにおいては、比較的重めの内容をお伝えして参りましたのと、私が行っている各種セミナーや講座、あるいは、カウンセリングなどにおいても、スピリチュアルな観点のご質問やご相談なども、年々増えてきているように感じております。
そこで、今回は「スピリチュアルの本質&そこに神は存在するのか?」というテーマをお届け致しますが、ある意味、今回は気軽に読み進めてみて下さい!

 

なお、今回お届けする内容におきましても、あくまで「今の私が到達している理解度」がベースとなっておりますので、お伝えする内容が正しいという意味でもありませんし、山頂に至る道は人の数ほど無数に存在しておりますので、皆さんは皆さんなりの「考えや発想・着眼点」を活用して、自由に思いを巡らせてみて下さい(笑)

そこで、まず、私が理解しているスピリチュアルの本質においては、

 

一つの「前提条件」と・・・

それに対する・・・

一つの「問い掛け」・・・

 

が存在していると捉えております。
それは、

 

私達「人間」というのは、どのような存在なのだろうか・・・?

 

という「前提条件」から導かれる、

 

私達「人間」というのは、魂としての存在である・・・

 

という観点が「出発点」となり、それに対する「問い掛け」というのが、

 

では、私達「人間」というのが、魂という存在であるのならば・・・

私達「人間」は・・・

どのような「生き方」をするのであろうか・・・?

 

との本質です。
では、ここで、もう一つの「そこ(スピリチュアルの本質)に神は存在するのか?」というテーマですが、これも「今の私が到達している理解度」からは、

 

敢えて神という表現を使うのならば・・・

神は存在しているとも表現出来るが・・・

 

それは・・・「人間」のような姿や形を持った「擬人化」された存在ではなく・・・

また・・・「人間」のような特定の個性を持った存在でもなく・・・

 

神とは・・・

「自然法則」のこと・・・

 

という視点です。
そして、このような視点というのは、

 

四季折々に変化している自然現象や・・・

宇宙が(崩壊する事もなく)機能している面など・・・

 

からも見て取る事が出来ます。
また、スピリチュアルな視点において、「生命のサイクル」の象徴とされている、サナギが蝶へと変化を遂げるのも同じ現象でもあり光景でもあります(笑)

なお、この「自然法則」とは、例えば科学や医学などで発見されているものも含まれてはおりますが、当然の事ながら、それに限定される訳でもありません。
この世においては、現在判明している、あるいは、理解していると思えている事柄よりも、もっと膨大な未知の事柄で満たされているのは、真摯な姿勢を保った科学者や医学者などであれば同意頂ける事かと思われます(笑)
そして、