第54回:『 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今回は、明日15日にも強行採決か?と話題になっている「安保法案」と、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」というフレーズ、そして「前世療法」の観点からこの問題を考えてみたいと思います。

 

まず、いつもお伝えしている通り、この法案に賛成あるいは反対、様々な意見があると思います。
そして、「前世」の存在を信じる信じないということも皆様の自由です。

それを前提としつつ、今回は、「前世」は科学的には証明されていないが、統計学上の調査においては、かなり高い確率でその存在が証明されつつある、そして、「前世」の存在を前提としなければ説明のつかない事例が多数保留のまま存在している、ということを念頭にお読み頂いて考えて頂ければと思います。

 

まず、ヒプノセラピスト認定講座においては、受講生の皆様にも「前世療法」を複数回体験して貰っています。
そして、体験した多くの方が、直接的であれ間接的であれ、「戦争」あるいは「戦闘」など、人を傷つけ殺し、あるいは自分が傷つけられ殺され、といった「前世」を思い出す方がとても多いです。

 

また、以前私が「前世療法」を行った方は、理由は分からないけど「戦闘機や艦船」に非常に興味があるので、それに関する「前世」を知りたい、というテーマで行ったことがあります。
その方は、ある「戦争」体験を思い出し、その際の戦闘で負傷した箇所にセッション中も強烈な痛みを感じていました。
勿論「前世療法」ではあまりにも過酷であると思われる場面では、客観的に見たり、あるいは体験を飛ばして進めて行くことも出来ますが、その方は「ありのままを受け止めたい」との要望で、痛みを感じつつもセッションを続けていきました。
そして、体験の内容もかなり生々しいものでありました。

 

また、私自身も「前世療法」は何回も受けておりますが、その中で、かなり古い時代と思われますが、「身勝手な正義」の名目で「戦闘」を行っていた「前世」を体験しました。

 

そこで「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」というフレーズです。