トップページ » プロフェッショナル

プロフェッショナル

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今回は「プロフェッショナル」というテ-マで進めて行きたいと思います。

 

先日、TV番組で、プロ野球の鈴木 尚広(ジャイアンツ所属)選手の特集が放映されていました。
鈴木 選手は、いわゆる「代走」のプロフェッショナルです。
代走とは、主に試合の終盤において、1点差で負けている、あるいは、あと1点取れば勝てるなどの場面で、
塁に出た選手に替わって走塁を行う役割です。

 

「足のみ」で次の得点を産み出す。
文字通り、次の1点への「足掛かり」となるべく、とても大切な役割になります。

 

ところで、鈴木 選手もプロの世界に入ってすぐに代走の役割を自ら進んで始めた訳ではありません。
プロの世界ですから活躍に応じて年俸も変わってきます。
そして何より、長い間野球をやっているので、当然レギュラ-として毎試合出場することが最低限の目標であったと思います。

 

しかし、鈴木 選手にはなかなかレギュラ-として定着する機会が訪れませんでした。
自分の足を活かすために、少しでも1塁に近いように、右でも左でも打てる、スイッチヒッタ-にも取り組みました。

 

しかし、それでもなかなか試合に出場する機会が訪れません。
そこで、鈴木 選手は自分を見つめ、そして本当に「足」を活かせるよう代走のための体作りなどに取り組み始めました。
そして、そのためには何よりもまず、そのための準備を怠らないように、他の選手よりも早く球場入りし、ストレッチやトレ-ニングを行っているそうです。

 

代走が主な役割とは言え、試合展開によってはその後の守備にもつきますし、打席も回ってきます。
当然のことながら、代走の準備に加え、守備・打撃の練習も行う必要があります。

 

そして、毎試合、試合前に、そして試合中にも、いつ声が掛かっても良いように入念な準備をしていますが、
いつ試合に出るか分からない、また、試合に出場出来ない場合も多々あります。
このように、出場が保証されていないにも関わらず、毎試合、同じように入念な準備を怠らないというのは、とても大変な面もあると思います。
その心情を鈴木 選手は以下のようにお話していました。

 

「 いつ(試合に)出るか分からない。
(試合に)出ない事もたくさんあれば、(試合に)出る事もあるし、それは自分では決められない。
そういった所で、自分は勝負をさせて貰っている。
自分にちゃんと向き合っていかないと、自分で崩れていく。
小さい傷口から入ってくるのを、常に拭い去る。
止めて入らないようにする。
、、、、、そういう毎日、、、、、。」

 

鈴木 選手がお話していることは、「ストレス」の側面もあるでしょうし、自分が必要とされているのかという「不安」などもあることと思います。
そして、これはプロの世界という特殊な環境だけではありません。

 

私達も日常生活を送っていれば、仕事上のこと、家庭内のこと、人間関係のことなど、色々な「ストレス」や「不安」と常に向き合っていることと思います。

そうです、多くの場合は、

 

「ストレス」や「不安」と向き合っている

 

ことが日常になっているかもしれません。
しかし、ここで鈴木 選手の言葉をもう一度思い返してみて下さい。

 

「 「自分」にちゃんと向き合っていかないと、自分で崩れていく。 」

 

鈴木 選手は野球という世界、そして、その中の代走という「プロフェッショナル」です。
一般的には、ホ-ムラン王、首位打者、あるいは三冠王などのように華々しい脚光を集めるのはなかなか難しい環境であるかもしれません。
しかし、プロ野球選手同士の中でも、そしてプロ野球ファンの中でも、鈴木 選手のようなプロフェッショナルは一目置かれています。

 

私達も「今、ここにいる」ということは、実は「生きることのプロフェッショナル」だからです。
変化の激しい環境(この世)に存在しているということは、それだけの資質があるから「今、ここにいる」ということです。

 

「人生」はよく「山登り」に例えられることもあります。
遠回りの道もあれば、近道もあります。
なだらかな道を進む人もいれば、ロッククライミングのように、崖を登っていく人もいるでしょう。
途中まで車で進む人もいれば、ヘリコプタ-で頂上に向かう人もいるかもしれません。
そして、一人で登る人もいれば、仲間と一緒に登る人もいるでしょうし、途中で仲間になって一緒に登る場合もあることでしょう。

 

どの道を進んでも、「頂上」を目指していることに変わりはありません。
どのように登るかは、その人の「個性」と言っていいかもしれません。

 

そして、登る方法・手段を他の人と比較しても何も始まりません。
ヘリコプタ-で登る人は楽そう見えるかもしれませんが、莫大なお金が掛かることでしょう。
また、ロッククライミングで一直線に進んでいるように見えても、落ちるという危険も考えてそれに対しての備えが必要です。

 

おそらく、鈴木 選手もレギュラ-の他の選手を見て羨んだ気持ちもあることと思います。
しかし、「自分」と向き合い、自分を活かせる「個性」を自分で見つけ、そして代走の「プロフェッショナル」として今では活躍しています。

 

人生は無限のフィ-ルドです。
あることが上手くいかなくても、別のこと・方法が、つまり自分を「活かせる道」が無限に広がっています。

 

そして、鈴木 選手のひとまずの目標は100%盗塁を成功させることかもしれません。
しかし、おそらくそこで終わらないことでしょう。
100%成功出来るようになれば、いかに自分の納得いく走塁が出来たか、などのように自分の中での「美しい」走塁を目指していくように思われます。

 

ところで、人生においては「試練」という言葉もよく使われます。
自分に乗り越えられない試練は来ない、試練を乗り越えた先に道がある、などのように使われることもあります。

 

試練という言葉から、多くの人が困難・大変・辛いということなどを連想することと思います。
そして、試練のまっただ中にいると感じる人には、その先に道があると言われてもピンと来ないケ-スも多々あるでしょう。
試練を乗り越えても、それはただ「マイナス」から「ゼロ」の状態にやっと戻っただけだと感じることもあるかもしれません。

 

先ほど私は勝手な個人的な感想として、
鈴木 選手が100%盗塁に成功したならば、次に「美しい」走塁を目指すことでしょう、
とお話しましたが、もし試練と感じる出来事があるならば、

 

「その出来事をいかに美しく体験出来るか!」

 

というように意識・見方を変えてみては如何でしょうか。
このように「美しさ」に意識を向けることで、私達の潜在意識は、

 

「出来事」を乗り越えられるのは当然のこと

 

というように解釈をしていきます。
なぜなら、潜在意識はその出来事を乗り超えた前提で、「美しさ」を実現しようと働き始めるからです。
先の鈴木 選手の例では、100%盗塁が成功することは当たり前であり、その盗塁・走塁を「いかに美しい」ものにしようかと、潜在意識は働き始めるからです。

 

「美しさ」という中に、出来事を乗り越える「鍵」が含まれています。
「美しさ」を考え、実践していく中で、すでにそれ自体が試練を乗り越える道具・役割を果たしてくれます。
そして、「美しさ」とは、その人の活かせること、「個性」を発揮することに繋がっています。

 

そのためにも、「自分」と向き合うという時間を作ってみては如何でしょうか、、、、、

2015年11月12日 05:11

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ